趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Welcome 2 the「無限空間」!

5月 25th, 2015

全ての記事は、管理者の自己責任にて作業した内容をアップしております

記事内容を「鵜呑み」にせず、注意深く検証の上参照して下さい

CS90レーシングタンクの改造-36 タンクカバー仕上-10(完了)

7月 20th, 2018

タンクデカールのウイング部のみ貼り、「Ver.2」の文字をカウリング横から取る

これで全て完了 多数のウォッチ(Visits)有難う御座いました

もう半年以上の間、踵が痛く 通院してもなかなか改善しない

ちょこっと歩く分には良いのだが、1時間以上は苦痛なり

「加齢」で治りにくくなっているのは仕方ないが、残念無念だ

暫く「療養」しますので、記事更新は滞ります

CS90レーシングタンクの改造-35 タンクカバー仕上-9

7月 19th, 2018

カウリングを取り付ける  良い感じだ

タンクカバー/シートの色は、やはり赤の方がよかったかな?

全体が一段と小さく見える   更に「RC115」っぽい?

実際、ドリーム50Rより寸法/車重とも小型なり(馬力は1.5倍?)

上側のステー基部を新作した IGコイルが半分見えている

狭~いポジションはスプリント向きだ  腕がカウリングにスッポリ入る

7時から8時まで作業 きょうも既に30℃越え 汗ダ~ラダラ

これから夕方まで、クーラー全開でまったりと映画鑑賞(ゴメンね)

CS90レーシングタンクの改造-34 タンクカバー仕上-8

7月 17th, 2018

得意?のカッティングシートにで、少しお洒落してインナータンクを仕込んで組む

サイドのタンクデカールの小さい物が無かったので、

桃さんにバイアルスK0の小型シールを発注 上下方向にやたら薄いのが判る

アルミタンク容量2.8L 綺麗なタンクが隠れて、見えないのが本当に残念

カウリングを付けたら、GA90用タンクとの違いが歴然とする(はず?)

この斜めから見る形状に少々拘った訳で、ほぼ狙い通り

CS90用とは、少~し違う形状になったかな?

7時から9時半まで作業(ホビオ号も拭き掃除)

曇天ながら33℃ 汗が流れる

CS90レーシングタンクの改造-33 タンクカバー仕上-7

7月 16th, 2018

カウリングと同じくシルバー/クリアーで塗装する(余っていたんで)

が、相変わらず下手クソだ 下地仕上も不十分で

しつこく下地を均したつもりだが、やはり削り/埋めの漏れあり

まぁソコソコに出来たので、もうこれで良しとする

7時から8時半ごろまで作業 目に汗が入って、もう大変

CS90レーシングタンクの改造-32 タンクカバー仕上-6

7月 15th, 2018

穴塞ぎのFRPも完全に硬化したので、表面を均す

もうこれで仕上げは終了し、塗装に移りたいなぁ~

最初に赤塗装を剥いでから、削り磨き倒したので

すっかり白のゲルコートが無くなってしまった(薄くなってしまった・笑)

草刈りを1時間ばかりやった後、10分程で仕上げる

汗ダラダラ~

CS90レーシングタンクの改造-31 タンクカバー仕上-5

7月 14th, 2018

完全に硬化したので、ディスクグラインダーとサンダーで慎重に均してみる

おっと「丸み」部分に、穴が開いた 「モグラ叩き」の如く次々と(泣)

表にマスキングテープを貼り、裏側からグラスウール/樹脂で塞ぐ

少し固まってからマスキングテープを剥がし、内側から確認すると、

もう1カ所ピンホールが有った(残念)

7時半から8時過ぎまで作業 この時点で、すでに30℃を越えた

日陰で作業するが蒸し暑く、汗がポタポタ落ちて来る

午後2時過ぎに、ピンホールをFRPで塞ぐ

気温35℃ 10分の作業でも汗が流れる~

CS90レーシングタンクの改造-30 タンクカバー仕上-4

7月 13th, 2018

昨日、凹み埋めのFRPを削っていたら、大きな「剥がれ」を「発見」

表面を削った事で、くっ付いていない「ヘリ部」が露出した様だ

いったん大きく剥ぎ取ってマスキングテープで養生し、グラスウール/FRPを盛る

GASタンク機能は無いので気にしなくて良いのだが、ちゃんと補修する

1日放置して明日仕上げる

7時前から7時半までの作業で簡単に終った

8時前で、すでに30℃を越えた

今日は、この夏一番の暑さになりそうだ

CS90レーシングタンクの改造-29 タンクカバー仕上-3

7月 12th, 2018

エンジンハンガー取付ステー穴に補強プレートを入れて、削り作業の「たわみ」に備える

#40ペーパー装着のサンダで削る 滑らかになったが、小さい凹みが残っている

少々パテを付けて放置 明日仕上げる もう充分だろう

7時から9時半まで作業 曇天だが充分暑い

30℃まで上がらない予報だったが、32℃まで行きそう

CS90レーシングタンクの改造-28 タンクカバー仕上-2

7月 11th, 2018

「パテ埋」はクラック/剥れが生じるので止めて、FRPを薄く塗り凹みを埋める

これを均して最終仕上げとしたい 色を決めないとね~

次に、アルミインナータンクの容量をキッチンカップで測る 口金下で、2.8L入った

スレスレまで入れると3L入るが、2.5Lが無難な所だ (設計通り)

8時から9時半まで作業 すでに32℃を越えている

午後3時現在36℃ Bike漕ぎに出られるか思案中~

CS90レーシングタンクの改造-27 タンクカバー仕上-1

7月 10th, 2018

キャップ口金部の穴を広げて、キャップもCS90用に替えてみる 良い感じだ

耐水ペーパーで塗装を剥ぎ、「パテ埋め」箇所を確認する

2003年に作った(溶接は、小嶋社長に依頼)

SS1/32マイツドラッグレース用GASタンク 容量0.5Lで超軽量

キャップはオイル缶の蓋(ペコッと押すやつ)

今回このキャップも検討したが、サーキット走行はダメそうと自己規制おば

このマシンは、排気量49cc/8馬力?/車重50kg(車重だけRC116と同じ)

画像のまま「和室」に保管中 出番は無いなぁ~

7時から8時半まで作業 今日も35℃付近まで上がりそうだ