趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Welcome to 「無限空間」!

5月 25th, 2015

全ての記事は、執筆者の自己責任の元に作業した内容をアップしております

参考にされる方は、記事内容を「鵜呑み」にせず、注意深く検証の上参照して下さい

クラブマン2号(CB125JX改)のフロントフォークの変更

9月 30th, 2016

ドリーム50のフロント回り一式を使うのも「芸が無い」ので

CB50Sのフロントフォークを使います(D50は少し新しすぎるし、赤もダメ~)

減衰力を高めたパイプ(オリフィスを1箇所埋めた、サイコロン号と同じ)と

ドリーム50のキャリパーを使うので専用ブラケット(ジュラ5ミリ厚)も準備した

フォークに取り付けるのにM8ワッシャー(1.6ミリ厚)を入れた

D50の三つ又/TOPブリッジを使うので、CBに比べて少々幅広い

で、アクスルシャフトの内側左右に5ミリのアルミカラーを追加して幅を合わせた

復活を目指してコツコツやってます(苦笑)

今日は、爽やかな秋晴れなのだが、明日は雨~

日曜日は晴れの予報だから、ま良いか

CB50JX(XL50S)エンジンのボアアップー3

9月 28th, 2016

本日も晴天なり 蒸し暑い

ポイントを磨いて、スキマを0.35ミリにあわせる MJは90に交換

1周5kmのテストコース(湖畔)を3周走り確認

R&P改75エンジンに比べると回転の上がりがややゆっくり

ノーマルクランクなので当然だが トルクは感じる

プラグ焼けも良好 エンジン回りにオイル漏れ等なし OK~

XE75改88エンジンに載せ換えて(エアフィルター付に変更)

昼食後、発送した(運送屋に行く途中で雨が落ちて来た (´▽`) ホッ)

風も無く穏やかな湖面なので、自転車も走っていた

CB50JX(XL50S)エンジンのボアアップー2

9月 27th, 2016

1時間休憩してたら晴れて来たので、組み立てる事にする

50系の組み込みは面倒なり

シリンダの肉厚が薄いので、リングを入れるのにも苦労する

ヘッドガスケットの両面に薄く液体ガスケットを塗る

スタッドボルトもApe用に交換した

ポイント関係を除いて完成した(2.5H)

テンショナー調整をやり直したいが、

いずれにしても、明日試走出来るかも

ヘッドカバーガスケットとキックシャフトのオイルシールの在庫が無くて、交換出来なかった

クランク/チェンジ/カウンターのオイルシールは新品に交換出来た

久しぶりの50系に結構手こずった やれやれ

CB50JX(XL50S)エンジンのボアアップー1

9月 27th, 2016

R&Pエンジンの手直しついでに82ccキットの組付けを頼まれていた

早速全バラしたが、ドライブ側のケースが壊れているので(チェーン外れ?)

手持ちのAD03(XL50S)のケースを使うことにした(リサイクル?)

CBのケースはオイル/泥汚れが酷かったので、ま助かった(苦笑)

CB50のピストンのTOPリングは3個に折れていた

クラッチ板にサビなども無く、非常に程度の良い腰下部品だ

灯油で軽く洗浄して、午前中の作業終了(2.5H)

昼食後、バルブを磨いて、摺り合わせ作業を行なう

ステムヘッドやタペットスクリューにも酷い磨耗は見られない

バルブを組んで、磨耗してないカムを置きカムホルダーを被せて終了(1.0H)

なんだか、雨が落ちて来そうな空模様になったので

腰下の組立と、全体の仕上げは明日になる

予定通りだが、久しぶりにしゃがんでいたので腰が痛い(笑)

 

NSR250R 秋の動態確認

9月 26th, 2016

暑い真夏には乗りたくない 掃除/注油してエアを合わせる

まだ蒸し暑いが、近所のお使いがてら、少し走る(30km程)

気分は良い! が、股に熱風が当って困っちまう(笑)

今日は空気も暑い 28℃も暑く感じる もう秋なり

R&Pエンジンの組み直し-5(点検・発送)

9月 26th, 2016

やっと晴れたので、発送準備します まずオイルを抜いて

タペット/テンショナー/スプロケナットを確認調整して、終了

やっと終わりました(嬉)

短パンでも暑い!

R&Pエンジンの組み直し-4(点火系調整)

9月 21st, 2016

キャブのMJを弄っても、好転しないので

ポイント磨き・ポイントスキマ調整・点火時期確認を行なう

進角時の2本線の辺りに点火時期をあわせると

ポイントスキマは、0.35ピッタリ(0.3が通り、0.35で抵抗有)で合った

ポイント自体の磨耗は少ないが、磨く事で好転した

ジャンクのACGロータから外したポイントカムで、スキマは調整する

ロータ穴から狙うよりも簡単に作業できる(磨きも)

調整前は少し進み過ぎていた(0.35が通り、0.4で抵抗有)

古いプラグを手持ちのイリジウムに交換する(左のプラグ)

走行した感じは少し薄かった(#85で白い)が、

プラグ焼けも薄く出て、やっとセッティングが合った

エンジン自体はこれで再調整を終えた

組みなおしてから約30km走行した結果は、

問題は無いので、これでOKとする

やれやれやっと終わった

R&Pエンジンの組み直し-3(GAS入替)

9月 17th, 2016

1年前に入れたままのGASを新しいのに入れ替える

#85でソコソコ走るようになったが、もう少し改善したい

エンジン自体には、圧縮漏れ/オイル漏れなどは無く快調~

明日は朝から雨予報 休み?かな

R&Pエンジンの組み直し-2(試走)

9月 16th, 2016

雨が落ちてきそうな空模様だが、エンジンを載せ換える

オイルを入れて問題無く始動し異音も発生しない キックはCB50初期型を使用

1年余り放置していたキャブのせいか、キャブセッティングが出ない

が、エンジン自体は軽~く回る(嬉)

もう暫く試走を繰り返したい(冷間始動時が問題だったので)

R&Pエンジンの組み直し-1

9月 15th, 2016

早速ヘッドを取って確認 明らかに漏れている

1回漏れるとカーボンが挟まったりするので、増し締めしてもダメ?

締め付けトルクも確認したが弛んではいない(手ルクにて)

SS1/32レース当時、エイプ50のスタッドボルトが良いと聞いていたので

エンジン到着前に購入した 表面処理も違い、一見して丈夫そうだ

クランクケース側は同じM8だが、ヘッド側がM6からM8へとサイズアップ

上下間のネジを切って無い部分の太さは約5.9ミリで同じだ

ヘッドのノックピンも新品に交換(少し傷が有ったので)

ヘッドガスケット(0.3ミリ厚)も手持ちの82キットの物と同寸だったので新品に交換

ヘッドガスケット両面には薄く液体ガスケットを塗布

ナットは純正の汎用品だが、ワッシャーは中番「028」の専用品

M8ネジなのでトルクも20N近くまで上げられた(手ルク感覚よりやや強め)

M6の倍以上のトルクを掛けられる

M6だとネジ切れるはず(若しくは変形)

OHでは無いので1.5H程で終了

明日から、XE75に載せてテスト走行をやりたい(天気次第だが)

特に、冷間時の始動時に発生したので、間を置いての確認が必要

50系縦型エンジンも、中々に奥が深いと思い知らされた次第 m(__)m

ちなみにXE75はM8となっていた(気づくべきだった)