趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

165載せ換え準備

2月 2nd, 2008 at 13:41

CB125JXに積んでいた「165」エンジンを降ろします

で、ノーマル(ホントにノーマル・笑)に載せ換え終了

先日届いた「TL125S腰下」を開いてみました  部品は全部揃っていました
クランクの端に付いているフィルターの汚れも少なく、中々良好でした
クラッチはサビで固着しており、砥石でプレートを擦ってサビ落とし
まともなスペアーもあるので問題なし~

オイルのこびり付いたケースもきれいに落としました(この作業が一番キツイ)
オイルと泥でコーティングされているので、洗うとキレイ!
しかも見た目が悪いので「安い」! がオイル漏れの原因が?なので、「一かバチ」
灯油で洗浄して、ケース加工に備える

例の?キックギアも無事でした  ラッキー!!
ギアだけでも、1500円は安かったよん~

165エンジンのピストンシリンダを抜きたいが
ここまで、5時間経過  腰が、もう限界
明日は雨だしな~  どうしましょ

3 Responses to “165載せ換え準備”

  1. せきとば号 Says:

    無限さん こんばんは!
    やっていますね! 全バラ状態。
    ここから組む事が出来るのは、無限さんならではで
    すね。
    昔、いすずのフロリーアンのエンジンをばらして
    組み立てました。
    ネジが数本余りました。
    先生に見つかると、もう一度、バラして組み立て
    直せといわれるので、窓の外へ捨てている者が
    いました(私ではありませんよ)。

  2. CooL無限 Says:

    アタシの手元に集まるのは、くたびれ切ったエンジンだけです
    中古エンジンを整備し始めた10数年前は、やたら新品部品を組みました
    が、費用もバカにならないので
    最近は、壊れていなければ洗浄して多少磨いたりして、組み直すだけです
    もちろん、最低限のオイルシール・ガスケット類は交換しますが
    動かした感じとしては、新品を組んだ時とあんまり違いは感じません
    今のやり方も正解だと認識しています

  3. YOTA男 Says:

    CooL無限さんお久しぶりです
    以前私のCL90に125JXのエンジンを積んだらポイン
    トに火が飛ばなくなった件ですが、バッテリーレス
    キットをやめてバッテリーをつないだら始動しまし

    CooL無限さんがバッテリーを積んでいるのには何か
    訳があるのでしょうか?