趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 12月, 2008

XLR200Rエンジン

日曜日, 12月 28th, 2008

さて交換して、残ったエンジンですが
外観はともかく、中身は「絶好調」なんでYオクにでも出そうかな~

売れるかな?

SL230エンジン

土曜日, 12月 27th, 2008

ACGカバーのパッキンが入荷したので、早速取り付け
セルモータを付けたまま外します(セルモータが、なかなか外れないので)

液体ガスケットだと普通のパッキンの厚み分(0.5mm?)カバーとのスキマが無くなって
奥に見えるギアの軸方向のスキマがマイナスになってしまい、ギア自体が固定されてしまって
セルモーターがONされても回らなかった訳なんです~

キズの多いリアアクスルのナットも新品に交換

で、完成! チョーク引いてセルボタンをON 一発で始動
異音も無く、「静静」と安定してアイドリングを続けます

早速テスト走行 いつもの「霞ヶ浦一周」に
6速ミッションの繋がりが素晴らしい! 「N」が少し出難いが、慣れればOK?
200に較べクラッチが重いです スプリングレートが高いのかな?
200にも使おうかな~
エンジンフィーリングは同じ様な感じですが
低速の粘りが出ている (様な気がする・笑)
排気量は一割強(27cc)しか増えていないので、
大した出力アップは無し (てか、あんまし変わんない)
全開加速での違和感も全くなし!

見た目の区別が付け難いですが、SL230は「MD33」となります XLR200Rは「MD29」です
キレイなエンジンにウットリ~

肝心の「オイル漏れ」も無く、金属パテでの「お試し修理」は、大成功~!か?

プラグの焼けは、白かったが 200でも結構白かったので
次回は、MJを5番程上げてみようかな
狙い通りの性能向上でした
200オーナーの皆様に自信を持ってお勧めぇ~!!
ま、SL230エンジンの入手は難しいでしょうが
あと、230にすると「武川」の「1.5mmボアアップ」で「233cc」になるキットと
ハイカムが出ています
「夢」が拡がります~  (イジリ虫が疼きます)

原二

日曜日, 12月 21st, 2008

普段乗っていない「原二」バイクを引っ張り出して
前から「CB50R改82」「CB90JX改92」「XE75改75」 じぇ~んぶ「改造バイク」です~
簡単に整備して、1台ずつ近所のテストコース?を一周

「CB50R」は、霞ヶ浦湖畔でパチリ コイツはポジションがキツイ

10年来の「相棒」たる「CB90」が一番楽です

SL230エンジン

土曜日, 12月 20th, 2008

と載せ換えようと朝8時から始めましたが
あらら!雨が降って来て、一時中断

XLRのエンジンを降ろしました
ネジが固くて往生しました

左が「SL230」です  エンジン左のACGカバーのふくらみが随分異なります
外観の綺麗さが判ります?  キャブ型式も違うので「インマニ」も異なります

「ふくらみの元」は、ACGローターの下に追加されている「おもり」の分です~  左が「SL230」
これで低中速の滑らかさを確保してます  古典的な方法ですが
点火時期も遅らせてるみたいです(マニュアルから)

ACGの配線も異なるので,左カバーとスタータモータ毎交換しました
がぁ!ヘッド後ろのステー取り付け穴が、5ミリ程高くなって合いません

ステー板をカッターでガリガリと長穴に削ります~

で、装着 下のナットの下に元の穴が覗いてます

載せ換え完了しましたが、始動しません
バッテリーも上がりまして、お手上げです~
原因は簡単に判明しましたが、部品手配必要です
簡単に載せ換え出来ると考えていましたが、
中々微妙に異なります