趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 6月, 2009

CB250EXのキャブ・ダイヤフラム修理

日曜日, 6月 28th, 2009

今にも降り出しそうな曇り空の下 キャブ点検のためタンクを外す

ダイヤフラム確認

左は無事

右は、ご覧の通り、破れています  捨てます

てな事は出来ないので、CBRの部品取りキャブのダイヤフラムを切り取って、貼り付けます

しばらく、クリップで留め、ドライヤーで暖めます ま、タイヤのパンク修理と同じです(笑)

ついでに、バルブすきまを調整  INが広かった IN0.05 EX0.10に合わす

タンク下の連結パイプに「カットバルブ」を装着 タンク取外し・取り付けが楽に

テスト走行にいつもの場所まで パワーレバーも快適~
回転もスムーズに上がり、6000以上も楽しめる様になりました
だが、プラグは黒い  キャブの下側も開けないと

バルブすきま調整時、左INのナットを回していたら、ポイントを動かしたらしく、
ギャップが0.1ミリ程になったのに気づかず。始動困難になる
始動しても「バックファイヤー」発生 1時間程気が付くのに掛かりました
テスト走行時にタンク下のカットバルブのパイプが抜けかかり(差込不足)
カットバルブを抜き取って、組み直すまでに道路にGASをぶちまけました

CB250EXのレバー交換とサイドカバーの塗装準備

土曜日, 6月 27th, 2009

パワーレバーに交換

ノーマルとの比較、ぐっと握り易くなりました

カバーにプラサフを塗る 来週に仕上げ塗装おば

サイドスタンドのガタが大きいので


バイスで挟んで、半分程に修正

さてそろそろ、キャブのOHをやんないちねぇ~

CB250EXのサイドカバーを落札

金曜日, 6月 26th, 2009

大して競りもせず落札 色褪せが有るだけの良品でした 送料入れて5150円
パワーレバーは同じく2800円

ゴム印で「700418.1」「700423.1」が押されてました

パワーレバーは好みなんで (てか、付いてろのが勿体無くて)
さぁ~、まだまだ買います(笑)

CB250EXの部品を確認

日曜日, 6月 21st, 2009

車体に付属して頂いた部品です (即決価格だと貰えるとの事でしたので、即決!)
プチプチに包まれていたので、ちょっと中身を見て見たくなりました
塗装済のタンクです  (画質が悪いのはイケマセン)
新品袋入りのコックも有ります

ヘッドライトケース(鉄製)、ライトステー、Fフォークカバー、Rクッションカバー
後、サイドカバー(鉄製)が有ればカンペキ!です

ワイヤー類も「黒」ですが、1台分が純正袋入りで有ります

まあ、使わないだろうけど、「部品だけを売らないで下さいネ」とお願いされましたので
当分、売りません

CB250のレクチファイヤー製作とキックペダル改造

土曜日, 6月 20th, 2009

先日買い集めた「ブリッジダイオード」を使って、レクチファイヤ製作
が、ご覧の通り、電圧が上がりません
先週付けた「レギュレータ」の時より、0.2V程しが上がらない

折角作ったんで、しばらく、このままで
ノーマルのキックは折り畳めないので、ボスだけ使用して、折り畳みキックをくっ付けました
左がノーマル、右が「SR400用」で、すでに熔接済です

こんな感じに付けます バックステップにしても充分逃げられます(オイオイ・笑)

膝から充分逃げてます

イイ感じです

こっちは、ノーマル

いつもの「電動風車」の前で、パチリ

さて、お次は、いよいよキャブのOHですね~

CBR250Fブレーキをステンメッシュに

土曜日, 6月 20th, 2009

大枚をハタイテ、ステンメッシュのブレーキホースに交換
カッコイイ!!  です




がぁ? フィーリング改善せず
ディスクが偏磨耗してるしな~

CB250のレクチファイヤーの素材を購入

水曜日, 6月 17th, 2009

秋葉原で「ブリッジダイオード」「ヒートシンク」を大小2個づつ買ってきました

千円でオツリが来ました(嬉々)

CB125のボアアップピストンを手加工

月曜日, 6月 15th, 2009

ヘッドに当る外周部分を削りました 約1.5ミリ
マジックインクでおよその範囲を決めて、サンダーとベルトサンダーでガリガリ!!

仕上げは、サンドペーパーでソコソコ
手前がTL125のノーマル (寸法確認用)

いつもの旋盤が使えなかった(社長は、温泉)ので、
「窮余の一策」てな感じで、1時間ほどの作業で終了しました(笑)

CB250EXレギュレータ取り付け

日曜日, 6月 14th, 2009

昨日、借り付けしていた「レギュレータ」をきちんと固定します
「セレンレクチファイヤ」が納まっていた場所に仕舞うには、少し幅が広いので両側をカット

まるで純正部品の様に取り付けられました


シートがパッカリ開くので、整備する時は、この上なく便利です

さてと、これから近所の知人宅にバルブ逃げ加工の確認に行って来ます~

CB250EXの充電装置を変更

土曜日, 6月 13th, 2009

シートを開いた時の「突っ張り棒」の先端の保護部品が寂しいので(PLには設定は無いが)
CB50系の部品を流用

少し細いので、テープを巻いてOK~

「セレンのレクチファイヤー」はいずれショートして使用出来なくなるので
「予防処置」として「12Vレギュレター」に変更  流用機種は不明 (CB125T?)

「レギュレータ」のピンを交換して(オス→メス)、コネクタを付け替えて

アイドリングで確認 OK~ 回転を上げてもこのままの電圧です~

とりあえず、タイバンドで縛りつけます (いずれ、ちゃんと)

プラグ交換したが、調子は変わらず
やはりキャブかな
サービス画像
修理前

修理後