趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 7月, 2009

CBR250Fで暑気払い

日曜日, 7月 26th, 2009

部屋にいると暑くてたまりません
ビュ~ンと近所のアウトレットモールまで一っ走り

CB90JXでプチツーリング

日曜日, 7月 26th, 2009

グルッポさんのツーリングの集合ポイントまで、行って帰って来ました(笑)
まず、ハイオクを満タン(8L?)120円/L オイルクーラーの赤いカバーは外しましたよ~

笠間駅までビュ~~ン  CB250も来てました  程度はソコソコ NAVI装備

XS650スペシャルのコストの掛かっていそうなバックステップ

長袖、肘・膝にパッド  熱くて堪りません

相変らず、10000前後の吹けが悪い

TLR200のサイドカバー取り付け

日曜日, 7月 26th, 2009

落っこちない様にねじ止めにします
まずは、タンクにナットサートを付けます


カバーに穴を開けてネジで止めます

サイドカバーが付くと、やはり安心です

CB250EXのポイントを購入

木曜日, 7月 23rd, 2009

安かったもんで、ついポチィ!って 程度は「中」です

TLR200のサイドカバー購入

木曜日, 7月 23rd, 2009

高価で買いました(笑) 見た目だけは良くしたいので

TLR200をお掃除

月曜日, 7月 20th, 2009

お気に入りのオフロードバイク2台を少し磨きます 重量差30kg!!
2台のスポークを主に磨きます 
TLRはサビ無しですが、XLRのはサビサビ(サビの上に塗装されてる)

ついでに、TLR200のフロントフェンダーが曲がっているので修正します

ヒートガンで前方を250℃の熱風で満遍なく熱します
内側に吹き込むのがコツです、外から炙るより効率的です  
あぶり過ぎると変形(溶ける?)しますので、自己責任で
融点が140℃~170℃なので(組成で異なる)
集中的にあぶるとヒートガンで溶けます

少しやっては、冷やして確認して、4回程繰り返して終了
で修正完了

XLR200R改223で朝練

月曜日, 7月 20th, 2009

XLRでも走ります
シダックスさんちの近くに在る「サーキットの狼」の館へ見学に
ん~微妙な感じ 早く行き過ぎたかな?
シダックスさんちにTELしましたが、お仕事な様で不在でした

利根川の土手沿いの飛ばせる道ですが、帰りには「ねずみ取り」をやってました

プラグの焼けも良好 レスポンス・アイドリングもパーフェクト

燃費も35,5キロ/L 実に「エコ」である

CB250・CBR250Fも25キロ行ったら良いのですが

TLR200でアウトレットモールへGO!

日曜日, 7月 19th, 2009

近所に先日オープンしたんで、ちょいと見学(買いません・笑)
横にXL230が止まってました  他にスクーターの二人乗りやら

遠くに「牛久大仏」が見えます

他のアウトレットに行った事が無いので、コメント無し 

唯一知ってるブランド「GAP」

周りは大渋滞です  夏休みまで賑わうことでしょう ご苦労な事です

久しぶりのTLR200は、アイドリングも安定して快調でした
半袖・短パンでも暑かったです(良い子は真似しないでね) ENGからも熱気が

ライトステーラバーが無かったので、CB50の部品を取り付け

カタカタしなくて安心です

カバーが無いので、配線の引き回しに苦労します(隠さないと)

本日も朝7時から6時まで大忙しでした (熱かったねぇ~)

CB250EXのキャブセッティング・ファイナル

日曜日, 7月 19th, 2009

朝練で左回りの霞ヶ浦一周に 後に見える湖面を走るジェットスキーが涼しそう~
アタシは、プロテクタ着用の完全装備  止まると暑~い

いつもの場所で休息

プラグ焼けもOK~  少し焼け気味だが  アイドリングもバッチリ安定1300回転

黒い方は、本日前半使用したプラグ(古い) 右が後半使用の新品
古いプラグは、ポイしましょ!  
セッティングは、同じだったんですがねぇ~ 
ギャップは0.65に揃えました(0.7~0.8ミリが正規)

が、燃費は改善せず  22km ま、調子良いからOK~

午後はTLR200で散歩に

CB250EXキャブのプライマリージェットを交換

土曜日, 7月 18th, 2009

ポツポツと雨が落ちる中、遊んでも居られないので (オイオイ「遊び」だろ?)
またまたキャブイジリおば
元々は#70でしたが、先週#68を試したら良い調子なので(プラグ焼けが改善)
更に小さく#65を注文して、目出度く入手

油面もマニュアル通り26ミリでした 
先日入手したマニュアルには21ミリとされてましたが、それは四角いフロートの初期型との事
コックを開き、フロートを持って徐々に下げ、GASが落ちて来る位置を測ります

リアブレーキロッドの角度が後過ぎ、ポンチ穴通りにあわせました

アイドリングでポイント辺りからカシャカシャ音が出るので
ガバナーのグリス切れと判断して、

軽く掃除して、グリスアップ

あんまり変わらない (音が消えない)
試走に行きたいが、空模様がイマイチなんで断念(晴れたら走る)
午後は、晴れたので走ります(途中でちょこっと降った)相変らず同じコース「霞ヶ浦一周」

同じ番手「B7ES」ですが、こんなに焼けが違います
濃いプラグは、コース前半 白っぽい焼けは、コース後半に使った物
ギャップが、0.85(位)0.75(位)の違いしか有りませんがね~

もう少し、行けそう~な気がする~!で#105→#100に交換して、明朝「朝練」です

フロートのドレンからGASが滲むので、アルミワッシャーを2枚使いました
ん~? 燃費が22キロしか行かない(四発と変わらん!困ったもんじゃ)