趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XLR125RヘッドのEXポート加工

10月 24th, 2010 at 10:14

本日はエキゾーストを削ります ゴム長を履いた両足で挟んで加工します

こんな感じにリブを付けました 排気は、負圧で燃焼室の残留ガスを真っ直ぐ引っ張ります

IN側のシートも少し拡大

EX側も同じく拡大

TLRのシリンダを被せてケガキます

ボアが9ミリ違いますから、片側4.5ミリのスキッシュを加工する必要あり

ピストンヘッドに合わせて、圧縮比を考えながら削ります
さてお次は、エンジンを降ろします
午後は雨の予報なので、来週かな?

4 Responses to “XLR125RヘッドのEXポート加工”

  1. ヘルキャット Says:

    ずいぶんよく削れる加工機ですね。
    手に来る反動も半端じゃないんではないですか。
    私だときっとシート面削ったりしちゃいますな。
    スキッシュ削るときバルブシートのところはヒヤヒヤものですね。

  2. CooL無限 Says:

    ヘルキャットさん
    ステンドグラス用ハンドグラインダを使ってます(貰い物)
    超硬の刃には、高速回転のでないと切れません
    ハンドドリルでもOKですが、それこそ切れなくて、逆に危ないです(力が要る)
    スキッシュは比較的簡単です
    が、バルブシート側から、カーターを入れてシート内側を削るのに気を使います
    慣れですが 過去1回ほど、シート当たり面を削った事あり

  3. 1京都 Says:

    同じような写真なので更新がない物と見過ごしていました(笑)。
    いろいろノウハウがあるんですね。
    でもせっかちで雑な私にはできそうもない作業です。

  4. CooL無限 Says:

    1京都さん
    大して性能がアップする訳じゃ有りませんが
    少しコダワった加工も出来る所もアピールしたくてね
    排気なんか、すぐ黒くなるし見えないので
    どう変ったのかは、不明です ノーマルが一番ですよ~
    せっかちさでは、負けませんよ~(塗装に不向き)