趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

TL125S紅~号エンジンのオーバーホール 完了!速っ(笑)

4月 27th, 2013 at 18:15

3週間前に預かったエンジは、3.5万km走行にしては、外観の手入れもよく、

ヘッドカバー辺りからのオイル滲みがやや有る以外良好~

ヘッドを開けて見てコンディション確認します カムジャーナル部のカジリも無い

ヘッド/ピストンのカーボンは、やや多い シリンダはOK リング゙もOK

以前、1回腰上OHやったと聞いていた リングは交換されたみたい

テンショナーの磨耗(凹み)も最小 これも以前交換されてますね

フィルターは初めて開けるが ゴミはこんなもんかな

左画像のネジ位置は、6速の部品が付く位置だが、なんかに流用できるのかな?

ケース内部にスラッジも少なく、オイル管理はちゃんとされてるようだ

心配していたキックギアの欠けも無かった

紅~さんは、野郎と違ってガシガシとキックしないんでOKなのかな?

合わせ面のガスケット剥がしが、一番時間が掛かる ケース外側のも汚れを取り

灯油で2回洗浄し、合わせ面のバリを取りクラッチ側のBRGをカシメてから

昨年、「桃さん」に頂いたガスケットセットを使ってケースに部品を組み込んで行く

日差しが強いのでまぶしい が、サングラスを掛けると見えない

風が強いので、駐車場から、いつもの玄関前に移動して作業してます

TOPリングの合口寸法も0.3ミリ以下で問題なし

ピストンピンクリップも忘れずに組み込みました(笑)

ボール盤にバルフを咥えてこびりついたカーボンを落とします

傘部の燃焼室側のカーボンをちゃんと落とすと

摺り合わせ時にタコ棒の吸い付きが良くなります ハンドドリルでも加工出来ます

次に、バルブステムヘッドの「虫食い」をサンダーで削り油砥石で仕上げる

EXが酷いが、在庫部品が無いので今回は修正のみで再使用

タペットボルト側の虫食いも有ったので同じく修正

チャッチャと摺り合わせして、ステムシール(EXのみ装着)を新品にして組立

当り面がやや広いが、ま問題なし

ヘッドガスケットの両面には液体ガスケットを塗り、ノックピンを16ミリに交換

ポイントも新品に交換されてから余り荒れてません

荒れた面を油砥石で修正 グリスアップして、組立

赤錆だらけだったガバナーも洗浄してグリスアップして組立

で完成 と思いきや、カムがCB90なので載せ替え時にTL用と交換します

M6のプラスネジだけは新品に交換 見栄えが少~しヨロシイ(OHの証し?)

オイルを入れて、明日載せ替えに行きます 紅~さん待っててネ!

朝6時から始めて昼飯休みを30分取って、夕方5時まで掛かりました

外観が綺麗だったのでなんとか1日で完了しました 実働エンジンは楽で良い

また頑張りましょう ん~腰が痛い(苦笑)

2 Responses to “TL125S紅~号エンジンのオーバーホール 完了!速っ(笑)”

  1. 1京都 Says:

    マドンナのためなら頑張りますね~。
    私も女性名義でエンジンを送ってOHして貰おうかな(笑)

    ベニーさんのオイル管理が良かったようで良いコンディションのエンジンみたいですね。
    これで10万キロは大丈夫ですね。

    学習能力ありですね(大笑)>ピストンピンクリップも忘れずに組み込みました

  2. CooL無限 Says:

    ええ
    マドンナ大好き!ですから

    バルブのタペットクリアランスが大きくて、虫食い下みたいです
    キックギアも無事だし、5万キロ辺りで、1回腰上を開けたいです
    が、さて、私の元気が残っているでしょうか?ねぇ~

    他が怪しいかもしれないので、明日が不安です(嘘ピョン)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">