趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 6月, 2013

TL125・JD06エンジンの整備-4(4号機)

金曜日, 6月 28th, 2013

午前中ず~~っと石垣の掃除をしたので、力尽きてしまいました

とは言うものの、なにかをやらないと1日は終わりません

ついでに、エンジンも洗浄機でホコリを洗い流しました

JX後期型エンジン1基とK0/K2エンジンも洗いました(JX以外頂き物)

洗ったらOHが少しは楽になるかな?

 

TL125・JD06エンジンの整備-3(3号機)

木曜日, 6月 27th, 2013

洗浄して、早速組立 キレイなケースは気持ち良い

リングの合わせも0.35ミリ以下 OK~

  

バルブを磨いて摺り合わせて、サクサクと組立完了

一部部品が違っていましたが(タペットキャップ)手持ち部品と交換

とても良いエンジンとなりました!試走しないと

  

保管棚に左から、1号機/3号機/2号機と仲良く並んでます

そのうち、2/3号機はYオクに出品予定 2基とも全バラOH済みで~す

欲しい方は居るかな~?(笑)

さて、あと1基だ(JD0612V・フィールドトリッパー用)

TL125・JD06エンジンの整備-2(3号機)

水曜日, 6月 26th, 2013

3号機に掛かります 「×」印が気になりますが

開けて見ると、カーボンも少なく良いコンディションです

シリンダのキズ/磨耗もほとんど無く、これはイイ!!

4.6万kmは間違いですねぇ~(カバーを他のENGと取り替えた?)

と、ばらし終わる頃にポツポツと雨(泣) さっさと仕舞ってお終い

    

本日はたったの2時間の作業のみ 

梅雨時のバイクイジリはどうにもこうにもイケマセン

TL125・JD06エンジンの整備-1(1、2号機)

火曜日, 6月 25th, 2013

JD06エンジンが4台有るので、オーバーホールして整理します

まず、ピストンをCB125JX用を組み込んだオリジナルエンジンはノーマルピストンに戻します

ピークパワーが無くなってしまってダメみたいです

TL125Sエンジンよりチェンジ回数が増えてイケマセン

左がJD06ピストン 右はJXピストン ピストントップの高さが随分違います

もう1台は腰上のオーバーホール後、暫らく車体に乗せて使ってたエンジンで

確認の為、ヘッドを開き、ピストンのカーボンだけを落とし、

次にクラッチカバーを開けフィルターのスラッジを掃除 

何故かほとんどゴミが有りません(初めて開けた) 

非常に良い状態でした  

 

さて、あと2台 全バラしないとね~

TL125JD06エンジン部品を整備 保管

月曜日, 6月 24th, 2013

手持ちの中古部品はキチンとオーバーホールして保管して置くと

必要なときに、すぐ使えます 雨の合間をみて整備しました

JD06の部品 洗浄して、ヘッドは摺り合わせします

ヘッド/クラッチカバー/クラッチASSYが在庫されました

  

バイクイジリとヤフオク出品が、日課ですが、何か?(ヒマで~す) 

CB90JX改 90ccエンジンは久しぶり~

月曜日, 6月 24th, 2013

90ccは久しぶりでしたが、快調~ プラグ焼けもコンガリ良い感じ

10000回転を常用して走らすと、相当イケます

  

90系縦型エンジンのルーツは、丈夫さで一番です!

CB90JX改を90ccエンジンに戻す

日曜日, 6月 23rd, 2013

久しくエンジンテストに使っていたCB90を本来の90ccエンジンに戻します

オイルクーラーは、何故か大昔のRC用らしい(プチ自慢・笑)

クラッチカバーのツルンとした感じが好きですね~

  

暫らくしたらまたまた他のエンジンが載るのかも?

右サイドカバーなんか「満身創痍」みたいになっちゃったけど

大活躍の車体です 頼りになります 頑張ろう「相棒」! な~~んてネ

TL125K0エンジンのオーバーホール-4

日曜日, 6月 23rd, 2013

昨日組んだTL125K0エンジンをCB90に載せます

TLは点火系がマグネット点火のためCB90(バッテリー点火)では回りません

でもって、TL125のイグニッションコイルに交換して始動 簡単に掛かりました

いつもの霞ヶ浦湖畔を試走  静かな良いエンジンですね~

キャブは手持ちの物を使用 セッティングは合ってないが、スムーズに走る

降ろして、発送 で、終了 延べ2日間の作業でした 

外観の簡単な磨きが入ると倍は掛かるかな?

   

TL125K0エンジンのオーバーホール-3

土曜日, 6月 22nd, 2013

7時半に作業開始  先ずはケースを割ります ネジが固く簡単には割れません

チェーンがタルタルだとここが削れます(過去削れてなかったエンジンは無い)

フィルターのスラッジは少なめ 実働時間は少ないみたい

  

ケースのネジが1本付いていません

下側のネジはサビが多くショックドライバーでやっと外れました(新品に交換)

洗浄してから、タップを通し、ブラストの砂やサビを取ります

  

中身に異常なく、心配したキックギアも無事でした

画像のギア左のベアリングに抜け防止のカシメポンチを4箇所(気休め?)

この後、張り付いたガスケットをカッターで剥がし

合わせの加工部を糸面取りし、油砥石で均します

 

洗浄した後、桃さんから頂いたガスケットセットを使い組上げて行きます

クラッチプレート/フリクションプレート/クラッチスプリング/他小物は支給の新品部品を使います

よっちゃんのTLに発生したプッシュロッドと同じ様に、1.5ミリ程磨耗してます

手持ちの良品を取り付けます(ベアリングタイプは手持ち無し)

K0は、クラッチを握る時間は極力少なくしたい所です

信号待ちでも、マメにニュートラルにして、クラッチはフリーにしましょう

  

ピストン/リング/ピン/ガスケットも新品を使います

が、リングは124cc用のため使用出来ない

付いていたTOPリングの合口を測ると0.3ミリ以下(新品並) OK~

ピストンも付いていた物を組み込みます(新品のピストンとリングは返却)

今回もクリップ組立確認は、ちゃんと画像で残しましたから安心(笑)

  

カムチェーンは新品です 調整ネジの出っ張り具合も最小です

1000km走ったら再調整しましょう

 

ヘッドガスケットの両面に薄く液体ガスケットを塗ります

なぜか、左前のヘッド合わせ面からオイル漏れが多いんですよね~

昨日用意していたヘッドを載せ、カム/ガバナー/ポイントを組み込み組立終了 

クランクケースは、新品の十字ネジで引き締まってますね~

キック/チェンジ/カウンターシャフトのオイルシール3点も漏れなく交換しました

昼食後に雨が落ちて来たので本日作業終わり

明日、CB90に積んで確認走行します(点火コイルをTLに交換するだけ)

  

順調に推移してますが、今日は腰が痛いっす(苦笑)

TL125K0エンジンのオーバーホール-2

金曜日, 6月 21st, 2013

先日分解した腰上部品を灯油で洗浄します 

ヘッドのカーボンもキレイに落とします

シリンダのTOP付近のカーボンも落とし、カム山も軽く磨きます

交換用の新品部品も色々準備して有ります

  

早速バルブの摺り合わせをやります

ピカピカなのでタコ棒もシッカリ吸い付きます

シート面もこんなにキレイになりました 幅も適正 

中古ヘッドでは、こんなにキレイに当りが出るのはマレです 

バルブを入れて、ポートに洗浄液を吹き込んで洩れチェック OK~

組み込んだ新品部品 

  

バルブを組み、ロッカーアームをセットして、ひとまず終了

タペットキャップのOリングも交換 丸→角に変形してます

ガバナーとポイントもバラシテ点検

磨耗も無く 洗浄してグリスアップ 

ポイント面の荒れも最小 油砥石で軽く面を磨いて

組み立てて、本日終了

  

ヘッド周りは最初に作業して用意して置くと後々の作業が楽です

残りは腰下をバラシテ洗って組み立てるだけです

「段取り8分」のルーチン作業でした(笑)