趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 8月, 2013

XL125Sエンジンロックの原因判明 実に残念!

金曜日, 8月 30th, 2013

今日は朝から暑い 汗ビッショリになって作業をやる 眼に入る汗がツライ

エンジンを降ろし早速ばらし始めると、あれカムが抜けない???

後輪ロックの原因は、カムの焼付きでした 奥のブシュが焼きついていました

オイルはヘッドにちゃんと上がっているので、カムのオイル穴がゴミで塞がれていたか?

ブシュの組付け時にゴミを噛んで変形したか

(スタッドボルトを締めると穴が楕円になり回転が渋くなる 確認はしたんだけど?) 

125Sのカムが無いので、贅沢にもXR200のカムを組む(端に判別の線入り)

ここ連続でヘッド廻りの焼付きが発生 アタシも焼きが回った?(残念)

試走時の画像にももう一つのミスがハッキリ写っています(あ~あ)

CB125JXエンジンとXL125Sエンジン ん~~ん?

木曜日, 8月 29th, 2013

修理に使ったサイコロン号125エンジンのヘッドの代わりに

先日整備した後期型のヘッドを仮組して保管

カムはノーマル ピストンは逃げ加工 クランクは自作軽量型

ペガサス号に積んでいるXL125Sエンジンに西の方から届いたカバーを着け

少し見栄えも良くなりました

ただ、走行途中で突然後輪ロック 原因はキック廻りと判断

明日バラシテ見ます (ロックの瞬間ちょっとビックリしました)

ポイントやすり 雑誌の付録ですが 使えるかな?

水曜日, 8月 28th, 2013

Old Timer誌に付いていました おひとついかが?

XL125K2改166エンジンの組立 試走 OK~

火曜日, 8月 27th, 2013

昨日に引き続きオイルポンプベースのOリングを新品に交換

フィルターの汚れもほとんど有りません 掃除して

ヘッドガスケット両面に薄く液体ガスケットを塗り組立

点火時期/ポイントスキマなどを調整して完成

CB90に積んで試走 「オイル上がり」も確実な事を確認

良い走りでした その後、降ろして納品 終了

XL125K2改166のトラブル!ヘッド焼付き(泣)ヘッドがパー

月曜日, 8月 26th, 2013

2ヶ月ほど前に買って頂いた(Thanks!)エンジンが、異音で動かなくなった

エンジンを開けて見ると、ナント!オイルポンプからオイルが上がっていない?

出先で画像は無いが、こんな症状は初めてだ(泣)

ヘッドはASSYで、パァ~~で有る(大泣)

サイコロン号のスペアーエンジンからヘッドを移植する事にした

このエンジンには後期型ヘッドに65.5ミリのピストンを使う予定なので、ま、イイっか

左が焼付きヘッド奥にジャーナル部がグチャグチャ 右は今回の流用ヘッド(セミレーシング)

スペアーヘッドは、ハイカム(メガサイクル)に合わせて外径を小さく削っているので

焼付きヘッドの「無事なバルブ」を摺り合わせて使う

カムも中古品が有ったので交換(スリッパー面が焼付きで青く着色)

ステムシールも新品に交換して(まだ使用可能だったがサービスで)完成

ロッカーアームも知人に提供して頂いた良品(スペアーは軽量化加工されているので)

オイルポンプもOHする 磨耗も少ない良い状態である 焼付きの原因では無い

明日の午前中に腰下に載せて、午後には試走出来そう

ただ、お天気模様が怪しい

急ぐ作業では無いが、別の「秘密のトラブル」が発生したので、

こちらを先に実施する 依頼者さん、も少し待っててね m(__)m

TL125ペガサス号にXL125Sエンジンをそのまま搭載したい

土曜日, 8月 24th, 2013

イーハエンジンと同じく変換配線を製作

進角の問題は有るが、動きを確認するだけなのでOK~

TL125ペガサス号にイーハエンジンをそのまま搭載

土曜日, 8月 24th, 2013

イーハ(JD03)は、ヘッドにパルスジェネレータが位置しているので

ペガサス(JD06)の車体に積む時には、JD06用のACGに交換していた

これでは電装系の確認が出来ないので、イーハのハーネスASSYを使って

変換配線を作り、イーハエンジンをそのまま搭載出来るようにした

無事始動後、試走 静かなエンジンで有る(嬉々)

チェンカバーの出っ張りが気になるが

次にXL125Sのエンジン用の変換配線を作りたい 着々と進行中(何が?・笑)

TL125イーハエンジンの組立

木曜日, 8月 22nd, 2013

水が入っていて、ちょっと汚すぎ 洗浄して組み立てます

焼き付いたクランクは在庫が有ったので、別な腰下を分解する手間が省けた

新しいエンジン台にそのまま載せて作業開始 気分が非常にヨロシイ

特に問題なく腰下終了 クラッチ板は張り付いていたので剥がしてサビ取り

右ケースのキックの例の場所は欠けていましたよ(1京都さん)

リング合口も0.35ミリ以下 良い状態です シリンダもキズ/サビ無し

サクサクと完成 電装の端末が切れたりしているので、

明日、ペガサス号に載せる時に処理しましょう

TL125イーハ用ヘッドの整備

水曜日, 8月 21st, 2013

2個のヘッドを洗浄して、いつもの作業を

バルブを摺り合わせて、ジャーナル受けの欠けたヘッドは修正してOK

2個完成 1個はロッカーアームがない(焼き付いたイーハ200エンジンに使用)

明日は、腰下をニコイチにしてヘッドを被せて、1基完成か?

エンジン台を新調!

火曜日, 8月 20th, 2013

20年以上使って、いい加減ボロになったので、ホームセンターで材料を買って

3個完成 作業風景の写りも多少良くなるかな? 総額1583円也