趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XLR125Rエンジン-3号機の整備-1(ヘッドOH)

11月 26th, 2013 at 13:04

昨日は曇天でどうも気乗りがせずバイクに触らなかったのですが

今日は快晴で暖かい 気分も良いので早速「お店」を拡げました

2号機を販売した時に、同時にヘッドを外して確認してみたら

シリンダ/ピストンがダメだった3号機のヘッドだけOHします

軽くポート研磨なんぞをば カッターは鈴鹿の量産ラインで使っていた物と同じです

段付を取って、バルブガイドの盛上りを少し削っただけの、気休めです

粗く見えますが、指で撫でると意外と滑らかなんですよ(カッターが上等なんで)

バルブを磨いて摺り合わせして完成

腰下に乗っけて、しばし保管 再登場は何時の日かな?

2 Responses to “XLR125Rエンジン-3号機の整備-1(ヘッドOH)”

  1. 1京都 Says:

    今度はセル付きですか、たくさん持っているとやることに困りませんね。

    今日TLR200のエンジンを組み立てたのですが
    ピストンのセカンドリングを溝に押し込むと沈んだまま出てきません。
    リング溝は綺麗に清掃してあるし別のリングを取り付けると正常です。
    リング自体はカーボンの付着も無く綺麗なものでした。
    片側だけ合い口から3センチ位の範囲がおかしいようで
    オイルストーンでリングの上下面を修正してまともになりました。
    こんなことはあるのでしょうか?

  2. CooL無限 Says:

    1京都さん

    セル付きは、4基有りますが、
    FTRと125の1基のOHがまだだったんですので

    過去そんな現象は無かったですね
    いつも膠着したリングを穿り出しては、オイルストーンで磨いてます
    ピストンの溝もリングで掃除して使います

    リング自体のサビ?かな
    セカンドリングの材質は、鋳鉄なので、その辺りが怪しい?
    判りません

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">