趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 3月, 2014

CB125S改167LOC-1号機の改造-4(ヘッド組立)

月曜日, 3月 31st, 2014

以前から保管してあったヘッドの汚れを取ります(先週の作業ですが)

画像だとあまり替り映えしないですね 上から見るときれいなんですよ

すでに摺り合せしてあったバルブを簡単に組み立てます

INバルブは傘の近くが細く(ウェストバルブ)なってます これでノーマル部品です

カムシャフトは、30/50位のレーシングカムです

バルブの外径だけ0.5ミリ小さくしてバルブ同士の接触を逃げてます

それ以外、ポート加工等は施していません(バリ取りもしてません)

ケースフィルターのキャップにワイヤリングの穴を2ミリのドリルで2箇所加工しました

若干斜めになりましたが、機能的にはOKです

このキャップに合うスパナは23ミリです(一体型ヘッド)

JXになると24ミリになります(分割型ヘッド)

さて明日はSL125S改のエンジンから中身を移植します

CB125S改167LOC-1号機の改造-3

土曜日, 3月 29th, 2014

クランクケースの改造は終了したので、磨きます(笑)

今日は、暑くてたまりません で、洗浄して終了

CB125S改167LOC-1号機の改造-2

金曜日, 3月 28th, 2014

TLR200のシリンダが入る様に加工したCB125Sのケースは

ミッション用のオイル通路に余計な穴が開いたので塞ぎます

パテをモミモミして混ぜ貼り付け(オリフィスには爪楊枝)

完全に固まらないうちにカッターで仕上げました

着々と進行中です

CB125S改167LOC-1号機の改造-1

水曜日, 3月 26th, 2014

昨日部品取りしたCB90の右ケースと

手持ちのCB125S左ケースを使ってボアアップ作業の加工を行いました

加工用の冶具(ガバリ)を作って作業

ちゃんとした段取りでやると、早い/キレイ/無駄無しです

これはLOC予備エンジンのベースにしたいんですがね

新たなリンク先「team hiro’ck」も宜しく~(CBR250Fの嫁ぎ先)

’14LOC CB125S改エンジンの整備-7(始動)

水曜日, 3月 26th, 2014

エンジンを載せて始動 オイル上がり確認(一番重要)

気持ち良く吹け上がります 準備完了です

やっと、綺麗なタンク/マフラーにお似合いのエンジンになりました(嬉々)

部品変更は無いので、性能は昨年と変わりませんが

燃えが黒い(カーボンが多い)ので、MJを少し絞る予定です(5番くらい?)

CB90系初期型エンジンのあれこれ-1

月曜日, 3月 24th, 2014

近所のCB125JX仲間から貰って来たCB90K0の腰下です

K1/K2/B2/B3とはテンショナーの機構が違います

CB125JXと一見同じ様に見えますが、全く機能しません

高回転になるとテンショナーが押されて下のアームが下がり、

テンショナーが下側に伸びてチェーンが踊ります スプリングで支えきれません

90系縦型エンジンのテンショナーの方式は、4通り有ります

ま、知らなくても良い豆知識ですがね(笑)

CB90のピストン/シリンダの程度は良かった リング合口0.25ミリでOK

左のCB90B3(最終型、刻印384:CB100)は燃焼室が深いので

トップ形状が1ミリ程高い 内側のリブも異なります

これを組むと圧縮比が1.0?程上がります CB90も奥が深い

左ケース/テンショナー機構は使えませんが、他の部品は使えます

朝から頭痛のため、本日終了 ふ~~っ

 

’14LOC CB125S改エンジンの整備-6(オイル注入)

日曜日, 3月 23rd, 2014

高級なオイルを1L入れます(900ccでもOKですが)

アタシは、ホンダ純正の「S9」を愛用してます(走行会マシン用)

レベルゲージが凝った部品になってます

ブリーザー付きです 横型かApeの社外品かな?

’14LOC CB125S改エンジンの整備-5(オイルポンプ強化?)

土曜日, 3月 22nd, 2014

「365」刻印から「440」刻印に変更

厚みが、10ミリ→12ミリになり、単純に20%吐出量アップです

XL125Rに付いて居た物です 取り付けに問題有りません

’14LOC CB125S改エンジンの整備-4(組立終了)

金曜日, 3月 21st, 2014

お天気は良いが、風は強いので、さっさと組みましょう

朝の日差しが強い玄関前の作業場は、暑い~

ケース内も洗浄して、ギアを確認 軽量クランクをそっと置く

ガスケットは破れてないので交換しません

リングの合口は0.3ミリなのでOK~ ピストンピンを交換(中古)

テンショナー/カムチェーン(中古)を交換したので、ピストン/バルブの隙間確認 OK~

ヘッドガスケットだけは新品を組みます

チャチャと作業して終了

あれこれ確認しながら組んだので2時間半も掛かりました

頑張ってキレイに仕上げたので、超~ウレピ~(嬉々)

やっとキレイな車体との釣合いが取れます(笑)

さて、来週にでもライトデザインに搬入して車体とドッキングしましょう

オイルも忘れずに入れないとね

’14LOC CB125S改エンジンの整備-3(磨き・塗装・組立)

水曜日, 3月 19th, 2014

Before After の違いを御覧あれ

サンドペーパーでの砂型ヘッドの磨きは、ここらが限界です ブツブツでね~

シリンダは汚れを掻き出して塗装です

明日は雨模様なので明後日組み立てます

午後にもやる気が持続しているので組み立てます(笑)

いつもの変わらない作業ですが、少~し丁寧です(一応レーサーですから・笑)

バルブを軽く磨いて摺り合せして、組立に入ります

シールは磨く時に外したので、再使用せず新品を使います

面倒な「コッタ入れ」は、本日もすんなりOK~(自慢)

下から見たフィンは、まだ汚いです ま、誰も見ないでしょうがね

さて、明日は何をしようかな?