趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 9月, 2014

TL125-1,2号の整備

月曜日, 9月 29th, 2014

9/28の「亀岡TL祭り」で乗って頂いた紅~号(1号)への指摘事項を早速整備

リアブレーキペダルをキック下端まで上げる様にストッパーのロックナットを上に移動

ナットが入らないので、アーム根本を削る必要が有った

薄型ナットに変更します(最小の追加工で済ますため)

アームはTLR200用のアルミ製(125は鉄)

ハンドル位置は、CAPボルトのレンチを立てて10ミリ離す程に変更(亀岡で変更済)

グニャグニャになったアクセルは、中が割れてました で、中古部品に交換

サイドスタントのストッパーラバーも外れたので無限号(2号)と同じ処置

「G17」で貼り付けバンドで縛ったから、もう心配要りません

無限号のリアブレーキペダルも200用の可倒式に交換

在庫部品を塗装して交換

他にブレーキアームも同じく200用のアルミに交換(画像無し)

2台並べて順番に整備です

午前様の帰宅で4時間の睡眠でしたが、

疲れはあまり感じません(まだまだイケてます・笑)

色々と収穫の有った「亀岡遠征」でした(自分は走りませんでしたが)

関西の皆様有難う御座いました(宴会もゴチになりました 二日酔い)

きっしゃんから栗も頂き早速皮をむきました サンキュ~

NSR250RスペアーENGのクランクはシール抜け(泣)

木曜日, 9月 25th, 2014

丁度2年間手付かずだったスペアーエンジンを確認しました

お約束 クランクのセンターシールは抜けてました (あら残念)

後バンクのクランクケース内に混合GASを入れると

間髪を入れず、前バンクに漏れました(泣)

ただ、これで遠慮なくバラせます 弄れます

排気ポートから覗いた感じでは、ピストン/シリンダは状態が良さそうだ(嬉)

もうひとつのお約束 オイルポンプのオイルシールは落ちてなかった(良かった!)

XLR200Rの整備

日曜日, 9月 21st, 2014

FTR223改エンジンを積んだXLR200Rを9/23のミーに向けて整備

電気タコのBAT交換とセッティング(タコはFブレーキホースが邪魔で良く見えないが)

ナビ位置の変更(これもFブレーキホースと接触していたので)

ネジ弛み点検・注油(エンジンガードのボルト閉め忘れ有り・苦笑)

久し振りのツーなので楽しみだ

追記:体調不良につきツー不参加

XE75-2の前後サスペンションを整備

土曜日, 9月 20th, 2014

XE50→XE75の改造がなかなか進まない

減衰力を上げたFサスの組立(オイルシール交換)と、

「ドリーム50」リアサスのサビ取り作業を行う

ダンパーの抜けてない良品でした

ピカピカじゃない仕上げが良い雰囲気です(面倒なだけなんです)

早く形にしたいんですがねぇ~

TL125ペガサス-2 スタンドラバー取り付け

金曜日, 9月 19th, 2014

サイドスタンドを跳ね上げると、ショック下端にガチャン!と当たって気分がヨロシク無い

元の部品(サイドスタンドラバー)はとっくに剝がれて付いていない

在庫部品の中からホンダの他機種のゴムを流用して、ボンドで貼り付ける

更にバンドで縛り、再び剝がれない様に処置する

静かになった メデタシ メデタシ

TL125ペガサス-2 右Fフォークのオイル漏れ?-2

水曜日, 9月 17th, 2014

久し振りのフロントアップ練習後、オイル漏れ確認 大丈夫そうだ

20回程アップしただけなので、継続して監視していきます

TL125ペガサス-2 右Fフォークのオイル漏れ?-1

火曜日, 9月 16th, 2014

オイルがダストシールの上に出ている ダストシールを取ると確かにオイルが溜まっている

早速ばらして、オイルシールを確認するが、リップ部にキズは無い

2012年5月5日に純正の新品シールに交換したので、オイルもキレイなまま

何だか納得出来ないので、そのまま交換しないで組立てる(純正新品は在庫有)

また漏れたら交換します(笑)

記事を書いていたら、地震が有りました 震度4 20秒程揺れました

震源地は近かったが、大きくは揺れなかったので被害も無し

「XS650」~その12(全体画像)

月曜日, 9月 15th, 2014

7月の5日に、ケッチンを食らって捻挫になっちまったXS650レーサーは

運搬手段も無いし、大型排気量レーサーのライディングスキルも無いので

欲しい方に譲る事にした(自分のマシンでは無いが・笑)

一応、走らせる事は出来そうなので、記念撮影おば

エンジンの造形がキレイである

 

「SR500」~その30(ハンドル周り交換・ENG調整)

日曜日, 9月 14th, 2014

1.黒塗装したトップブリッジに交換 キーホルダー部も黒に塗装

2.ハンドル/メーターケース/ライトケース/メッキボルト等を磨く ピカピカ!になる

3.フロントフォークをオイルシールを交換したオリジナルに戻す こちらが人気らしい

4.エンジン下のエンジンプロテクタを取り付ける 下側のオイルホースプロテクタとなるようだ

5.ドライブスプロケット側のエンジンカバーを開けてスプロケット確認 まOK

6.カバーの内側の汚れを灯油にて落とす

7.チェーンを交換 スプロケットからの浮きは解消された

8.上のエンジンハンガーを弛めて、タペット調整するが、特に狭くも広くも無い

9.カムチェーンテンショナー調整する 大幅に弛んでいた カンカン音の原因はこれだった

10.スターターにてエンジン始動 異音解消! 少し走るがキャブ不調(フロート?MJ?)

キャブ以外の問題は無さそうなので、3月まで待ち販売する事にする

ふ~~やっと走行まで辿り着いた 嬉しい!!

 

「SR500」~その29(ハンドル周り購入)

金曜日, 9月 12th, 2014

ハンドルを使いたかったが、サビが深くカップブラシで磨いてもダメ

左右SWはウインカーSWのコモン配線のハンダが剥がれていた以外

分解してパーツクリナーで洗浄し、CRCを注油したら無事復活

クラッチレバーホルダーの締付けネジがなめていたので、M6ヘリサートを埋めてOK~

使う予定は無いので、他の部品と纏めて、Yオクに出品するかな?