趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 5月, 2015

CB125JX(初期)エンジンを試走する-7

火曜日, 5月 26th, 2015

クラッチカバー内のクランクに行くオイルラインから、オイルクーラーへの配管を設置する

オイルクーラーは「横型エンジン」つまり「モンキー系」の物だが、

CB125JX改(シッカマン号)のレーサーにも使用し充分な冷却性能を持つ部品である

いつもの湖畔にて試走 クーラーにもオイルが回り、暖かくなってきた OK~

クーラー設置場所もベストかな? このシステムだと、ノーマル部品に直ぐ戻せるのが良い

MJ#110のPD22キャブ使用 #7のプラグ焼けは良いが、アイドリングがイマイチ~

新品ピストンとボーリング済シリンダなので、回転は上げられないが

なかなか良い感じに仕上がりました 100kmは慣らしをしないとね

レーサーエンジンと比べるとパワー感が50cc程度にしか感じません

ちょっと事情が有り、日曜日まで更新は有りません

独り寂しく南国に行ってきます

 

Welcome 2 the「無限空間」!

月曜日, 5月 25th, 2015

全ての記事は、管理者の自己責任にて作業した内容をアップしております

記事内容を「鵜呑み」にせず、注意深く検証の上参照して下さい

TL125S(バイアルス紅~号)をパワーアップ!(ん?)

日曜日, 5月 24th, 2015

3年前に搭載エンジンのOHを行った時に、一時的にお貸ししていた

CB125Sのピストン(0.5OS)を入れたエンジンのパワーを気に入った様子に応えて、

手持ち部品(中古)のパワーアップ部品と交換する事に相成りました

丁度、ジャンクエンジンから外したOSピストン(374、1.0OS)を入れる事に

昨日、工具一式と油脂類を持参しての「出張OH」、何かと不便だが、頑張る!

ヘッドガスケットは「桃さん部品」を少~し拡大して使用 鉄板3枚なので楽である

遠心フィルターも掃除 前回OHから3年程経っているが、ゴミは最小

簡単に作業は済んだのだが、妙にノッキングみたいな異音がする クタッチも滑る(全開加速で)

今日は、点火時期をずらしたり、ハイオクGASを入れるが改善せず

MJはノーマルの#95で良さそうだ(少しのアップなのであまり変わらない?)

プラグの焼けもソコソコの焼けでOK(少し白い?)圧縮比は10.5前後 キックは軽い

クラッチスプリングをXL200?用の赤SPに交換(1ミリ長い)して滑りは解消

カム山研磨/ポイント面研磨/オイル交換/左右グリップ交換/BAT充電/チェーン注油/シートボルト交換

などの整備も行った  塗装したシリンダだけ浮いている(笑)

帰宅してノーマルシリンダ/ピストンを見てビックリ! リングが折れていました

パワー不足はこれが原因?(TOPリングが折れるのは珍しい)

このリングセットは、1回交換されていて、前回OH時に合口の良否は確認済

アタシのせいじゃ有りません(苦笑)シリンダも縦キズが有りダメ(泣)

異音が気がかりだが、またそのうちOH確認したい

ちなみに御代は頂戴しません(紅~号、よっちゃん号は、全て無料です・笑)

 

CB125JX(初期)エンジンを塗る-5

土曜日, 5月 16th, 2015

雨は午後にやんだので、脱脂してマスキングテープを貼り耐熱スプレーをプシュー

ガイドを入れ替えた1個(サンドブラスト処理されてた)と、

プラグ穴をリコイルした1個(鋸刃で汚れを除去) 合計2個を塗りました

新しく買った小型のヒートガンで暖めて軽く乾燥

やれやれ 明日には組立開始しようかな

明日「フルーツ村」に行きたかったが、急用のため断念(いつものドタキャン?苦笑)

CR33/PE28キャブ用のMJホルダーを新作

金曜日, 5月 8th, 2015

モテギで使用したCR33のMJが予想外に大きい番手になり(借用した)

「デイトナ」でMJセットを購入したが、ホルダーの穴数が足りなくなった

ので、22穴のホルダーを新作した  手持ちの5ミリ厚のアルミ板にて製作

整理したら、ダブった番手が結構有りました(以前PE28を2個使用してたので)

この方式のMJホルダーは、レースを始めた43年前から使用している

作るのは面倒だが、コンパクトに整理できて大変使い易いのでオススメです~

サイコロン号でモテギデビュー!がぁ残念(大泣)

水曜日, 5月 6th, 2015

結果は、全くの整備ミスで2本とも満足に走れませんでした(シュン)

1号機搭載時は、エンジン左下部から異音発生 エンジントラブルと判断し2周半でリタイヤ

42年ぶりの回収車に拾われて帰り、あれこれ確認すると

チッ! 画像のネジが外れ、カバーとステーが当り音が発生していた

2号機搭載時は、レース形式でスタートして2コーナーでTOPに立った途端

エンジンがストップ ?? なんとガバナーを留めているボルトの締め忘れ(もうイヤッ!)

それでも合計5周ほどは楽しめました 無事帰還出来てメデタシ!

走行前のヤル気満々の画像 黒ツナギも走行に支障なく良好でした

こっちが似合いますなぁ~(嬉)それにしてもヘルメットがデカ~イ(苦笑)

シッカマンさんもXS650で楽しまれてました

次は6月末のLOCで本番を迎えます(CB125JX改エンジンのデビュー戦)

TL仲間も応援見学に来てくれました 賑やかなのが一番です アリガトサン

そうそう「CR33」キャブも無事デビュー(再デビュー?) SJを付いてれば問題なし(大笑)

ただ、予想に反してMJ#138で丁度良かった(気温25度、路面40度、湿度40%)

オイル温度も最高89度ほどで安定しており、問題なし

真夏でも100度は越えないと予想される

トラブルは有ったが、エンジンの中身は無事の模様(ピストンも無事?)

ま、必要なデータは取れたのでOKとしよう

(とは言うものの、ちゃんと走りたかったよ~ 大泣)

サイコロン号の準備完了 行くぜぇぃ!(笑)

火曜日, 5月 5th, 2015

あれこれ確認 サーキットに行って慌てない様に

サイコロン号(CB125JX改)を整備

土曜日, 5月 2nd, 2015

5/6のGoodOlday’sに向けて車体側を少々整備します(和室の中で・笑)

ゼッケン「91」の貼付には、結構手間が掛かった

赤のカッティングシートの上に白シートを貼って、その上に切抜いた番号を貼りました

次に、オイルキャッチタンクをプラボトル→アルミタンクに変更(バンドにて取付で簡単作業)

メインは、「オイル温度計」の設置 これは2時間も掛かってしまった

センサーは、エンジン左下のオイルフィルターキャップに付けます

キャップ内側にデブコンで肉盛し10ミリのネジ長を確保

どうして、ここにセンサーを設置するのか さて、何故でしょう?

キットには、オイルクーラー配管途中に設置するアダプタも同梱されてますが使いません

温度計本体は、タノメーター横にアルミ板を加工して付けましたが、スペースはギリギリでした

特に左上がカウルに当るので少し手前に曲げました(もう少し削ればOKですが)

電源用ON/OFFのSWも設置 電源は006P電池はメーター裏にバンドで留めてます

明日1号機エンジンと交換して、ファイナルを交換すれば終了かな

あと半日だ 頑張れ!無限さん(笑)

CB125JX(LOC)-2エンジンの試走

金曜日, 5月 1st, 2015

朝8時から2号機を載せる さ、やるぞ!っと

モンキー等横型エンジンのオイルクーラーにステーを追加して取り付け

ステーは昨夕に加工したが、リベット5個を使ったのは少し多かった(見栄えが?)

設置場所へのピッタリ感も有り、なかなか良さそうである

空冷高出力エンジンには必需品だ(夏場は特に)

パワー感に1号機との違いは感じられないが、

少し振動が少ない様な気がする(慣れた?)

白いシリンダーは、品が良い(黒は力強い!かな?)

元の90ccエンジンに戻して終了  今回も、CB90の車体は大活躍である

明日からはサイコロン号に1号機を載せる

ゴールはもう直ぐ 頑張れ!無限さん(笑)

エンジン2基の製作に丁度1ヶ月掛かったが、

無理せず作業できたのが良かった(腰を痛めない様にセーブした)