趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

サイコロン号で「ユルいクラシック系走行会・其の参」に参加

9月 27th, 2015 at 7:16

桐高Rのキャプテンからお誘いの有った「ユルいクラシック系走行会」に行ってきました

なんてったって、主催者は、うら若き?女性!参加しない訳にはいきません

であるからして、女性だけでこ~~んなに大勢さん!超~ウレシイ(笑)

男性陣の鼻の下?否「フォロー」も至れり尽くせりでした(だったっけ?)

隣のピットになった「XS愛さん」とも仲良しに(ストバイ誌に記事を投稿されてる)

いつもの紅~さんも、今回はいつに無くリラックスされてます(いつも通りか?)

主催者の「ちえみさん」です 素敵な女性!(次回、皆様も参加されて確認を)

アレコレと忙しく動かれている中で、自身も1本だけ走られました(バイクがシブイ)

今回、最高のマシン「スーパーカブサイドカー」皆さんの注目の的!(色んな意味で)

肝心の「無限さん自身の動態確認」は無難に終了(15分×4本)

直線以外は追い越し禁止の中で、ソコソコのタイムを刻めました

タイム計測が有ると気になってイケマセン(妙に頑張ってしまうので危なくってね)

「美しい走り」がなかなか出来ない(いまだゴリゴリなスタイルから卒業出来ないでいる)

MJを#138→#135に変更してOK(少し標高があるため)

走行前にコースを歩いて確認します(ジェットコースターみたいなコースです)

〆は「親父ギャグ」炸裂(笑)のTRカンパニー高橋社長相手にジャンケン大会

奇跡の天候回復!で寒くも暑くも無く(18~22℃、湿度70%前後)

絶好のコースコンディションでした あ~楽しかった!

スタッフの皆様、大変お世話になり有難う御座いました

次回も必ず参加させて下さい(とある熟女さんも参加予定)

近々、ストリートバイカーズ誌/別冊オールドタイマー誌にも記事が載るはず お楽しみに!

4 Responses to “サイコロン号で「ユルいクラシック系走行会・其の参」に参加”

  1. ワタヤン Says:

    楽しそうな走行会ですね。
    ご自身の動態確認も出来たようで何よりです。
    にやけて鼻の下を伸ばした無限さんの顔が目に浮かびます(笑)

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    加齢による劣化は「ブレーキングに有る」と
    ライトデザインの小嶋社長が言ってたので
    そこんとこを重点的にチェックしました
    たしかにブレーキレバーの握りがヤワくなってる感じがします
    ホッピングするほどのブレーキングした頃が懐かしいです(大嘘)

    楽しくない走行会は有りませんが、今回は特にね
    ハッキリ言って(言わなくても)女性がいるとウレシイです
    「走りの質」に変化は有りませんが、ちょっとカッコを付けたくなります(大笑)

  3. XSの愛です Says:

    最後のご挨拶もできず、
    連絡先もお伺いしてなかったもので、
    お礼の一言もできなくてすみませんでした!
    毎回親身になってアドバイスをしてくださって、
    本当にありがとうございました!
    今回は速く走ることは完全放棄して、じっくりとあれこれ曲がり方を試行錯誤してみよう、
    という目的で参加したので、ご指導は本当に嬉しかったです。
    最初のテーピングから色々助けてくださったり(笑)、
    偶然入ったピットがあんな楽しいところで良かったです!笑

    またバイクでお会いできたら嬉しいです。
    本当にありがとうございました!(^ ^)

  4. CooL無限 Says:

    XS愛さん
    女性に優しい(甘い?)のは、私の「本能」ですから(苦笑)

    サーキットの走り方って、実際訳が判らなくなりますよね
    私もサーキットデビューの時は、先導車の後をひたすら付いて走っただけですから
    何回か走ればきっと上手くなりますよ!
    公道では、キチンとブレーキが掛けられればOKです(実はこれが難しい・はず)

    またお会いするのが楽しみです

    (愛さんのコメントを少し修正しました)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">