趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 10月, 2015

TL125(K0,K2)のシリンダ/ピストンをボアアップ

金曜日, 10月 30th, 2015

「122cc」刻印のシリンダーでサビの酷い2個をボアアップしました

新品のTLピストンは無いので、CB用の新品56.5ミリ/57ミリを使いました

圧縮比が1.5ほど上がりますが何ら問題有りません(かえって元気良くなる)

左から、56ミリ(ノーマル)/56.5ミリ/57ミリの3セットが揃いました(嬉)

余ったノーマルピストンはヤフオクに出品しました まだ使えるはずですのでヨロシク~

このところブログ記事更新が滞っていますが

9月末の走行会の片付けをしていた際に、車体ごと持ち上げようとして失敗し

少し腰を痛めてしまいました(14段の階段上まで持ち上げようとした)

今日「整骨院」に行き低周波で30分ほど治療してもらい随分楽になりました

4~5日通えば治りそうです 慢性では無いので治りは早いです(苦笑)

もう暫く作業は休みますので、記事更新は有りません

歩いたり、バイクに乗るのは問題ないんですが、しゃがむ姿勢がダメなんです(泣)

CB90JXのサイドカバーの再補修

月曜日, 10月 19th, 2015

バイク置場に吊り下げていた223のクランクケースが落ちて、右サイドガバーを直撃

43年物のABSは粘りが全く無く、「CB90エンブレム」上部がパキンと砕け散った

破片を集めて「ジグソーパズル」よろしく、塗装の養生テープで形を復元して、

プラリペアーで補修  このカバーは「フランケン」みたいに、なっちまった

当然ながら予備部品は有るが、コイツは最後まで使い倒す予定

まだまだ「稼いで」貰います(笑)

XLR200R改233のMJ交換

月曜日, 10月 19th, 2015

#120→125にアップ 家でやるときはエキパイ/スターターまで外すと楽

パッキンのゴムを接着剤で付けてフロート室のネジ3本をCAPに交換

エンジン始動確認して終了 これで次回のツーリングまで保管(何時になるやら)

XLR200R改233でプチツー

日曜日, 10月 18th, 2015

相変わらず快調である

真壁TRまで往復した 71km走って2L給油 35km/Lの燃費 満足

プラグ焼けが白い ややパワー感に乏しいので#5上げてやるかな

キャリアの付けたトップケースもガタ無く良い按配だ(嬉)

XLR200R改233を掃除

土曜日, 10月 17th, 2015

明日ショートツーをしたいので少し整備

BATを充電して、スターターボタンでプルンと始動 楽チンなり(笑)

アクセルグリップ内にグリスを塗り、チェーンオイルを吹き付けて

各部にCRC注油 エアー圧を1.5に合わせて終了

2年ぶりの走行かな?

TL125JD03(180)エンジンの試走-5

木曜日, 10月 15th, 2015

どうも3速での走りが上手く行かないので(伸びない)

一次減速をTLR200の腰下エンジンから外して交換した

TLR200の部品は総じて磨耗の少ない部品が多い(走行距離が少ない?)

200のクラッチスプリング(白ペンキ)のまま使ったが「滑り」は無かった(嬉)

XRのスプリングはクラッチレバーが重くなるのが難点なので、助かる

クラッチカバーのボルトの締め具合が弱かった(残念)きちんと締めたはずだが?

お天気続きなので、ノンビリと作業が出来る

TL200RⅡ?エンジンを出品

水曜日, 10月 14th, 2015

アタシの腕では扱いきれない200のエンジンを出品しました

宜しく御願いいたします
TL200RⅡ?エンジン TL125 JD03  OH後実働確認 競技用

早々に落札されました

誠に有難う御座いました

TL125JD03(180)エンジンの試走-4

木曜日, 10月 8th, 2015

フロントスプロケットを14→15に交換し、巡航速度域の振動を逃がす

以前から気になっていたサビだらけの重いシールチェーンを軽いノンシールチェーンに交換

走りも少し軽快になった様な気がする チェーンの動きがイイのは判る(ノイズが少ない)

湖畔の堤防下の農道をピョンピョンしながら走る(笑)

サイレンサ後端に付けた外向け延長排気管もチャンとイイ仕事してます

右前ウインカーが点灯してない ウインカ本体のアース部のサビが原因

紙ヤスリで磨いてOK 古いバイクは配線接続部の抵抗が大きいので要注意

TL125JD03(180)エンジンの試走-3

水曜日, 10月 7th, 2015

ヘッドから新品オイルを入れて、載せ換える

キック数発で簡単に始動 アイドルも安定 オイル上がりOK

ピストンリングにオイルをタップリ塗ったせいか、少し排気が白い 走行後に再確認する

BATが完全に上がっているので、すぐの公道走行は出来ない

家の前を少し往復してみると、凄~~い フロントが軽く上がる(F14/R58)

一次減速が125のままのせいもある

低中速でのエンジンの振動は少ない クランクのバランスもOKだ!(シメシメ)

軽量クランクになったせいだと思うが、「吹け」がやたらと良い

アクセルを開けた時の反応が、載せ換え以前のTL200R1エンジンとは全く異なる

3時間ほど充電して試走に出掛ける 湖畔は風が強く飛沫が飛んで来る

燃焼室のオイルも無くなった様で、排気の色も無色になった(良かった!)

3速までフロントが軽く上がる またフロントアップの練習を再開すっかな?(笑)

法定速度で振動が多いがツーリングはしないのでOK~(湖畔や山小屋で走るだけ)

排気量も少し小さく圧縮比も低いので、キックも200に較べると軽くて助かる

167エンジンよりもロングストロークなので、よりトルクを感じる(みたい?)

プラグ焼けもソコソコ 他にオイル漏れも無く良いエンジンに仕上がりました

さて、暫くはこのエンジンで行きます

TL125JD03(180)エンジンの組立-2

火曜日, 10月 6th, 2015

洗浄した腰下に組上げます

クラッチ裏のBRGは少し浮いていたので、押し込んでポンチでポンポン

クラッチスプリングは、XR200用に強化 ピストンに粘土を付けてスキマ確認 OK~

フィルターのM5ネジもピストンピンクリップも完璧だ(笑)

腰上はえらく綺麗なエンジンになりました 試走が楽しみです

小さい部品を集めるのに手間取り、8時から12時まで掛かってしまった

まずは1基完成である 残り9基?(かな?)