趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

CB90JXのサイドカバーの再補修

10月 19th, 2015 at 12:56

バイク置場に吊り下げていた223のクランクケースが落ちて、右サイドガバーを直撃

43年物のABSは粘りが全く無く、「CB90エンブレム」上部がパキンと砕け散った

破片を集めて「ジグソーパズル」よろしく、塗装の養生テープで形を復元して、

プラリペアーで補修  このカバーは「フランケン」みたいに、なっちまった

当然ながら予備部品は有るが、コイツは最後まで使い倒す予定

まだまだ「稼いで」貰います(笑)

4 Responses to “CB90JXのサイドカバーの再補修”

  1. ワタヤン Says:

    CB90は色々いじめにあっているみたいで可哀想ですね(笑)

    今日クラッチカバーを外して点検したのですが、締め忘れも組み間違いもありませんでした。
    一次減速を変更してから異音が出だした感じですので4.055に戻して試乗しました。
    異音は発生しませんでしたが長距離を走ってみないと何とも言えません。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    CB90が一番の古株ですので、あれこれ尽くしてくれてます
    最後まで大事に(?)して行きたいです

    一次減速のギア比の関係で、共振などが発生するんでしょうかね(?)

  3. ワタヤン Says:

    色々考えているのですが共振音の可能性も有りそうですね。
    低いギヤ比の方がTLらしい乗り方が出来るので4.055で行く事にしました。

  4. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    スパーギア(平行歯)の異音対策って結構面倒なんですよね~
    ギアのシェービングカッターの再研磨部門に居たので
    音消しには悩んでました(私は関与してなかったが)
    4輪のバックギアを入れて動かした時に発生する
    ウィーンと発する音が代表例です
    バックギアの音は問題視されませんでしたが
    前進ギアの対策は大変だったようです

    他社メーカーのバイクの一次減速ギアがヘリカルギア(斜め歯)になっているのは
    強度の問題も有りますが、消音の問題もあります
    但し、ヘリカルギアはスラスト方向の力が働くので、これもやっかいですがね

    随分前、バイアルスで異音が出たんですが
    ギアの歯面にサビが所々有りましたっけ

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">