趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

NSR250Rのフロントディスクを交換 ’88/’89の相異

1月 17th, 2016 at 11:40

塗装したディスクと交換 だいぶ磨耗していた

ディスク面に映るマイクロメーターのスピンドルの歪みが磨耗状態を現している

変わり映えしないが、内側がうねっていたので機能的にはOK

’88と’89の違いは塗装だけと考えていたが、(昭和/平成の他に・大笑)

フローティングのピン形状が異なる 微妙なコストダウンか?あるいは軽量化?

内側から判断するに、’88は削り部品 ’89はプレス部品 やれやれ

 

2 Responses to “NSR250Rのフロントディスクを交換 ’88/’89の相異”

  1. ワタヤン Says:

    昭和と平成の違いでしょうかね。
    摩耗が少なく、綺麗になったと言うことで堪えてください(笑)

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    >昭和と平成の違いでしょうかね

    上手い!確かにその通りですね
    「平成」になって、コストダウンの嵐が始まりました
    ’90のNSRなんかは、随分安く作ってます(メーターしかり)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">