趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 2月, 2016

NSR250R MC18にMC28の乾式ミッションを組む-1

日曜日, 2月 28th, 2016

MC28の乾式クラッチの付くミッションを格安で入手したのでMC18用に改造します

プライマリドリブンギア(クラッチギア)のBRGが異なるためオイル穴が違います

MC18(’89)はメタルBRGで、MC28はニードルBRGです(メタルは潤滑に要注意)

カウンターシャフトの長さ方向の寸法は同じなので、オイル溝だけ追加します

オイル溝が1本なのがMC28なので、MC18と同じ箇所に追加します

シャフトは硬いので普通のハイスドリルでは穴があかないはずなので

Amazonで超硬ドリルの2ミリを購入して、回転を上げて穴あけする

位置をちょっと間違ったので90度方向にも追加した(支障は全く無い)

外周は超硬カッターで溝を2本ずつ掘り完成

ここまでは簡単だったが

いざケースに組むと、回らない あれっ?

カウンターの長さが違う事に気が付いた(NSRなら、有り得る・笑)

が、PLを見ると同じ番号なので、バラして確認する事にした

1速(LOW)ドリブンギアの左右に1枚ずつ配置されているワッシャーの厚みが違う

PLでは、1.0ミリ2枚なのだが、1.5ミリが2枚入っていた 1ミリ違うと回らない

クラッチ裏のキック用アイドルギア用が1.5ミリで、同じ様な形なので一見しても判らない

前の持ち主が分解/組立した時に組み間違えたかな? MC18用から外して交換

軽~く回る やれやれ、これで動く(はずだ)

この一連の作業に3日間も掛かってしまった(残念)

MC28のレシオが、MC18(’88)のレシオとほぼ同じなので、これを使う

あれこれ大変では有るが、「ノウハウ」は蓄積つつある(だから何?・笑)

部品パレットに取っ手を装着

土曜日, 2月 27th, 2016

分解した大物部品を並べる時や、洗浄の時に使う「真鍮製」のパレット

中々使いやすいのだが、持ち運び用の「取っ手」が無いので、追加

会社勤務時の廃却部品を装着、トラスネジが心遣い  バッチリ!だ(嬉)

ここ2日間、チャレンジング~な作業をやっているのだが、

ちょっと失敗続きで、まともな記事に出来ないでいる

成功したらUPします 少し危ない改造です(笑)

NSR250R 余り部品の洗浄

木曜日, 2月 25th, 2016

オイルまみれの部品は、少し洗浄して保管

大物部品を仮組みすれば場所を取らないし、破損もしない

このケースは、クランクBRGのストッパーピンの引っ掛り部が少し変形している

使えるかどうか、思案中~(ま、使えるはずですがね)

前日までは寒かったが、今日は日差しも出て気分良く作業出来た

寒いと「腰」に来るので気を付けている

1日の作業時間は3時間ばかりで、無理はしない

NSR250R サーモスタットの動作確認

月曜日, 2月 22nd, 2016

何だか5個も有るので、念のため動作を確認 石油ストーブを出してお湯を作る

温度計をセットしたヤカンの水温は、なかなか上がらない(お外は寒い)

別なヤカンで沸かしたの熱湯を少しずつ追加しながら、バネの動きを見る

5個共開いたが、次に水を追加して水温を下げても1個だけ閉まらない

開かないのが一番困るが(オーバーヒート)締まらないのもシマラナイ(笑)

確認して良かった!Yオクに出品するにしても不良品はイケマセン

開きも閉じも適温でOッK~

さて明日は、オイルポンプの確認かな?

NSR250Rで近所にお使い

日曜日, 2月 21st, 2016

エンジンが始動せず 100回位のキック!で、やっと掛かったが、

クランクにGASが溜まり、暫くオイルと共にダラダラ垂れ流し

ナンバープレート/カウル後端がオイル汚れでぐちゃぐちゃ(泣)

30km走った後は問題なくなったが、もう少しマメに動かさないね~

Fディスクをマトモな物に交換したので、カチッと止まる

ハンドルの垂れ角も緩いので、市街地も楽に走れる

地味~に乗りやすくなって来ているのが良い

帰ってから、リア周りの掃除 40年前の2ストみたいになっていた(笑)

気温も15度近くまで上がり、気分良く走れました!(嬉)

NSR250R・ENG シリンダ/ピストン/ヘッドのカーボン除去

日曜日, 2月 21st, 2016

カーボンに剥離剤を吹いてゴシゴシ そこそこキレイになりました

リング合口は0.45ミリで限度だが、使用する

あれこれ揃ってます(笑)

ヘッドの中身が無いのは助かるが、シリンダにバルブを組まないとね~

今日も1歩前進(嬉)

NSR250R・ENG シリンダのノックピンの除去

土曜日, 2月 20th, 2016

シリンダ側に残ったノックピンはサビ付いていて、簡単には抜けてくれません

まずは木片に10ミリの穴を明けて、ノックピンの逃げを作ります

シリンダのヘッド側から9ミリのドリルの柄側を入れてピンを叩き出します

木片で支えるのでキズは付きません 最後はリーマで仕上げて終了

細かい作業が続きます 明日はシリンダのカーボン落しかな?

NSR250R・ENG リードバルブの掃除

木曜日, 2月 18th, 2016

3基分のキャブインシュレータ/リードバルブを掃除 ’88-1、’89-2

バラして灯油で洗って洗浄液剤で油分を飛ばして組み立て

簡単なんですが、2時間半も掛かって終了 腰下にも組み込む

曇り空になったので少々寒い

少しずつ推進中(嬉)

NSR250R・ENGのRCバルブの掃除

水曜日, 2月 17th, 2016

パーツリストでは「フラップバルブ」と呼んでいるが、通称「RCバルブ」

こびり付いたカーボンを落とすのに往生しました

剥離剤で柔かくして、自作スクレーパーで掻き落とすのに2時間余り

もう大変~ シリンダ6個分終了(嬉)

ここでも’88/’89の部品番号は異なります

シャフト長さが違うのは判りますが、フラップは何が違うのか?

知らない事が多くて楽しいですね~(笑)

 

NSR250R・ENG用自作工具の使い勝手を検証

火曜日, 2月 16th, 2016

作ったは良いが、使えないとダメなので確認します

クラッチカバーを外して(シリコングリスを塗っているのでガスケットは簡単に剥れる)

クラッチスプリング/プレッシャープレートを外して、フリクションプレートと自作工具を入れ替える

汎用ホルダーを穴に掛けて、センターのナットに27ミリソケットを入れて回してみる

上手く回せた ヨシヨシ!

日陰になると、やはり寒い 作業は「ボチボチ」と進んでいる