趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

NSR250R・ENG用の専用工具(?)を製作

2月 15th, 2016 at 15:24

手慣れた90系エンジンと違って、NSRエンジンのクラッチセンターは簡単に外せない

そこで、中古のクラッチプレートを2枚合わせにして外周を溶接で点付けして、

1枚だと強度が出そうに無いので、重ね合わせて強くした

適当な位置に6ミリの穴を2つあけて汎用のホルダーを使える様にした

これでセンターのナットを楽に外したり締めたり出来る(嬉)

気温3.5度 昨日と較べると20度!!低い(5時には雪が降って来た)

大して寒さを感じなくなっている自分は変?(笑)

4 Responses to “NSR250R・ENG用の専用工具(?)を製作”

  1. ワタヤン Says:

    寒かったり、暑かったりと変な気候ですね。
    温室育ちの繊細な私には体が付いていきません。

    色々工夫して治具を作って居るのですね、素晴らしいです。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    やはり、ちゃんとした工具がないと部品を傷めます
    右の画像の部品にはクラッチスプリング取り付けのネジ穴(ボス)が1個有りません
    無理して、汎用ホルダーを掛けたらポキッと折れました(泣)

    寒いのも慣れ、熱いのも慣れ、季節は進んで行きますね~
    毎年、同じ繰り返しの様な、変化がある様な無い様な
    「刺激」を求めて彷徨ってます(笑)
    まだまだ大丈夫です!

  3. ワタヤン Says:

    ボスにホルダーをかけると折れることがあるのですね。
    私も以前はそこにかけていました(汗)
    最近はベアリングを外してスプリングを取り付けてからロックナットを締めるようにしています。

  4. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    NSRのクラッチのセンターには、ソケットの入る程の穴が開いていないんです
    90系縦型エンジンは、ソケットはすんなり入りますから楽ですね
    ま、コツコツ間違わない様に進めないとイケマセン

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">