趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 3月, 2016

NSR250R・SP(’89)銀テラにMC28乾式ミッションを組む

木曜日, 3月 31st, 2016

以前入手していたMC28の乾式ミッションを組んだ(88と似たロングレシオ)

MC18(’89)の乾式ミッションのレシオはショートでツーリングに向かない

MC18(’88)のややロングな「湿式ミッション」に載せ換えていたのだが

やはり、「SP」なので「乾式クラッチ」は欠かせない(見た目/音・笑)

自作工具も活躍した 冷却水配管の処理が面倒だ

久し振りにバラすと手順を間違えそうで大変だった

ま、3時間で無事に載せ換えて湖畔を試走 やはり五月蝿い(苦笑)

6速3200rpmが、法定速度60km/hなので良い感じだ(カブる?)

乾式クラッチのメリットは、エンジンを回していない時、ギアを入れての押し掛けが軽い

湿式クラッチ板の間に有るオイルの引き摺り抵抗が無くなるためだ

エンジンが暖かくない時は顕著な差である(駐車時に1速に入れて動かすので)

本日は薄着でもOK~な良い天気 沿道の桜並木が華やいでいる

NSR250R(89)エンジン-2号機-2

水曜日, 3月 30th, 2016

ケースを洗浄 キレイになって使えるレベルになりました

ひとまず保留/保管です そのうちに組立てます

余った部品はYオク出品中~ 宜しく御願いしますm(__)m

4月からCB125Sレーサーに集中します

NSR250R(89)エンジン-2号機-1

火曜日, 3月 29th, 2016

余っているケースのクランクBRGストッパーは削れて使えないので

懲りずに、もう1基腰下購入 無事だった(ホッ)ドライバーの先を見よ

汚れ(クランクのサビ)は酷そうだが、擦ると簡単に落ちた

クランクは、サビで固着してたので廃却 他の部品は少しYオクに出せそう

もう1基組めるだけの部品は有る(ENGを出品すれば資金になるかな?)

3月イッパイは「NSR祭」が続いてます~(笑)

CB125Sレーサーの整備(車体)-1

火曜日, 3月 29th, 2016

4/29(金)のGood@Oldaysに参加するので、少し整備します

以前入手していたキット(?)のフォークパイプを使いたいので

ケースを交換します オリフィスが2個→1個になってます(減衰力アップ)

ノーマルパイプでも、1個溶接で塞げば同じになります(今装着している)

ケースの中身は一緒ですが、キットには横のドレンボルトが無かったり

ブレーキパネルのストッパーも付いていません(両面Wブレーキ用かな?)

ATFオイルと5W-20エンジンオイルを半分ずつ混ぜて(ATFが無くなったので)

110ccずつ入れた 少し固くなったかな?

上がキャップタイプになっているので、スプリング交換が簡単です

ま、CB50S/ドリーム50と同じですがね

先に車体廻りをやって、その後エンジンを10年ぶりにOHします

乞うご期待!(CB125S鈴鹿レーシングSPLパーツを初公開します)

今日は、朝から日差しが強いので暑くならないうちに終了

もう「夏シフト」になりました(笑)

’16 LOC レース 第1戦(筑波) CB125JX快走!?

月曜日, 3月 28th, 2016

今年も始まりました

CB125JX(②)エンジンは予選では、まぁ快調だったが

決勝では、高回転でバラつき、良き結果とならず(残念)

レース後、カムまで外して見るが、テンショナー/タペットクリアランス共に問題なし

プラグ焼けもOK~ 原因が判らない

帰ってから一晩考えて「バルブスプリングの折れ?」って思いついた

過去、現役時代に1回折れた事は有ったが、(インナースプリング)

12000まで問題なく回っていた(’73「4H耐久」の練習中に)

ヘッドを開けて見る必要が有る(作業する事にした)

始動性の改善/EXキャップからのオイルもれ/点火系の変更など

まだまだ、続きます~

レースは、エンジンの吹けが悪く、失敗

その後も高回転がダメで、ストレスの溜まる走りでした

思い通りに行かないのがレースです(「ホンダF1」も頑張れ~)

いつもの紅~さんは花粉症(?)らしくて顔見世NG

無駄に短いコスのお姉さんの画像は、サービス(笑)

さて、第2戦は6/19(富士) 乞うご期待!

NSR250Rの自作工具製作とエンジンスタンド改善

水曜日, 3月 23rd, 2016

余った2個の自作クラッチホルダーが売れたのに調子こいて追加製作(大笑)

焼けて使用出来ない中古クラッチプレートが6枚(1基分)有ったので

3セットを作った(2枚を溶接して穴を開けるだけだが、結構な手間)

表面の焼け具合が妙に色っぽい(?)立派な「リサイクル」で~す

3個目のエンジンスタンドも買ったので、取っ手を追加して薄緑に塗装

赤/黒/緑と区別出来るが、エンジンは2基しかない(1個は乾式クラッチ保管用)

あれこれ「暇つぶし」のネタ探しの毎日である(笑)

NSR250Rエンジンの圧縮圧力を測る

金曜日, 3月 18th, 2016

安い中華製コンプレッションゲージを購入して、’89/’88エンジンを測定

自分で組んだ’89は、Rバンクは7.3kg/㎠ Fバンク7.0kg/㎠

良好中古’88エンジンは、Rバンク7.7kg/㎠ Fバンク7.5kg/㎠

S/Mでは10kg/㎠(400rpm)で、キックで上げたので、こんなもの?

良否判断のスキルが無いのが、残念

この測定も1回やりたかった(嬉)

NSR250Rクランクシール 安心して下さい・漏れません!-2

水曜日, 3月 16th, 2016

1/27に続いて「センターシール漏れ無し」の’89のクランクを買って確認

混合GASをRバンクのケースに入れてFバンクへの漏れを見る

10分間手で回しながらチェックしていたが、漏れ無し!

送料含10620円 安い買い物でした 2本在庫出来たので満足

何だか軽い頭痛と悪寒 うっ風邪?

NSR250R・ENG 腰上を組立(完了~・嬉)

火曜日, 3月 15th, 2016

中古ピストンに新品2ndリングを組む(TOPは中古)

ピン外径計測 15.000でOK (マイクロメーターの「O点」が0.005ずれている)

ピン外周を#2000ペーパーで磨いてピストンに軽く入る様に仕上げる

’88用のピストンに’89用と同じ位置にオイル穴を追加加工

2.5ミリドリルで穴を開け、C0.5程度の軽い面取りをして

バリの出たピン穴の内側も#1000ペーパーで磨いてOK~(内径15ミリ)

14ミリのCB90のピストンピンに耐水ペーパーを巻いて軽く磨く

ピンクリップは、忘れずに組む(笑)

ヘッドGKTには向きが印刷してあり親切なり 水通路穴の関係だ

4ストのピストンリング挿入に較べれば、超~簡単

ただ、リング合口とピンを合わして組まないと壊れる(常識ですが)

ピストンピン/ピストンの相互がスムーズに回る様に、磨きに時間を取られた

ま、気を付けて組んだのでちゃんと回るだろう(大丈夫かなぁ~)

もう「NSR」のOHも、まっかせなさ~~い(大嘘)

残った大量の部品の整理は明日にでもやりたいです

午前中3時間で終了 車体に載せるのは何時の日か?な(苦笑)

今のエンジンとの比較が楽しみなり(同じ仕様のはず)

NSR250R・ENG シリンダをシリンダゲージで計測

金曜日, 3月 11th, 2016

中古のシリンダーゲージを買って計測(1回やりたかった)

サビが有ってすぐには動かなかったが、潤滑剤などを吹いて復活

結果、シリンダ上下の磨耗による寸法違いは確認出来なかった

真円度も1/100ミリ以内 ダイヤルゲージでは無理かな

1/1000ミリ台で計測できないとハッキリしない

ま、加工する訳じゃないのでOKだ

見た目のクロスハッチは薄くなっているのだが、寸法はOKなのか?

NSメッキの耐磨耗性はたいしたもんである

天気もイマイチだし(寒~い)足首も治りかけ

こんな作業で遊んでま~す

来週は、いよいよエンジン組立終了である