趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 4月, 2016

CB125JXシッカマン号も復調か!?

金曜日, 4月 29th, 2016

あれこれ悩んだ末のまさかの「タンク内フィルターのサビ」

今日は、いつに無く明るい走り 「富士」に期待が持てる(嬉)

午前/午後の走行後のプラグ焼けにも際立った変化も無く良好

午後は気温20℃湿度25%と良い条件だった

午前中から路面はドライ!良かった・良かった

裏のストレートで強風でフラフラしたのも、楽しかった(笑)

CB125Sレーサー「NATA」仕様で走る(走行編)

金曜日, 4月 29th, 2016

午前中の走行では、ウォーミングアップ用の「#7」プラグで走ってしまった

2周半して気が付いてピットインし「#9」に交換したが、時間切れ

#7でも焼けは悪くない(濃過ぎ?)

そして、ここんとこ続いている「組立ミス」(大泣)

ACGカバーの上2本のネジの閉め忘れで無くなっていました

そのため「オイル漏れ」漏れたオイルはアンダーカバーに3cc程溜まっていました

2本目の走行後、エンジンが再始動しない

ポイントベースねじの締め忘れ 点火時期が遅れ過ぎて点火しなかった

走行時も妙に高回転に行かない(9500が精一杯、目標12000)

点火時期が遅れていては、回らないのは無理も無い

「無限空間ウォッチャー」の見守る中での修理も、いやはや恥ずかしいものだ

とは言え、結構楽しめるエンジンでは有るので

暫くは、このエンジンで走行する予定

「正チェンジ」用リンクを急遽製作したのは、大正解!

何の違和感も無く、いつも通りの操作が出来ました

油温は110℃まで上がった(気温20℃にしては結構高い?)

ほぼ同じ排気量のシッカマン号は100℃ほど

同じオイルを使用してるので、違いはカウリングの有無

油温計が有るとアレコレ考察できて、最近「イチオシアイテム」であ~る

CB125Sレーサー「NATA」仕様で走る(コスチューム編)

金曜日, 4月 29th, 2016

今回レーシングスーツを2着用意した

2年前に買った「黒」と、昨年買った「カラー」(MFJ公認)

午前中の走行は「カラー」 マシンとはミスマッチだが、ヘルメットの中は笑顔です~

このスーツは「サイコロン号」にピッタリだ(色合いが同じ)

ヘルメットも小さく写っている(笑)

スーツ/ブーツ/グローブ(新品!)とカラーコーデもバッチリ!(20歳若く見える・笑)

午後は「黒」 RCカラーのマシンには、やはり コレ!ですね~

着心地に関しては、中古ながらどちらにも違和感は感じない

「オーソドックス」「エキサイティング」これから、マシンに合わせて選べる(嬉)

 

CB125Sレーサー・エンジン・部品展示

金曜日, 4月 29th, 2016

「RSC祭」との事なので、私的に展示しました

まず目に出来ないエンジン部品等が好評だった

「SRT」エンジンの説明も行なった(「RSC」では無く)

簡単な説明資料も用意したのも良かった

43年も前の事なので「若者」に受けたかどうか?

当時を懐かしむ「昔ヤング」の方には好評~

「91」は昔塗ったままのゼッケンNo 偶然です(塗り替えなくて済んだ・嬉)

走行後は、何故か声が枯れてしまうので、

充分な説明が出来なくて御免なさい

追記 動画が有りました(2017/1/22)
2016 Good OLdays

 

CB125Sレーサー・RSC部品の展示

木曜日, 4月 28th, 2016

明日の「GoodOldays」に、

今年のテーマに「RSCチューン」と有るので

ピットの片隅にRSCパーツを展示しますので、

お暇な方はお越し下さい(車体/エンジンとパーツ少々)

走行時間以外は、ほぼ居るはずなので、

ご質問にもお答えできるはずです

あまり難しい事は判りませんので悪しからず

この「イケ面」さんがお相手しますので、

婦女子の方の訪問も、お待ちしております(笑)

レーサー用サイドスタンドを改良する(塗装)

月曜日, 4月 18th, 2016

朝塗って午後に組み立て 完成~

230倍拡大の電子顕微鏡(商品名)

金曜日, 4月 15th, 2016

シリンダ内面の「荒れ」を確認したくて買った工具

仕事でも使っていたので、有用性は理解していたが

こんなに役立つとはね! しかも安い(8K以下)

ファイバースコープ/シリンダゲージと合わせて完璧な測定環境かな!

Amazonで購入
サンコー 電子顕微鏡 Dino-Lite Basic E 基本性能搭載 入門モデル 10~230倍拡大可能 DINOAM2101

 

 

CB125JXシッカマン号の整備

火曜日, 4月 12th, 2016

LOC初戦の不具合を探るべく、ライトデザイン前で整備

バルブSP折れが心配されたエンジン内部には異常なし

回転数の読めない(苦笑)タコメーターは「CB50S」用に交換(サイコロン号と同じ)

安定しない「デジタコ」は取り外す ゼッケンステーも補強した

タコメーター左横の空スペースにラップロガー(?)を配置する

点火方式も、セミトラ→フラマグ(XL125ノーマル)に戻す(サイコロン号と同じ)

他、細々とチェックしたら、オーナー(兼ライダー)シッカマンさんが

GASタンク内部に突き出しているストレーナーにサビが多く付着しているのを発見

過去の色々な不具合症状とを照らし合わせると、これが怪しい

帰り際に始動させて、オイル上がりとタコメーターの動作確認した

何だか調子が宜しい モテギでの試走が楽しみだ(嬉)

NSR250R・SP(’89)銀テラエンジンを診断(残念・泣)

金曜日, 4月 1st, 2016

プラグの焼けは、カブリも無くこんなもんかな

コンプレッションはRバンク:7kg Fバンク:7.5kg 微妙~

シリンダのEXポート柱のクラックをスコープで探り

画像をPCに取り込んで判断した

残念! Rバンクは中央にクラック Fバンクは上側にクラック

先日来出品してたシリンダと同じレベル

極端に回さないので(8000rpm以下)問題無かったが

えらいこっちゃ(泣)

こりゃ「クランクのセンターシール抜け」も有りかな?

調子自体は良いが、世のほとんどのNSRはこんな状態なんだろうな~

と、OHした「寄せ集め」スペアーエンジンを眺めながら想いを巡らした次第

4月は忙しくなるので、エンジン載せ替えは5月以降かな?