趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 10月, 2016

NSR250Rでプチツー

土曜日, 10月 29th, 2016

「水の郷さわら」まで、ひとっ走り~ パイ~~ン

なにやら「釣イベント」が有りました

久しぶりの「革ツナギ」は、きつくなっていた

革が縮んだ?

「黒ツナギ」のサイズが、少し小さいせいも有る(言い訳)

NSRのエンジンもそろそろ乗せ換えたい気分です

心地よいお天気でしたが、前傾姿勢がつらい90km

「エア抜き」したフロントブレーキの感触は良くなっていた

「ステンメッシュ」にしたら、もっと「カチッ」と効くかな?

CB50JX-1→XE50改82を組立てる

木曜日, 10月 27th, 2016

晴れると作業が捗って大変結構である

Apeヘッドを載せるエンジン(CB50JX-1)のケースをXE50に交換

CBケースはブリーザー/オイルクーラー関係の改造多数なので破棄する

自作軽量クランクとXR80のミッションを組みます

XRのは1速が異なります(コメント参照~)

作業中に配達された「キタコ82ccキット」を組みます

カムシャフトは「2本線」の量産最強のXR80の物

もう慣れた作業になったので、午前中で終了

タコメーターギア付のXEエンジンになりました

あとは、ACG関係をアレンジしたら試走したい

明日から雨予報なので試走は来週からかな?

なんやかんやと忙しくなってきました(嬉)

Ape50ヘッドのポートを拡大して組立てる

火曜日, 10月 25th, 2016

13年前(2003)ドラッグレースをやっていた時に買ったヘッドを

部品ケースに保管していたので、整備します

細~いポート(R&Pより細い)をXR80のINマニに合わせて拡大

INは相当拡大 EXは、それなり 1時間ほど頑張って完成

細いポート用のカッターが無いので、ソコソコに留め置く

カーボンを落とし、バルブを磨き摺合わせして組立

バルブシートの「荒れ」の少ない良好なヘッドでした

Apeは「ハイポート」と呼ばれ、バルブの傘部前がストレートになっていて、

それ以前のヘッドより高性能(らしい)並べて見ると良く判る

XEヘッドを改造してタイムを出したので、「お蔵入り」していた

午後にバルブを磨いていたら、ポツポツと雨粒が落ちて来た

玄関の中で作業を続けて組立完了

50系の部品は、小さいので楽チンなり

「毎日コツコツ」と整理中~

XLR200Rエンジンの腰上OH-2(組立)

金曜日, 10月 21st, 2016

実験ヘッドがポシャッたので、塗装済のヘッド/シリンダを組みます

ピストン/リングは、珍しく新品セットです

ヘッドガスケットは、鉄板1枚のタイプです(TLR200は3枚)

両側に液体ガスケットを薄く塗り組み立てる

ヘッドのナットも新品に交換して終了~

ヘッドカバーを最後に蓋をするのが面倒だが、

自動カムチェンテンショナー調整が楽なのはGood!なり

キレイなエンジンになって嬉しい~

今日は、無限さんの生誕記念日!

さて、あと1年間で整理してしまわないとね~

何を残すか、まだあれこれ考えておりまする(笑)

XLR125R実験ヘッドはジャンクだった(残念)

水曜日, 10月 19th, 2016

FTR223に付けていた「燃焼室を削った125のヘッド」は

ヘッドカバーとヘッド本体が、どうも別々のエンジンのもので

カムジャーナル部穴の芯が正確に一致していなかった

夫々が左右に僅かにズレていて、(カバー側が画像の右に)

締め付けると、BRGが変形してカムシャフトの回転が僅かに重くなる

内径測定用のパスを当ててみたら、全くダメだ(泣)

以前組んでいたFTRエンジンは、無理やり回していたみたいだ

組立時に気づくべきだったが、

クランクからは回した感じはOKだったので油断した

大した距離を走らなくて良かった(ほっ)

ヘッド単体で確認すべきだった

FTRエンジン自体は、先日ヘッドを正規ペアのXLR200R用に交換して正解なり(苦笑)

まだ、勉強すべき事が多いが、「卒業」は近い

CB90初期型のリアサスは「ド・カルボンUSD」タイプ!

月曜日, 10月 17th, 2016

Yオクで売れ残った物ですが、中身を確認します

中身は窒素ガス封入式(ド・カルボン)の倒立型(Up Side Down)です

スプリング/カバー類はサビだらけですが

オイル/GASも抜けていないし、ロッドにサビも有りません

CB125JXのサスより、ず~~と高級です

出品されてる物の外観はイマイチでも、

中身は、まず大丈夫です(3セット買ったが全部OK~)

取付長さ310ミリなので、モン/ゴリ等にも流用できそう

朝から雨は途切れなく降っていて、外作業はな~んも出来ない

NSR250R Fブレーキのエアー抜き

日曜日, 10月 16th, 2016

どうもグニャグニャするレバータッチなので「エアー抜き」実施

左右ともに泡が1個ずつ出てきて、少しマシになった

摩耗したディスクと摩耗したパッドなので、カチッとは行かない

ま、フルブレーキを掛ける事はないし、

今のままでも、十分に効くので問題は無い

金曜日に頑張ったせいか、土日は体調がオカシイ

快晴無風の絶好のツーリング日和なのに(残念)

早朝に10℃を切る寒さの中を散歩してるので「風邪」ひいたかな?

体はまだ「秋仕様」なのだ(笑)

XLR200Rエンジンの腰上OH-1

金曜日, 10月 14th, 2016

朝から晴れたので、降ろしているエンジンを確認

ヘッドスタッドボルトが、固すぎ インパクトでやっと緩んだ

メガネレンチで緩めようとして、ナットをなめそうになった

シリンダガスケットも強烈に固着して、剥がしも大変だった(硬い?)

燃焼室の燃え具合もまぁまぁだが

ピストンサイドまでカーボンが落ちて来ていた

燃費も良くパワーも有ったのだが、バラシて良かった(嬉)

シリンダにもサビによる「ハチマキ」が有り、使えない

カムの摩耗も少なく、バルブステムヘッドに凹みも無く良好

早速バルブを磨いて摺合わせして、外観を少しキレイにして

Yオクで入手した良シリンダを塗装しておいた

先日OHしたヘッドASSYとお揃いになる

午前/午後と4時間半の作業 腰が痛~い

作業出来ると一日が充実した気分だ(笑)

XLR200RヘッドのOH-4

水曜日, 10月 12th, 2016

塗装も十分乾いたので組み立てます

このエンジン(セル付き)のヘッドカバーは最後に被せるので仮組します

少しカムの摩耗が有るので、在庫の良品と交換

カムはボールBRGで保持されているので、余り気を使わなくて良い

40年前レースエンジンにもポイント側はボールBRG保持に改造した事が有る(良く回った)

確かCB72/77のカムは、ボールBRG支持じゃなかったけ?

塗装すると「新品」みたいになりますな~(笑)

早朝は14℃以下だったが、

一日中快晴で日差しが強く作業してると汗も出て来た

 

TL125ペガサス-2にXL125Sヘッド/カムを組む-2(試走)

火曜日, 10月 11th, 2016

昨日と全く同じ空模様と気温(19.5℃) 早速乗せ換えました

EXキャップを取ってオイル上がりを確認 エンジン音は大きい(クランクかな?)

キックペダルの戻りが悪いのは相変わらず(自分用だから気にしない・笑)

いつもの湖畔にて試走 OK~ 吹け/低速とも文句なしの仕上がり

以前組んだXL125Sエンジンより良さそうだ 点火系が違うからか?個体差?

安心して下さい、黒いヘッドカバーも目立ちませんから(苦笑)

プラグ(#7)の焼けが白いが、ま問題ないだろう(#8に変えるかな?)

乗せ換えて余ったエンジンは、Yオクに出品しましたので宜しく~

これにてJD06エンジンは全て終了!

気軽な恰好で走行すると、寒い季節となりましたね~