趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 10月, 2016

NSR250Rでプチツー

土曜日, 10月 29th, 2016

「水の郷さわら」まで、ひとっ走り~ パイ~~ン

なにやら「釣イベント」が有りました

久しぶりの「革ツナギ」は、きつくなっていた

革が縮んだ?

「黒ツナギ」のサイズが、少し小さいせいも有る(言い訳)

NSRのエンジンもそろそろ乗せ換えたい気分です

心地よいお天気でしたが、前傾姿勢がつらい90km

「エア抜き」したフロントブレーキの感触は良くなっていた

「ステンメッシュ」にしたら、もっと「カチッ」と効くかな?

XLR125R実験ヘッドはジャンクだった(残念)

水曜日, 10月 19th, 2016

FTR223に付けていた「燃焼室を削った125のヘッド」は

ヘッドカバーとヘッド本体が、どうも別々のエンジンのもので

カムジャーナル部穴の芯が正確に一致していなかった

夫々が左右に僅かにズレていて、(カバー側が画像の右に)

締め付けると、BRGが変形してカムシャフトの回転が僅かに重くなる

内径測定用のパスを当ててみたら、全くダメだ(泣)

以前組んでいたFTRエンジンは、無理やり回していたみたいだ

組立時に気づくべきだったが、

クランクからは回した感じはOKだったので油断した

大した距離を走らなくて良かった(ほっ)

ヘッド単体で確認すべきだった

FTRエンジン自体は、先日ヘッドを正規ペアのXLR200R用に交換して正解なり(苦笑)

まだ、勉強すべき事が多いが、「卒業」は近い

CB90初期型のリアサスは「ド・カルボンUSD」タイプ!

月曜日, 10月 17th, 2016

Yオクで売れ残った物ですが、中身を確認します

中身は窒素ガス封入式(ド・カルボン)の倒立型(Up Side Down)です

スプリング/カバー類はサビだらけですが

オイル/GASも抜けていないし、ロッドにサビも有りません

CB125JXのサスより、ず~~と高級です

出品されてる物の外観はイマイチでも、

中身は、まず大丈夫です(3セット買ったが全部OK~)

取付長さ310ミリなので、モン/ゴリ等にも流用できそう

朝から雨は途切れなく降っていて、外作業はな~んも出来ない

NSR250R Fブレーキのエアー抜き

日曜日, 10月 16th, 2016

どうもグニャグニャするレバータッチなので「エアー抜き」実施

左右ともに泡が1個ずつ出てきて、少しマシになった

摩耗したディスクと摩耗したパッドなので、カチッとは行かない

ま、フルブレーキを掛ける事はないし、

今のままでも、十分に効くので問題は無い

金曜日に頑張ったせいか、土日は体調がオカシイ

快晴無風の絶好のツーリング日和なのに(残念)

早朝に10℃を切る寒さの中を散歩してるので「風邪」ひいたかな?

体はまだ「秋仕様」なのだ(笑)

TL125ペガサス-2にXL125Sヘッド/カムを組む-2(試走)

火曜日, 10月 11th, 2016

昨日と全く同じ空模様と気温(19.5℃) 早速乗せ換えました

EXキャップを取ってオイル上がりを確認 エンジン音は大きい(クランクかな?)

キックペダルの戻りが悪いのは相変わらず(自分用だから気にしない・笑)

いつもの湖畔にて試走 OK~ 吹け/低速とも文句なしの仕上がり

以前組んだXL125Sエンジンより良さそうだ 点火系が違うからか?個体差?

安心して下さい、黒いヘッドカバーも目立ちませんから(苦笑)

プラグ(#7)の焼けが白いが、ま問題ないだろう(#8に変えるかな?)

乗せ換えて余ったエンジンは、Yオクに出品しましたので宜しく~

これにてJD06エンジンは全て終了!

気軽な恰好で走行すると、寒い季節となりましたね~

 

TL125ペガサス-2にXL125Sヘッド/カムを組む-1

月曜日, 10月 10th, 2016

JD06-1号機に付いていた167エンジンにXL125Sのヘッド/カムを組みます

ピストンも66ミリを組み170ccとなります

昨日組立たヘッドを被せて、念のため粘土でバルブ/ピストンのスキマ確認 OK~

懸念していたヘッドカバーも問題なく取り付け完了

ヘッドカバーだけ黒い(TLR200のまま 区別出来て良い)

今日は曇天で11時時点で19.5℃ 少し肌寒く感じる

明日乗せ換えて試走まで持って行きたい

’16 LOC 第4戦(筑波)シッカマン号 快調~!の動画をアップ

木曜日, 10月 6th, 2016

予選

決勝の走りと比べると回転数が1000低い 走りも穏やかなり

決勝

スタートは、まぁまぁうまく行った感じだが、(エンジン回転数もOK)

後続が見えないので「単独走行」に見えるが、後には、数台が迫っています

が、1コーナーの突っ込みが良いので、前に行かせません OK~

残念な事に「逆光」でタコメーターが読めない  第2ヘアピンからが特に

もう1000回転回らないと、(MJ薄い?)もうひとつ上に行けない

ネーターも見易くなっている   来年も応援の程宜しくね~

おまけ OverRcingの「かとちゃん」 カメラ目線(笑)

今年は、やけに速くなっちゃって、もう追い付けません(無理ムリ)

クラブマン2号のフロントフォーク変更-2

火曜日, 10月 4th, 2016

CB50Sのパイプを磨きます 摺動部にサビは無いが、

先端部(下側の先っぽ)に擦れた跡などが有ったり、

全体にザラザラしていたが、バフで磨いて「ツルツル」になった

細かいキズも消えました 他のバイクのもやりたい(サーキット用マシンは特に)

片方が0.1ミリ程曲がっていたので、油圧プレスで0.02ミリ以下に修正(得意です)

シートパイプのオリフィスも3.6ミリ穴2個⇒2.5ミリ穴1個にして

減衰力を上げます(ちょっと細すぎたかな?)

オイル量を100ccにして丁度良さそうだ(片側に入れ過ぎたみたい)

ドリーム50のステムはCBに比べて16ミリ広いので、

フェンダー取り付け部の8ミリのスペーサーを入れて合わせる

久しぶりの加工作業は疲れまする~(笑)

’16LOC第4戦(筑波) シッカマン号(CB125JX)快調(安定~)

月曜日, 10月 3rd, 2016

この日曜日だけが、お天気が持つとの予報

朝早くは降雨が有ったが、予選が始まる頃には晴れ間も覗き

応援のいつもの紅~さんと、気分上々~

が、如何せん、タイムは上がらず23台中15番手

ただエンジンは良さそう オイル温度もまあまあ プラグ焼けも薄めで良好

午後の決勝時には、すっかり晴れ上がり気温も30℃近く

湿度も50%以下になって、タープ下の日陰でくつろぐ熟女さん

レース開始を待つ間も爽やかな風も吹き絶好のレース日和なり

ゼッケンと同じ位置がらの気合の入ったスタート!

と思いきや、やや出遅れる 序盤は8~12番辺りの団子状態の中

そこから上手く抜け出して総合8位(クラス1位)でチェッカー!!

お天気回復のため、やや薄過ぎ オイル温度も高め

高回転で異音がしたとの事 シーズンが終了したので中身を見る予定

前回、根拠のない指摘の有ったキックの改良版

始動したら、キックを抜ける様に改造(来年の車両規則次第だが)

さて17年度の初戦まで半年もある また、ボチボチやりましょう

動画が送られてきたら、アップします(タコメーターも90度位置変更)