趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XLR125R実験ヘッドはジャンクだった(残念)

10月 19th, 2016 at 11:34

FTR223に付けていた「燃焼室を削った125のヘッド」は

ヘッドカバーとヘッド本体が、どうも別々のエンジンのもので

カムジャーナル部穴の芯が正確に一致していなかった

夫々が左右に僅かにズレていて、(カバー側が画像の右に)

締め付けると、BRGが変形してカムシャフトの回転が僅かに重くなる

内径測定用のパスを当ててみたら、全くダメだ(泣)

以前組んでいたFTRエンジンは、無理やり回していたみたいだ

組立時に気づくべきだったが、

クランクからは回した感じはOKだったので油断した

大した距離を走らなくて良かった(ほっ)

ヘッド単体で確認すべきだった

FTRエンジン自体は、先日ヘッドを正規ペアのXLR200R用に交換して正解なり(苦笑)

まだ、勉強すべき事が多いが、「卒業」は近い

7 Responses to “XLR125R実験ヘッドはジャンクだった(残念)”

  1. ワタヤン Says:

    やはりカバーとヘッドはセットがよいのですね。
    かれこれ7基ほどカバーとヘッドがセットではないエンジンを組みましたが
    1基のみ締め付けるとカムの回転が重たくなる物がありました。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    これまで、合わないヘッド/ヘッドカバーは無かったんですがね
    まぁ、ボールBRGの無いタイプだと、クリアランス(スキマ)は甘いですが
    今回の「ズレ」が有ると、「ボールBRG無し」のカムシャフトでも「ダメ」だったでしょうね
    治具の加工交差レベルで考えると、まぁ~「稀」な現象のはずです
    他のヘッド(XLR200R)を確認しましたが、問題無かったので安心しました

    CB50系縦型エンジンは、一体で加工する事は出来ない構造です
    しかも、材質も違うし(ヘッド本体はアルミ、カムホルダーは鋳鉄)
    だから、一体で加工してるとは思えないんですがね(行程の煩雑さを避けたいために)

    余談ですが、CB500four系のカムジャーナルは「真円」では有りません
    ヘッド側は特殊なカッターを斜めにセットして回転させて削り、
    中央部(燃焼室に近い箇所)が低くなる様に加工してます(オイル溜まりになる)
    そのカッターを鈴鹿の職場で管理してました(他の担当者)

    エンジン加工の現場(の横)に居たので、
    あれこれ勉強出来たのが鈴鹿での収穫です(レーシングも)

  3. 爆音隊長 Says:

    クール無限様
    以前xl200の異音でお世話になった者です。
    またまた、質問なのですが、クラブマン2号からレスポンス出来なかったので、こちらから失礼します。
    この度、sl230 のエンジンを入手することになったのですが、
    クラブマン2号の記事を拝見すると、チェーンラインが13mmズレる事を知りました。CB90でも同じ事が言えそうですが、エンジンオフセット以外に対処方は無いのでしょうか?例えば、TLRのカウンターシャフトを使うとか?
    無限様のような改造だと、CB系のエンジンに戻す時困りそうですし、溶接の技術も無いので、ちょっと困ってしまいました。
    アドバイスをお願いしたいのですが、よろしくお願いします。

  4. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    う~~ん どうなんでしょうか?
    無理やり乗せている方もいらっしゃっるので、なんとも言えないですね
    TLRのカウンターシャフトが合うかどうか判らないです

    XL200のカウンターシャフトの飛び出し量を測ってみて下さい
    後部のエンジンハンガーボルトが通る穴の端を基準とします
    CB系より大きいかも知れません

    自分では、チェーンラインがキチンと合っていないと気持ち悪いので、
    ややこしい溶接をやってもらいました
    右に曲がり易くなるかな?と予想したんですが
    ゆっくり走る分には問題無いです
    (クラブマン2号は、バラバラで部屋の片隅に放置中です・残念)

    お役に立てなくてスミマセン

  5. 爆音隊長 Says:

    無限様
    ご回答ありがとうございます。ふと思い出したのですが、確か特注で、希望のオフセットや丁数を受けていたメーカーがある事を
    フロントスプロケットは価格が安いので、倍の値段でもそんなに高くないので、この方法が一番簡単ですね。
    取付するのは、SL230です、CB90に乗せる時の注意点とかあったら教えてください。ネットでFTRとか同系列のエンジンの配線図を探していますが、なかなか見つからず苦慮しています。
    買ったエンジンは外見ぼろぼろで初爆のみなので、オーバーホールからスタートです。ただ、走行距離1600km(本当かは不明)なので、腰上だけで済めば良いのですが、時間がかかりそうです。

    そーいえば、xl200のエンジンをオーバーホールした時、ケチって中華のベアリングを使ったのですが、案の定ダメになったようです。クラッチジャダーとアイドリングでも賑やかなクランクケース音
    やっぱり重要部分は国産ですね!

  6. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    御存じの通り、CB90系のスプロケットの取付は、
    薄いプレートだけに頼っているので
    「オフセット」を使うと、回転する毎に左右にグラグラしてしまい、
    カウンターシャフトのスプラインにも良くない感じがします

    他は何となく加工して組んだ気がしてます(8年半前の作業)
    今更ながらで恐縮ですが、これ位で勘弁して下さいm(__)m
    最近、とみに弱気になってきており「気力」が落ち続けています

  7. 爆音隊長 Says:

    なるほどー
    確かに、そうですね!すっかり忘れてました。
    うーん、そうなるとリアをオフセット
    考えます。
    ありがとうございました。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">