趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 11月, 2016

XLR125Rエンジンのパワーアップ-3

水曜日, 11月 30th, 2016

昨日バラしたヘッドのカーボンを落とし軽く洗浄して、

バルブを磨いて摺り合わせして組立 カバーを仮に被せて終了

いつもの「ルーチンワーク」なので簡単に済ます

午後から出掛けるので、10時に作業を切り上げる

無風で日差しも有り、10℃の気温でも寒さは感じない

明日の朝は雨予報 寒そうだな~

XLR125Rエンジンのパワーアップ-2

火曜日, 11月 29th, 2016

まずはエンジンの中身を確認 ピストンサイドに少し擦れは有るが、良い状態

ただ、ネジの締め付けが強く、テンショナー/ロッカープレートのM6をドリルで揉み取った

シリンダー長さを測ると、セル無エンジンより1.7ミリ長い(カムチェーンの種類が違う)

クランクも軽量化しようと、Yオクで単体を買ったが、外径がやたら小さい

CB125JX(100ミリ/レーシング)XLR125R(103ミリ)CB125JX(112ミリ/ノーマル)

なんと「レーシング(LOC仕様)」並に小さく軽くてビックリ!

これで削る手間が省けるし「腰下」をバラす必要も無いので大助かり

OFF車なので、もっと重いのかと想像していたが、意外だった

その分ACGのフライホイールが大きく重いのかもしれない

(後日、振れを測ったらACG側が0.1mm振れていて使用しない事にした)

午前中に背中に日差しを感じながらの作業

ポカポカと暖かい(気温13℃) 午後は日陰になるので作業はしない

さて明日は? 楽しいな~(笑)

 

 

XLR200Rのリアフェンダーを磨く Nice!(嬉)

月曜日, 11月 28th, 2016

昨日に引き続き、リアも磨く フレームやらが付いているので外す

矢印部に排気煙がかかるので変色している

が、完全には取れない(傷が付き後処理が大変なので#400が限界)

#2000で仕上げて、ヒートガンで艶を出しWAXで仕上げる

作業後にフレームを付けた時、熱を加えた影響か少し広がっていた

車体のフレームで挟むので問題は無いが、ヒートガンは使わない方が良いと感じた

前後が仕上がったので、出品時に交換して画像を撮ろう(それまで保管)

雨上がりで風も無く気温15℃なので、

ゴム手袋をしていると水を使っても冷たく感じない

さて、明日は何をしましょうかね~

XLR200Rのフロントフェンダーを磨く キレイ!(嬉)

日曜日, 11月 27th, 2016

昨日外したフェンダーが余りに汚くて、Yオクにも出品出来ない で、磨く

まず#2000で耐水ペーパーで擦るが、目詰まりするだけで全くダメ

#1000でも同じ #400で辛うじて落ちるが、完全には落ちない

そこで、ある物をペーパーに付けて擦ったら、まぁ~落ちる落ちる!

ほぼ落ちた所で。#1000#2000と仕上げて行く(深いキズは取れない)

最初から#2000で良かったのだが、やってみないと判らんもんですね~

最終仕上げは、ヒートガンで炙って艶を出す

はずだったが、あまりガンを当てると変形するので、ソコソコで止める

細/極細のコンパウンドで磨きWAXを掛けて、終了(少し艶が出た)

Yオクで買わなくて済んだんですね(磨くのは苦手な作業だもんで・残念)

雨空だが、降って来ないので作業する

方法を気づくまで1時間掛かったが、30分も有れば済みそうな作業だった

水仕事は、少しキツイ 体は温まった

XLR200Rのフロントフェンダーを交換

土曜日, 11月 26th, 2016

なかなかキレイにならないので、同じ部番のXLR250R用を購入(上の物)

キズは有るが、全体的に白さが有る 「ハンサム」さが更に向上~

風も無く日向ぼっこには丁度良いが、日陰は真冬なり

 

XLR125Rエンジンのパワーアップー1

金曜日, 11月 25th, 2016

3基有ったXL125Rのエンジンも、2基売れたので、あと1基しか残っていない

これはCB125JXクラブマン2号に載せるのだが、

125だと非力なので、何とかしたい(メニューはいつもの通り)

まず、FTR223エンジンに被せていた125改ヘッドを再度調整します

カムの受け部が合わないのでカムが回らないのだが、良く考えると

セル付きエンジンのカムは、ボールBRGで支持されているので、

ヘッドカバー位置決めのノックピンが外せる事に気が付いた

BRGのアウターレースがノックピン代わりになる訳だ

ノックピンを外してカムを載せてカバーを被せ、

4隅のボルトを締め込んでも、クル~~ンと回る OK~

カムカバーを付ける部分を段付きにならない様に気を付けれれば良い

カムシャフトは「タケガワ」のハイカム使用 燃焼室の具合も良好(嬉)

昨日は寒かった 部屋で暖房も入れず震えていました(大嘘)

10km先のつくば市は積雪が有ったらしいですが、ここらはnothing。

今日は、無風快晴 気温は10℃行かないだろうな~(9℃/11時現在)

早くも寒い冬がやって来た ヤダヤダ 炬燵で丸くなってようっと

XLR200Rのマフラー小物部品を戻す

日曜日, 11月 20th, 2016

サビだらけだった小物部品を良品と交換 フレームのタッチアップも少々

EXパイとマフラー部のバンドは「Ape用」と同じものがピッタリ付きました

EXガードのネジもCAPボルトが違和感イッパイだったので交換

乗らないバイクでも、ちゃんと手入れしてますよ~

なぜか、右肩が痛い(理由は判っている・工具箱が重い)

エンジンをあちこち動かしているので、筋肉痛? やれやれ

明日は、このXLR200Rで霞ヶ浦一周の慣らし走行をしたい

XLR200Rにオリジナルエンジンを戻す

金曜日, 11月 18th, 2016

塗装したヘッド/シリンダに新品のピストン/リングを組んだOH済エンジンを載せる

MJは、PL上では#102だが、いつも薄く出るので#105にする

「爪」が長いですが、エンジンを組む時に役に立ちます(ピストン組込時・笑)

レギュレータも配線(コネクタ)が異なるので、オリジナルに戻す

223(233)エンジンに較べると明らかにパワーは無いが、特に不足は無い

クラッチスプリングを強化(XR200用)してるが、重さは感じない

無風快晴で、昨日よりは4度低い気温の中、街着ジャンパーでは寒く感じた

プラグ焼けもこんなもんかな 息つきなどは一切ないのでOK~

油温は、この気温で70℃ほどしか上がらない

乾燥(と高気圧)で一番馬力が出てるはず

エンジンもキレイだし、フレームのタッチアップも遠くから見るとOK~

これでXLRのエンジン弄りも終了です 来春にYオクに出品したい

入手以来、何キロ走ったんだろう 2000kmくらいかな?

ほぼ問題無しだが、一番の難点は「足が届かない」 おっとっと(苦笑)

さて、お次に控えているのは、何?

連日のバイク弄りも疲れますね~(セル付きエンジンが重すぎる)

XLR200R(FTR223エンジン)のキャブセッティング

木曜日, 11月 17th, 2016

キャブを開けて見ると、すでに#125が付いていた

#130にしたいが、手持ちは無いので#128に交換

またエンジン始動不良 タンクに入れっぱなしの2年物のGASで

掛かるはずがない 一度掛かり温まるとOKなのですがね

昨日と同じく、メンテ用タンクを下げて新鮮なGASを供給して始動

古いGASを捨て(ホビオに入れた)GASスタンドまで走り満タンにした

EXパイプとセルモーターを外さないと、チャンバーが外れない(外れ難い)

しかもCAP頭のネジに交換して作業性アップ

まだ急激なアクセルオープン時に息つくが、このあたりで終了~

プラグ焼けも少し改善した(低速が濃い?)

絶好ノツーリング日和なり

TL125ペガサス-2のFフォークシール交換

木曜日, 11月 17th, 2016

以前交換したのだが、また左側が漏れて来た

微妙な傷を消すため2000番の紙ヤスリで擦り、コンパウンドで仕上げる

ダストシールも硬くなっていたので、オイルシールと一緒に交換

初期潤滑用のグリスを薄く塗って、特殊オイルを300cc弱入れて終了

動きは良いが、すこし固いかな? ま、良しとする

9時から11時半まで掛かった

今日も快晴無風で気分が良い