趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XLR200Rにオリジナルエンジンを戻す

11月 18th, 2016 at 13:08

塗装したヘッド/シリンダに新品のピストン/リングを組んだOH済エンジンを載せる

MJは、PL上では#102だが、いつも薄く出るので#105にする

「爪」が長いですが、エンジンを組む時に役に立ちます(ピストン組込時・笑)

レギュレータも配線(コネクタ)が異なるので、オリジナルに戻す

223(233)エンジンに較べると明らかにパワーは無いが、特に不足は無い

クラッチスプリングを強化(XR200用)してるが、重さは感じない

無風快晴で、昨日よりは4度低い気温の中、街着ジャンパーでは寒く感じた

プラグ焼けもこんなもんかな 息つきなどは一切ないのでOK~

油温は、この気温で70℃ほどしか上がらない

乾燥(と高気圧)で一番馬力が出てるはず

エンジンもキレイだし、フレームのタッチアップも遠くから見るとOK~

これでXLRのエンジン弄りも終了です 来春にYオクに出品したい

入手以来、何キロ走ったんだろう 2000kmくらいかな?

ほぼ問題無しだが、一番の難点は「足が届かない」 おっとっと(苦笑)

さて、お次に控えているのは、何?

連日のバイク弄りも疲れますね~(セル付きエンジンが重すぎる)

2 Responses to “XLR200Rにオリジナルエンジンを戻す”

  1. ワタヤン Says:

    XLR200Rもついに売却ですか?
    セル付きエンジンも売れそうですしどんどんお金が貯まりますね(笑)

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    これで林道も何回か行けましたし、良い経験が出来ました
    アタシにはOFFは向いていないってのが、再確認しました(45年前も)
    コストを回収するほどでは無いですが
    楽しめた分は償却してますからね(笑)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">