趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 11月, 2016

XLR200RにFTR223エンジンを載せる

水曜日, 11月 16th, 2016

先日、XLR200Rのヘッドを被せたエンジンをSL230改233と交換してテストする

フレームにサビが目立つので、軽くタッチアップ(白なので目立つんですよね~)

いざエンジンを載せ替えて、セルを回しても始動しない(?)やっちまった~

カムチェーンがクランク側のスプロケットに掛かっていなかった

クランク側は外れたら、入れにくい(サイレントチェーンなので)

ACGローターを外して掛けた やれやれ(気落ちして画像を撮る気も失せた)

いつもの湖畔を走る エンジンは良い感じだが、吹けが少し引っかかる

プラグを見ても白過ぎる 今#120なので5番上げて見よう

ノーマルハンドルに戻したので、ポジションも楽になった(嬉)

SL230改233エンジンはYオクに出品しました よろしく~

あれこれトラブったので9時から2時半まで掛かってしまった(飯抜き)

天気が良いので頑張れた

明日、キャブセッティングをやろう

XLR200Rのハンドルを純正部品に交換

火曜日, 11月 15th, 2016

アルミハンドルの径が少し小さいので、各ホルダーを付けるのにテープを巻いていた

やっと、まともな純正ハンドルが入手できたので、少しタッチアップして取付

幅が2cm程狭くなり、ちょっと手前に引いたポジションになってGood!

白いハンドル(フレーム)は、㈱無限勤務時代の「MEモトクロッサー」を思い出す(懐)

午前中は、まだ降りそうな空模様だ

「スーパームーン」も見れなかったが、大きさの違いって判るのかな~

「月」が有るから「地球」が安定して生物が進化したと学んだ(最近)

XE75-2にキルスイッチを付ける

火曜日, 11月 15th, 2016

NSRのSWを流用してIGコイルへの配線途中に潜り込ませる

カッコ良い~が、火が飛ばない(マイコン制御のエンジンの部品流用は、ややこしい)

XR80の点火装置の実働確認

日曜日, 11月 13th, 2016

Yオクで売れ残った軽量ACGローターとコイルをXE75に装着して確認

タイミングライトにて点火時期/進角を確認 問題無くOK~

コンデンサはACG側ではなく、IGコイル横についています

公道走行用とは、ここが異なります(レーサーですからね)

ACGローターの磁石も半分 点火用発電コイルだけしか付いていません

XE75改88エンジンの調子は良いが、ふと後ろを見ると少し排気煙が白い

まぁ中古シリンダとピストンなので仕方がない

ウインカーが点滅しなかったのはBATの⊖端子が抜けていただけだった

今日はポカポカと暖かい 作業も楽チンなり

XE75改88エンジンのクラッチ滑り修理/ACGローター交換

土曜日, 11月 12th, 2016

「サビ」の有るクラッチプレートをサビ無しの良品に交換

フリクションディスクも新品2枚良品1枚に交換(新品は5枚しか無かったので)

外周を削り100gほど軽量化したACGローターに交換する

XEからCBに変更すると進角も5度早くなるのでタイミングライトで確認

ローター内側の機械式ガバナーは「調整式」に加工してある(ノーマルは固定)

車体を倒した時ライトSWのノブが壊れたので木ネジで取り付ける

湖畔を試走 滑りも無くなりスタートで半クラが使える

吹け上りも良くなり、アクセルに良く付いて来る Very Good!!

加速感はCB125JXより上だと感じる(法定速度内なら)

Ape100のノーマルマフラーで排気音も静か  近所迷惑にもならない

プラグ焼けも上々の「キツネ色」 エンジンは出来た!

ただ配線トラブルで、ウインカー/Nランプの点きが悪い

まだ手が掛かるXE75でした

本日は、気温も上がり作業していても腰が冷えなく快適なり

明日は電装(配線)を確認しないと

もう少しです

XE75-2に88エンジンを戻す

木曜日, 11月 10th, 2016

XE50改82エンジンを降ろして、XE75改88エンジンに戻す

ちゃんと動いていたエンジンなので問題無かったはずだが、

確認走行するとクラッチが滑る 気温が低くオイルが固いせい

クラッチプレート/フリクションディスクを交換しないといけない やれやれ

82ccエンジンの方が軽やかに回るが、スタートはこっちが良さそうだ

MJを#95に交換してあるので、プラグ焼けもBestなり

クラッチ滑り以外は完成したので、記念撮影 もう少し持っていたい

KAPPA(GIVI似)ケースが巨大に見えるほど「小さく可愛いXE75」だ

昨日の風も止んで穏やかだが、曇り空で寒い

で、Yオクで買った「赤いジャケット」を着て試走 中々具合の良い上着だ

内側にプロテクターを着ても余裕なり 良い買い物だった(嬉)

ドラッグレース用「50系縦型」ヘッドをOH

火曜日, 11月 8th, 2016

このヘッドは、2003年度SS1/32ドラッグレースで3番になった時の物です

PE24を付けるため、INポートをストレート化してバルブ丸見えです

鋼尺で示している部分で切り落としています(150刻印ヘッド)

EXは控えめにバリ取りと出口側を山型に削るだけ

燃焼室側を0.5ミリ面研(フライス加工ですが)して圧縮を上げます

カムホルダーの「オイル溜」も広げます(この頃「シャワーカバー」が始まった)

ロッカーアームの軽量化は得意とする所ですから、

上部は目一杯削り、カム側はギリギリまで削り、

スクリューは短くして⊖加工し、軽量化穴まであけます

たった5gの軽量化にも大変な手間が掛かります

まだ余分な肉が付いています(耐久性に関係ない箇所で)

バルブは全長を0.5ミリ短縮 外径も0.5ミリ小さくして

今は販売していないSPLカム(モリワキ製?)に対応

2gの軽量化は簡単に出来ます(丸い物は回して削れるので)

INバルブの首部を「ウェスト加工」して細くしているのも見かけますが、

ピストンに接触すると「一発」で曲がりますので、絶対やりません

カーボンを落として、バルブを磨いて摺り合わせして終了

こんなヘッドをYオクに出したら売れるかしらん?

そのマシンは「和室」に保管中 出番は無いので「思い出」だけ

翌年ヘッドは造り替えたが、タイムは出なかった(1年で燃え尽きた・苦笑)

チタン材などの高級素材を使わず軽量化しました

GASタンクもアルミパイプから作った キャップはオイル缶用(パチンと嵌めるヤツ)

結果、車重は50kgを切っているので、簡単に持ち上げられます

このエンジンで多くを学び直しました 良い経験でした(嬉)

「くろくろ師匠」に感謝m(__)m

 

XE50改82の試走と慣らし運転

金曜日, 11月 4th, 2016

風はやや有るが、今日も穏やかなお天気である

昨日に引き続きXE50改82エンジンに載せ替えて試走

タイミングライトを当てると進角しない レバーシャフトがサビていた

Nランプも付かない? シフトドラムに付く銅板が無かった

「レース」専用にしていたので、外していたのを忘れていた

仕様を忘れない様にケース上に書いておく(見た目じゃ判らん)

いつもの周回コースを4周回って慣らし終了(20km)

プラグが真っ白 吹けも息つきするのでMJを上げないとねぇ~

クラッチも滑る 古い部品なので仕方ないが、対策しないといけない

トルク/パワー共申し分ないので、しばらくこのままで行く

今まで組んだ「50系」エンジンの中で最強!かも(嬉)

霞ヶ浦湖面には波が立っているが

お天気が良いのは気分がよろしい