趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

TL125ペガサス-2のACGローターを重くする-3

12月 25th, 2016 at 10:34

早速交換する 特に難しい作業では無いので20分程で完了

斜めの部分は、メインシャフトBRG部外側ケースの膨らみを逃がすためなのが判る

いつもの湖畔を試走する 昨日より寒いが風も無く気分良好

確かに低速走行が楽になったし、法廷速度前後のエンジン振動も和らいだ

だが、しかし、ピックアップが鈍い「ダルい」感じになった(予想はしていた)

フロントアップが少しやり難くなったなった気がする(最近サボっているが)

XL125Sのヘッド/カムなので低速が弱いのは仕方ない(中速以上にパワーが出る)

まぁセッティングを詰めれば改善するのだろうが、ここらで終了

普通に走るには問題は無いので、このままで行く(ENG打音が大きい)

う~~ん難しいですね~(低速エンジンは)

さて、掃除でもするかな

 

2 Responses to “TL125ペガサス-2のACGローターを重くする-3”

  1. ワタヤン Says:

    XL125Sのカムで高速化し、重いフライホイルで低速化となんだか訳の分からないエンジンですね(笑)

    まじめに大掃除して下さいね。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    170の排気量では、重いローターを回し切れないですね
    回転上昇が遅いから、アクセルを余計目に開けると、
    プラグが、かぶりやすくなるとかで、良い方向には行かなかったです
    200/250の燃焼圧力の大きい排気量だと、
    ピックアップアップも改善するんでしょうが

    「低速化」では無く「低速の安定化」でしたが、甘く見てました

    ま、何事もやってみたいお年頃なんです(笑・来年10月がEND)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">