趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 3月, 2017

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-3

金曜日, 3月 31st, 2017

空模様も怪しくなりそうなので、早々に載せます

エンジンを始動させてオイル上がりも確認 OK~(排気口をウェスで塞ぎ消音)

キャブのスターターが使えないので何とかしないとね

夕方から明日未明に掛けて雨予報

作業が早く仕舞えて良かった!7時前から始めて8時半に終了

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-2

木曜日, 3月 30th, 2017

エンジンの状態は、フィルターの汚れ具合を見るとある程度判断出来る

スラッジ等も極めて少なく、良い状態である(中古エンジンでは、タップリ溜まる)

遠心フィルターをキレイに掃除して、網フィルターは内側からエアーを吹いて終了

クラッチのフリクションディスクが、やや古く摩耗も少しある(2.75ミリ程度)ので

中古良品(2.90ミリ以上)に交換する プレートの摩耗は無い

XR200のスプリングを組んでいるので、滑りは無かったが、念のため

オイルポンプも外してOリングを確認 「440刻印」を再確認

クラッチ側は、全てOK~

ヘッドを外して燃焼室確認 茶色で乾燥しているのでBestに近い

ピストンヘッド裏にオイル焼けが無いので、MJをもう少し薄めに出来るかな?

ピストン/シリンダの当り部分を軽く磨く TOPリングスキマも0.3ミリ以下でOK

ピストンのピン穴に少し帯状のキズが有るので、磨く(ピストンピンも)

バルブを外して摺合せを行う 漏れ確認して終了

軸受部はキレイだが、カム山のEX側に、いつものキズが発生しているので

油砥石で修正して、#400のペーパーで磨く

ロッカーアームのスリッパー面にはキズは無いので、カム山は通常の摩耗だ

クランクのガタを確認して、ピストン/ヘッドを取り付ける

乾いたカーボンは取り除かないが、ピストンサイド(TOPリング上)は除去する

カムチェーンの固着も無い(伸びも無い) 少し張り気味に再調整

バルブクリアランスを少し多めにする(ネジの角度で調整/シクネスゲージは使用しない)

大きな不具合の無いエンジンでした 特に交換部品した部品は無し

やはり3時間程度しか走っていない感じである

明日車体に載せて、始動/オイル上がりを確認したら完了だ

本日は、7時半から10時半まで3時間で終了

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-1

水曜日, 3月 29th, 2017

4/16がLOCの初戦(筑波)なので、そろそろ整備しないといけません

昨日、クランク加工した帰りに引き取って来て、エンジンを降ろします

ワイヤリング箇所が多くて、結構面倒な作業となります(1時間も掛かった)

無事降ろし終えて、明日早朝から中身の確認をします

’15シーズンから合計2時間も走っていないはずなのですが、さて?

ポイントカバーを見ると「2号機」と判別できます(嬉)

作業してると、道行く近所の方が「壁の色が良いですね~」と褒めてくれる

私が選んだんですよ~、とニコニコしながら返事します(笑)

いよいよ、レースもシーズン突入~ですね(ワクワク)

 

XE75のクランク軽量化-1

火曜日, 3月 28th, 2017

ピリッとしないXE75改88エンジンのクラックを軽量化して吹け上りを改善したい

素材は、以前買った腰下から外した物を使います

振れを取り、50のクランクと同じ様に削ります 外径84.5ミリまで削り込む

50系は、2015/6/15に3個削っている(全部組込済)

90系クランクと違って、旋盤作業だけで済むので楽勝です

久しぶりの加工は楽しい!

ライトデザインの小嶋社長には、いつもながら感謝深謝m(__)m

真冬の様な昨日とは違い、春らしい穏やかで暖かい1日でした

また明日も頑張りましょう~

CB125Sエンジン-3号機の組立-6(カム/ピストン交換)

水曜日, 3月 22nd, 2017

試走しないまま保管して有ったCB125Sエンジンのカムとピストンをノーマルに戻す

ピストンは純正0.5ミリOSの新品を「122cc」刻印のシリンダにボーリングして組む

簡単に「124cc」シリンダを使えば良いのに(未使用品を在庫してます)

「122cc」刻印シリンダに拘るのは、流石は無限さんです(笑)

バイアルスのOH用に準備していたが、TLはもうOHしないので、こちらに使う

ヘッド自体はTL125バイアルスとの違いは無いが、

手持ちの125用には、2種類有る(補強リブ部分が違う)さて?

YオクにCB125Sの車体出品は、たま~に見かけるが

エンジンは「SL125SE」に載せ替えてあるのがほとんどである

CB125Sのエンジンは、「レース用」に取られてしまったみたいだ

私のCB125Sレーサーエンジンは、RSCヘッドを載せて、さらにSPL部品満載

このエンジンは、クランクケースをeBayにて購入して手持ちの部品を組んだノーマル

過去eBayではケースを3個/クランク2個/XL125(K0,K1)ヘッド2個を買った

全て「形」になって活躍している 「無駄な在庫」にはなっていない

ミッション/CB125JX(383)、ACG/CB90、ガバナー/ポイント関係/CB125JX(383)

ヘッドのEXスタッドも短い 他にテンショナー下部の取付を加工して、

カムチェーンテンショナーの外れ対策としている(LOCのレース用に実績有り)

ノーマルとの違いは、以上の数か所で、はぼオリジナル状態だ

貴重なエンジンなので高値で売れないかなぁ~

ついでに手持ちのカムシャフトの整理確認を行う

新品カムも数点有るので、OH時に比較出来るのが良い

CB125S(324)CB125S(RSCキット)CB125JX(383)XL125S(437)が新品

そろそろ、CB125系エンジンの実働確認しないと(4基も有る)

今日は、気持ち良い日和なり

XE50改82-2の試走-9

月曜日, 3月 20th, 2017

「キタコ82ccキット」を組んだままのエンジンをXE75に載せて確認する

空キックを数十回やってオイル上がりをチェックした後、簡単に始動(嬉)

排気量が近いのでキャブセッティングもXE75改88のままで行く

低速から高回転まで問題無く吹け上がり、実に軽快に走れる

軽量クランクでも低速は犠牲になっていない

ノーマルカムなのだが、高回転でもビンビン回る

いままで組んだ82ccキットの中でもBestかもしれない

キタコのキットは、ノーマル然とした外観に好感が持てる(目立たないのが欠点?)

プラグの焼けも完璧で好調さを見て取れる(中古プラグ)

14インチホイールにTL50のFフォークを組んでいるので、「チョッパー風」に写る

中身の見えないエンジンの仕様は、ケース上に書いておくと便利

ヤフオクに出品しました

「XE50 82cc エンジン」

宜しくお願いいたします

ここんとこ湖畔は、人間駆動のBikeだけで走っていたので

エンジン付Bikeの偉大さを再確認(笑)

日差しは有るが、走ると空気は冷たく感じる

本日は「春分の日」なり

今日もBikeを漕ぐ 疲れる~(笑)

日曜日, 3月 19th, 2017

運動のためとは言え、非常にツライ

5kmを往復した(風が有る)ヘロヘロになったのでしばし休息

近所の公園の水飲み場に蛇口が無い(上向きの)

下の蛇口はワンコがペロペロ舐めているのを見たことがあるので飲めない

そろそろ「飽き」てきた(苦笑)

今日もBikeで散歩

木曜日, 3月 16th, 2017

キャリアも仕上まで出来たので、近くの公園まで運んで行き(運搬テストがてら)

少し風が吹いている湖畔を往復10km程走破 気分上々(笑)

少しずつ、走らせ方が判ってきた

急加速はしないで、ダラダラと走るのが良い(すぐ息が切れるんで)

風も冷たくなく穏やかな1日でした

Bike を載せて散歩

日曜日, 3月 12th, 2017

昼飯も食べずに作業して、キャリアがなんとか付きました

テストでいつもの湖畔近くの公園駐車場まで運んで、2kmのコースを往復

行きは向かい風だったので、きつかった

さて、JD06エンジンも販売終了したし、残りは何を?

まだまだ、XE50/CB125JX/NSR等が、たんと残ってます(笑)

Bike de 散歩

月曜日, 3月 6th, 2017

NETで調べて、あちこち微調整して走る(変速機構が面倒)

走る以外の装備が何も無い(AutoBikeもこんなにならないもんか?)

フレームは「レイノルズ520」鋼管で出来てます 車重11kg弱 片手でホイッ

いつものテストコースを2km真面目に漕いだら、ゼーゼー(その後30分休憩)

少し慣れて来た スピードを出すと安定する(低速では油断できない)

記事にならない「ホビオ」の細かい作業のあと走行

曇り空/無風 良いコンディションだった

小径ホイール車らしからぬ、フレームワークが気に入っています

小さいので「サーカスの熊さん」みたいかな?

「飽きる」まで楽しみます(笑)