趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 4月, 2017

CB125JX(J)エンジン-10のロッカーアームを交換

日曜日, 4月 30th, 2017

ポート加工はやっていないが、12000辺りまで回すため(回るはず?)

ロッカーアームは軽量化した物に交換する(一応「レーシングエンジン」なのでね)

往復運動する部品は軽くするのが「4ストエンジンの基本」(と習った)

以前、サイコロン号の125エンジン用に作った物で、気合を入れて削った最軽量品

上も下も先っぽもボルト頭も削るが、横は削らない(CB125Sはもっと削る)

寸法は問題無いはずなのだが、念のためバルブ/ピストンスのキマを再確認 OK~

気になる事は、無精せず確認する(確認しても他のミスは発生する・苦笑)

明日、サイコロン号に載せているJBベースエンジンと載せ替える予定

そろそろ、5/4のモテギの準備をしないとね

NSR250Rの「GW」動態確認

土曜日, 4月 29th, 2017

もう2ヶ月も動かしていなかったが、今日も快調に走ってくれる

リアタイヤにオゾンクラックが発生してきている 山は「バリ山」なのに(笑)

「盆栽」バイクって感じ?動くから違うのかな

寒さを全く感じない 良い季節だ 何処も混んでいる

CB125JX(J)エンジン-10のピストンを交換

土曜日, 4月 29th, 2017

どうやら後期エンジン(JB)と思い込んでいたエンジンが初期型(J)と判明した

過去の記事を読み返していて気が付いた (燃焼室にスキッシュが有るし)

先日買ったエンジンに続いて2基目だ(泣きそう)

ただ初期型ヘッドにもウエダレーシングのハイカムが組める事が判明(良かった~)

再度ヘッドを取って確認する  バルブ間のスキマは0.8ミリ有るのを確認

すでにウエダレーシングのレーシングカムも組込んで有ったので、ヘッドはそのままだ

ピストンをXR200⇀TLR200に交換して圧縮比を下げる(XRだと13以上?)

後期ヘッド(JB)だと燃焼室容積が大きいのでXR用を組むのが良い

元々別なエンジン用に加工していたので、バルブの逃げを追加工すれば使える

ピストンピンのオイル穴面取り/ピン両脇の穴も抜かり無く加工している

バルブ/ピストンとのスキマは1ミリ程を確保するため、更に深く掘り込む

未加工ピストンを加工するより時間が掛かってしまった

TOPリング合口スキマは0.3ミリでOK

点火時期/ポイントスキマを調整して終了(XL125のノーマル)

ポイントカバーの「125」に黒色を入れて、

中身の諸元を書き直して置く(書き切れない・笑)

8時から10時半まで掛かってしまった やれやれ

今日も良い天気 5/4も良い天気を期待(予報は「晴」・嬉)

 

CB125JX(J)エンジン-10のクランク/オイルポンプを交換

金曜日, 4月 28th, 2017

ノーマルだったクランクを、昨日加工した軽量クランクに変更

XL125のACG/ガバナーに交換するためポイント周りをOH

オイルポンプを「437」→「440」に変更する  フィルターの「段付」も確認

クランクを交換したので念のためバルブとピストヘッドのスキマを確認 OK~

クランク側のカムスプロケットの圧入位置が微妙に異なるための確認作業

ヘッド/シリンダを交換した時も必ず行う

サイコロン号のエンジンと交換して「モテギ」で走る予定

内容はケース上に記入 ヘッドの中はノーマルのまま

ポート加工もロッカーアーム加工も行っていない

このヘッドは「JB」では無く「J」と判明した(4/29)

午前中の作業で終了 お天気最高~

CB125JXエンジンのレース用シリンダ/クランクを加工

木曜日, 4月 27th, 2017

TLR200のシリンダを6ミリ短縮する(少しミスした)

シリンダは切込量が小さいので時間が掛かる(チャックのクランプが弱いので)

次にCB125JXのクランク2個を軽量加工する(直径112ミリ⇀100ミリ)

丸く削るだけなのだが、コンロッドを避けながら削るのが難しい

私の技量だと、少し削り残しが発生するので、(カウンターウェイト部)

バランス部をカットした後に手加工で仕上げる事になる

15/85ミリ振り分けの弦でカットする(バランス率は関係なく経験値で決める)

2年前のモテギで焼き付いたもの(右端)と同じ寸法にした(4個目)

その後、金鋸で切るのに50分/個掛かるので腕はパンパンになる(大噓)

コンロッド大端部の中に切り屑が入り込まないちょっとした工夫が必要だ

ニードルベアリングに入ると少々厄介なのだ(外に排出出来難い)

サンダー等の使用も厳禁(金属の切り屑よりベアリングを痛めるので)

サイドのボールBRGにも、切粉がかからない様にする

洗浄は出来るので問題は無いが、手間と洗浄液が勿体ないのでね

これらの使い道は決まっている 今後の記事に登場します~

11時から5時半まで無駄話もせずに作業 あ~疲れた(小嶋社長Thanks!)

往復に2時間掛かるので、ちゃんとしたリーマン気分(笑)

CB125SレーサーのFフェンダーを塗る

水曜日, 4月 26th, 2017

「RCカラー」のカウリングなのだが、Fフェンダだけーは「赤」である

「シルバー」で無いと雰囲気がイマイチなので、交換したい

別のフェンダー(CB50S用)にプライマー/プラサフを下塗りしシルバーを塗る

何とか色はのったが、すぐ剥げそう~ 「物は試し」

誰かさんと違って、「銀塗装」も「シルバー塗装」も苦手だ(笑)

CB125JXエンジン(J)-9号機のヘッド汚れ落し-6

水曜日, 4月 26th, 2017

手持ちの別なヘッドと較べると、フィンの「リブ」が違う

金鋸刃で汚れを落としバルブシートとポートとの段差を削って整える

バルブシート付近はバルブ当り面にカッターが接触しない様に気を使う

ポート形状自体の削りはやらない 「中子」のバリやズレを修正する程度に留める

大きいポートなので、広げる必要は全く無い(と考えるている)

ずっと曇り空 気温は22℃有るが、肌寒い

CB125JXエンジン(J)-9号機の腰下磨き-5

土曜日, 4月 22nd, 2017

エンジンOH作業の中で、一番大変な作業「ガスケット剥がし」をサラッと終え

外観を洗浄/塗装剥がしをやり、簡単にみがいた

8時から11時まで作業 曇り空で少し涼しい

CB125JXエンジン(J)-9号機の腰下分解(良好)-4

金曜日, 4月 21st, 2017

腰下もバラす 遠心フィルターのスラッジも少なく、大変良い状態

カウンターシャフトのクラッチ側は「ニードルBRG」支持なので、後期型ENGなのだが?

今Yオクに出品されてるのも近いS/Nなので同じかな?(入札してます・笑)

作業してると、雨がパラリと降って来た 早すぎるよ~

割るのは玄関に中になってしまった

明日も雨予想 困ったもんだ

XE50/CB125JX用の「ニコイチ」でレース用Fサスを作る-2

木曜日, 4月 20th, 2017

洗浄して新品のオイルシールを組み、5W30のエンジンオイルを115cc入れて完成

スプリングは125JX?のを切った物だった 切口を上にする

押してみると、シコ~シコ~と良い感じ! 上手く行った(4セット目?)

風が無く日差しが強いので暑い

10時前だが、早々に終了~