趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-4

4月 1st, 2017 at 9:11

CR33キャブのスターターの「ノブ」を上に押し上げる事は出来るが

押し下げる時に、上部に指が掛からなくて操作出来ないでいた

過去、スターターを使わず液体洗剤のスプレーでファンネルからGASを吹き込んでいたが、

いまいち不便で有ったので、改善した(自分の走行会でも困っていた)

ノブの上部に2ミリの穴を2つ開け、ステンワイヤーを通し、下げ用のリングを吊るす

試作2回で上手く行った!(嬉)矢印のロッドが止まるまでノブを押し上げ

エンジン回転が安定したら、リングに指を入れてロッドを引き下げる

この方法は超~簡単で、我ながら大満足(自画自賛)

キャブとフレームとのスキマが全く無いので、リンク機構は入らないんですよねぇ~

さて、準備OK~

今日は寒い(雨、気温8度)

4 Responses to “CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-4”

  1. ワタヤン Says:

    なるほど、これは簡単で良いアイディアですね。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    有難うございます
    今日、サーキット前のライトデザインに運んで、始動してみました
    上手く操作出来ました 本番でも問題無さそうです 
    私のサイコロン号とレーサーにも採用します

    この方法を考え出すまで、2日間掛かりましたとさ(笑)
    つい難しい方向にむかっちゃうんですよね~

    困っている方も是非試して下さいね(無償提供ですよ・笑)

  3. ワタヤン Says:

    私ももっと複雑な方法を考えてしまいそうです。

    ところで、走行中リングが振動してキャブに当たって異音が発生しないでしょうかね?

  4. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    難しく考えるのは「サガ(性)」でしょうかね
    リングは2gも無いので音はしません(正確には、聞こえません)
    当たる先には重要な部品は有りませんので問題無しです

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">