趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 7月, 2017

ハンドルグリップに貫通穴をあける

土曜日, 7月 29th, 2017

随分と昔にモトメンテ誌?に紹介されていたのだが、グリップゴム端に穴を開ける

セパハンの端の内側をヤスリで鋭く砥いで「刃(ポンチ)」を作り、

パイプにグリップを差し込み木片を置いて、反対側からトントンと叩くと

端が貫通し、真ん丸な穴があいた 上手く行った(嬉)

この黒いパイプは「空冷TN360」のチェンジパイプを流用した物で、

大昔のセパハン製作の材料だ(自分で溶接していた・笑 しかもアーク溶接で)

朝から曇天だが、31℃で蒸し暑い

こんな作業をやるだけでも、今日は充実した1日だと感じる今日この頃(笑)

元気にやってます-4

木曜日, 7月 27th, 2017

記事更新(公開)も無いのに、毎日大勢の方のアクセスが有り恐縮至極m(__)m

Yオクで売れ残ったFフォークの部品を集めて(旧パイプ径27ミリは共通部品多数)

CB125JX(初期型・中古シール)を組立てました(ケースCB50JX-1用黒塗装剥離)

XE50(オリフィス1個)は昨日の作業分です(R&pケース黒塗装剥離・磨き済)

バラバラの部品で保管しないでASSYにしておくのは、部品紛失対策で~す

並べて見ると、パイプ長さが丁度25ミリ(1インチ)違う事が判ります

上:CB125JX(ディスクブレーキ) 下:XE50(ドラムブレーキ・ダストカバーは非正規品)

(JX用にパイプガイドを入れ忘れて、翌日再分解して組み込んだ・苦笑)

不安定な天気で小雨が降ったり止んだりする合間を縫っての作業

7時から8時半まで掛かった 毎日何かしらの作業を推進中

「秘密のプロジェクト」はライトデザインの小嶋社長多忙の為、遅れています

ただ、どうも頭の中で考えていた形にならないので公開は微妙です

納得出来ない物は他人には見せられません(小嶋社長もイマイチと・笑)

NSR250R・銀テラ「梅雨明け」の動態確認

土曜日, 7月 22nd, 2017

朝8時ですでに30℃を越えているが、

月一で動かしたいので気合を入れて走る事にする

キック数発であっけなく始動 気分良い目覚め 夏は楽で良い

近所のいつものコースを20kmほど走る 水温は70℃まで届かない

走っている分には、風も爽やかで気分がヨロシイ

蓮田にも「花」が咲いて極楽浄土みたいだ(行った事はないが)

サイクリングロードとして有名らしい此処は、早朝からサイクリストがちらほら

散歩時に後方を注意しないとかなり危険(ラジオを聞いていると判らない)

1時間ほど周遊して帰還すると、すでに35℃付近

今日は、作業なし エアコンの効いたリビングでクタッとしている(笑)

元気にやってます-3

月曜日, 7月 17th, 2017

関東は連日猛暑が続いております (雨が降らずカラッカラ)

朝7時から作業すると9時には、いつもの玄関前作業場に日が差し始めます

熱~い 暑いです 汗だくになり、水を飲んでもすぐに発散します

工具/部品が熱くなって触れなくなったら終了 9時半が限界です

夕方も気温が下がらないので作業出来ません

こんなお天気ですが、何故か体調はすこぶる良好

梅雨時に毎日有った頭痛も無し 朝の散歩/ラジオ体操もバッチリ!

ある人の説によると「湿度」が関係してるらしい(あくまで仮説です)

私の場合、湿度より気温の上下が大きいと不調(季節の変わり目)

寒暖が、はっきりしていれば大丈夫みたい(真冬/真夏は元気)

猛暑はもう勘弁ですが、体は至って好調です

さて今日も「汗だく+加齢臭少々」で、頑張りましょう(笑)

更新(公開)も無いのに毎日たくさんの方のウォッチ有難う御座いますm(__)m

元気にやってます-2

水曜日, 7月 12th, 2017

日差しが強いと工具/部品が熱くなるので、昼間の作業は出来ません

午後、日陰になる頃にゴソゴソとやってます(2時間程)

週1日だけ、ライトデザインで溶接をお願いしています(小嶋社長Thanks!)

屋根のあるスペースでは、楽々と作業が出来きてシアワセ(アイスも美味しい・笑)

「秘密のプロジェクト」も随分進みましたが、公開するまでは至っておりません

気温の上昇と共に作業ペースは落ちていますが、

「熱中症」にならないギリギリで頑張ってマス ハイ

125ピストン あれこれ TLからRSCまで

火曜日, 7月 4th, 2017

記事更新しないとウォッチャーの方に申し訳ないので、

手持ちのピストンを並べてみました(最近、友人とのやりとりが有ったので)

上1個 ①XLR125R(56.5ミリ、ピン上長さが異なるので別物と考える)

中 左より(凹→凸の大きさ順)

②TL125(K0/K2/TL125S/JD03)K0/K2は56ミリ他56.5ミリ(中央凹み)

③CB125S/CD125S/SL125S(56ミリ)フラットな形

④CB125JX(J、56.5ミリ)周りにフラット部位が有り

中央部が僅かに凸部になっている(凸部形状は、丸みを帯びている)

気を付けたいのは、ピストンリングの厚みが1.5ミリ(前期)/1.2ミリが有る

但しJA/JBは右端のXL125S(XL125R)と同じ部品

⑤TL125(JD06)56.5ミリ 周りにフラットな部位が有るが、

凸部が角張り、中央は平になっている(バルブの逃げも小さい)

⑥XL125S(XL125R)56.5ミリ フラット部位無(CB125Jに組むと圧縮比向上)

下1個 ⑦RSCキット 56.5ミリ(画像中の「56」は間違い)

宜しく~(無限さんも、たまに間違います CB125JXがヤヤコシイ)

台風が来るとの事で、雲行きが怪しい

蒸し暑いので「除湿」の部屋でマッタリ~(笑)