趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

XL/TLエンジン 低回転時の異音対策や如何に

8月 15th, 2017 at 5:51

基本的構造はCB125JXも同じですが(CBはインナーローターの違いが有る)

低速(アイドリング含)でのゴトゴト音が中々消えないとの質問が有りました

私のTL125ペガサス号(JD06改170)でも同じような異音の発生が有り

クランク(中古)まで交換しましたが、解決には至っておりません

低い回転数で感じるので、アレコレ考察するのですが、

中古部品をやりくりしても解消しない事がほとんどです

それ以前にカムテネンショナー/タペットスキマの調整を実施済なのは言うまでも有りません

他のエンジンで、クラッチアウター(ギア)を交換したら異音が減った事は有りますが

外したクラッチアウターのギアを見ても違いが判りません

もしかしたらクラッチアウターに組まれているダンパーゴムの劣化かも知れません

旧車レースや走行会に使用しているCB125改167エンジンは排気音の大きさも有り

異音のチェックは全く確認しないまま、12000回転までぶん回しているので

機構的な問題は無さそうな気がします

とは言え、エンジンからゴンゴンと音が聞こえると良い気持ちはしません

中古50系エンジンのほとんどから、低速時にゴトゴト音が聞こえます

どなたか、ご自分で解決された方がおられましたら解決方法を教えて下さい

もう自分のエンジンを直す気は無いですが、他のオーナー様の参考になります

なお、別なJD06改175cc(中古改造)エンジンは、ボアアップして

クランクバランスを崩しているにも関わらず、新品並の静かな個体です

エンジン弄りも極めて奥が深いです

21 Responses to “XL/TLエンジン 低回転時の異音対策や如何に”

  1. ワタヤン Says:

    エンジンの異音対策は難しいですね。
    私も色々やってみましたが結局解決しませんでした。

    まあこんな物だと自分に言い聞かせ、聞こえないふりをすることで解決しました(笑)
    使用上なんの支障もないですからね。

  2. 爆音隊長 Says:

    cool無限様
    直接の質問に対してのご回答ありがとうございます。
    この異音をクランク周りかミッション周りか判別のために、一度クラッチハウジングを外してエンジンをかけて確認して見たいと考えますが、ご意見をお願いします。

    また、別の質問になりますが、xl125sのエンジンをバラしたところ、ヘッドにE2の刻印がありました。
    燃焼室も125の物より、大きい様に見えます。
    もしかして、XR200のヘッドではないかと思ったりしますが、ヘッドカバーには、デコンプがありませんし
    やはり、xl125sのヘッドでしょうか?

  3. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    そうなんですよね~
    私も「こんなもんだ」と自分に言い聞かしていますが
    少し悔しいです(もう20年以上やってますが解決出来ません)
    まぁ、他人に自慢出来ないのだけが難点です(笑)

  4. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    クラッチを外してのエンジン始動は考えた事も無いです
    実験されて結果が判りましたら、結果を教えて下さい

    XL125S(XL125R)、XL200、XR200 の3機種共
    同じバルブ/バルブスプリングを組んでいます(PLで確認済)
    デコンプ装置の部品以外は同じ物と考えて良いはずです
    XL200/XR200はピストンのTOP形状を変更して圧縮比を変えています
    以前3機種共手元に有ったのですが、全部Yオクで売れてしまいまして
    燃焼室の確認は出来ないのですが、恐らく同じ形状です(自信有)
    刻印「E2」は良く見ますが、あまりアテにはなりませんので
    あくまで燃焼室形状とバルブの大きさで判断します

    デコンプ無のヘッド(125用です)もそのまま200に組めますが、
    始動手順が面倒ですね(毎回上死点を探さないといけないので)

    先日Yオクに出品したヘッドがXL125Sヘッドにデコンプ付のヘッドカバーを付けたものでした

    CB125JX初期型の燃焼室は、XL125Sより小さく(バルブも)
    燃焼室の外周部にスキッシュエリアが有ります
    少しバルブ径も小さいですが、同じハイカムを組んでも
    パワー的な違いは感じられませんでした(モテギにてのスポーツ走行)

    大きい燃焼室(スキッシュ無)は、どうも185/200用に考えられたもので
    125には少し大きすぎる気がしている今日この頃です
    排気量(使用目的)に見合ったヘッドが一番ですね

    キャブの代わりにFIを装着した最新のエンジンだと
    圧縮比の高いベースエンジンをコンピュータ制御にて
    いかようにも変えられるのでしょうね

    ただ、CRキャブ/ポイント点火ほどの弄る楽しみ(悩み)は無さそうです(笑)

    てな事で、こと左様に皆さんキャブセッティング/異音には悩んでおられます

  5. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    ん?
    クラッチを外したら、キックが出来ない(押し掛けも)
    クラッチセンターだけ付ければOKかな?
    いやいや そう簡単にできるかな??
    どなたか、試してみて下さい
    自分でやってみたいですが
    ず~~っと雨なので作業出来ません

  6. 爆音隊長 Says:

    そーいえばそうですね〜
    チョットアイディアだと思いましたが、そうは問屋が卸さないでした。クランク回せないですねぇ!
    この案は、廃案ですね。

    もう一つ質問があるのですが、
    カムチェーンガイドのことですが、微妙に曲がりが違いますが、曲がりの大きい方が、下側で良かったでしょうか?
    まだまだ、シローとなので
    よろしくお願いします。

  7. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    ミッションの回転を止めるのなら
    クラッチの「具」の部分を「カラー」を製作して代用すれば行けそうです
    が、比較用の予備部品(クラッチアウター)が揃ってないといけませんね

    「チェーンガイド」は前方の「真直ぐな」部品です
    質問は、後部に付く弓状の「テンショナー」の事ですよね

    最悪のテンショナーは「S字」に曲がってました(ブログのどっかに画像有り)
    だいたい、上のカムスプロケット側の摩耗が多い物が普通ですので
    OH時再使用する時は、摩耗の少ない方を上に(逆に)します

    表面がガリガリ削れてなくて「わだち」だけでしたら
    再使用に支障は有りません(過去新品を使用した事なし)
    表皮が剥けていても、そちらを下側にすれば大丈夫です

    究極のチューニングではカムチェーンの外側(テンショナーに当たる)を鏡面仕上げして
    テンショナーとの摩擦力を減らす方法も有ります(やった事はない)
    そこら辺は、中古部品の摩耗は「程良い」塩梅なので
    カムチェーンは「コマ固着」が無い限り、再使用出来ます(やってます)

    旧車レース用は、OH毎に固着が無いか確認します(なかなか切れる事はない)
    中古部品は「初期伸び」を考える事が無いので初期再調整がいりません

    数をこなさないと、なんでも覚えないものですね

  8. 爆音隊長 Says:

    CooL無限様
    ありがとうございます。組む時テンショナーの上下で何時も迷ってました。ネットを徘徊しても、情報を得られずマニュアルにも記載が無く、きっと曲っている方がテンショナーの調整方法から考えて下に違いないと自分に言い聞かせて組んでました。やっと霧が晴れました。

  9. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    訂正です

    >OH時再使用する時は、摩耗の少ない方を下に(逆に)します
             を
    >OH時再使用する時は、摩耗の少ない方を上に(逆に)します

    摩耗の少ない方を「上」にします

    頭の中では、きちんと考えているんですが、書く時に間違いました

    「摩耗」については、「ワダチ」が深かったら交換でしょうが
    何でもかんでも新品に交換しても仕方ありません
    趣味のバイクなので距離は伸びないのでOKです
    その分「点検調整」をマメにやれば良いだけですね

    自分の所有バイクのサービスマニュアル/PLは全部揃えています
    最近では、めったに見る事はないですが、手元に有れば安心です
    NSR/CBR関係はS/Mを見ないとお手上げです

    「機械いじり」は工具の使い方から始まりますが
    長年やっていても新発見は多いですね

  10. 爆音隊長 Says:

    CooL無限様
    訂正の件了解しました。ありがとうございます。当方もNSRの89式を所有してますが、今年は、一度もエンジンすら掛けてません。休みの日は、中々自分の時間が作れず色んな事が頓挫しています。乗っているのは、通勤のcb90だけです。
    ところで、ずっと疑問があったのですが、TLR200のクランクは、XL200やXR200より重たいのでしょうか?ネットを徘徊すると、同じという情報と違うという情報があったりしますが、ホントのところどうなのでしょうか?
    TLRの程度の良いエンジンもありますが、フライホイルを約1kg軽量してあるので、ひょっとして腰上次第で、XRと同等の性能になるのか興味があります。

  11. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    貴兄もNSR’89所有ですか!
    私は6年前に酔った勢いで買ってしまい
    アレコレ直して来ましたので、相当な諭吉さんをつぎ込んでます
    今は、Yオクでのパーツも高くなりました(もう買えません)

    単体では、XR/XL/TLR共ほぼ同じ重さです(BRGの違いが有りますが)
    ACGローターに「おもり」が付くかどうかの違いが有ります
    XL/TLRは、1kgの錘が付いていますので低速のスムーズさを確保しています
    XRは、中高速重視なので、「おもり」は不要です(レスポンス向上)

    TLR200の「錘」を外して(切り取って)TL125のローターに付けたので
    1kgに間違い無いです(測った)
    170ccエンジンでは重すぎてレスポンスが悪かったです
    ACGローターのテーパー部が太い/細いとか、BRGが違うとか
    色々あって正確には判りません(以前は全部持っていたんですが)
    さらにXR/XLには前期/後期型が有るので
    細かい違いの全てを把握している訳では有りません
    P/Lでは追えない部分です(現物を比較しないと判らない)

    TLRのヘッドはスキッシュが有る分、圧縮比が下がります
    バルブも125と同じです(CB90も同じ径。長さが異なる)
    もちろんカム形状も違います ポートも細いです
    点火時期の進角特性も異なるはずです
    腰上をそっくりXRに交換すれば、良いですが
    次に吸排気が細いので中々同等の性能とは行きません

    以前XR200のエンジンをTL125に積んでテストしましたが
    パワーは結構感じられました(125のACGが付いたので)
    XLも試しましたが、自分には無駄なパワーでした

    今の所、自分のJD06ベースの170(172)にボアアップしたものが
    一番合っていますね
    改造エンジンは作るのは簡単ですが、セッティングがやっかいです

    上の文章を書いていても、混乱してしまい
    「正確さ」は保証出来そうに有りません(苦笑)
    が、大体合っているはずです
    どなたか間違いを見つけられたら、コメント下さい
    但しご自分で現物にて確認された情報だけお願いします

  12. 爆音隊長 Says:

    CooL無限様
    ご回答ありがとうございます。クランクの重さは、やはり同じなのですね。了解しました。
    今、とっても静かなTLRのクラッチハウジングをXLに組んでエンジンを始動したばかりですが、音は変わりませんでした。
    5速のギアが、逝かれたエンジンだったのですが、(Yオクの出品物でしたが、出品者の説明にはないものでした。)その破片やクズが、エンジン内に行き渡った物だったので、交換した部品だけでは、不足だったかもしれません。といっても、指でベアリングを回して確認したところでは、特に異常は見受けられなかったので、比較的悪いと思われる、ベアリングと各ギアを中古部品と交換しました。クランクだともっとジャージャー音するでしょうし、ピストンもXRのヘッドとカムに合わせて、逃げの加工をしています。(貴兄さまのブログを参考に)ヘッド部分とは、考えにくく音はどっちかというと右側からしている様な気もするのですが
    通勤に使う物なので、途中で止まるのも怖いです。
    クランクがTLRの物も変わらい様ですので、TLRにXLに組んだピストンやシリンダーを組んだ方がいいかもしれません。チョット前迄ノーマルシリンダーにXRヘッドカムを組んでましたが、何故か100キロ位迄はスッと出るのですが、それ以上は、やたらと回らなくなりますね。
    これは、XL125Sの170エンジンも同様です。どちらかというと、最高速はCB125JXが一番かもしれません。
    もちろん、加速は全く違いますが
    この高速域のモアパワーを求めてアレヤコレヤとやっているのですが、中々うまくいきません。もちろんこれは、気分の問題で、100キロも出たら十分で、常に最高速で走る訳ではないので、必要ないといえば必要ないのですが、モヤっとします。アクセルを開ければ、その分出る
    そんなエンジンを求めてこんな状態です。
    貴兄さまと同様、170エンジンが軽く回り一番がいいと思います。CooL無限ブログに出合いすっかりハマってしまいました。エンジン数は5機あります。少し処分しなければ
    軽く回って、速度も十分出るエンジンが1機とCB90のノーマルが在れば十分なのですが(笑笑)
    午後から、TLR組み換えしたいと思います。

  13. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    絶好調のXLR200Rも120km出すのは大変です(出ないかも?)
    12000回しても大丈夫なエンジンですから、
    あれこれ工夫する余地は、まだまだありますね~

    昔、CB90JXだとメーター読み110は出ましたね(89ccで)
    今は、もう無茶しません(危なくってね)

    90系は、50系より楽しめるかも知れませんね
    50系の耐久性は、ちょっと劣ります(丁度10kg違う)

  14. 爆音隊長 Says:

    CooL無限様
    異音の件で、追加報告があります。
    あれからTLRの腰下に、ボーリングしたシリンダー一式を組み換え積みなおしましたが、同様の異音が発生しました。もともと静かなエンジンだったので、これはヘッドかシリンダーしかないと思い再度タペット調整するも変わらず、ちょーどシフトシャフトのオイルシールをバイク屋に取りに行く予定があったので、一時ボーリング失敗のスラップ音を疑いましたが、サウンドスコープで確認してもらったところ、それもなし。アイドリングが不安定なので、まずはキャブ調整をちゃんとしてみたら?との意見でした。そのうち、慣らしも終わり全開にしたところ、1速でもやっと9000回転
    ボーリングによる、点火が合わなくなったのかと思いカム側の点火に切り替えると、レーシング音が全然違いました。アイドリングも安定しています。音も消えました。

    結局、よく調べてみると、ピックアップの配線が逆という
    落ちでした。

    思い込みは怖いですね。
    しかし、逆につないでもエンジンかかるのですね。
    吹けも悪く、燃費も悪い、速度も80キロがやっと
    どうやら、異音は、アイドリング不安定のバッククラッシュ音だったようです。
    ジェット交換などものすごい時間と手間を無駄にしました。
    この度は、大変お世話になりました。ありがとうございます。
    また、色々教えていただけると幸いです。

  15. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    ピックアップでしたか!
    低回転の2ストみたいに不安定な燃焼になるんですかね

    私はエレキ関係にはとんと疎いので、全く気が付きませんでした
    NSR関係では、ピックアップ不良が有るとの事なので
    予備部品を確保してますが、まだ大丈夫な様です

    大昔、CBのレース用でも走行中にエンジンがSTOPしてしまう現象が有り
    原因がイマイチ掴めなかった事が有ります(当時としては最新のCDI)
    キャブセッティングだろうと、あれこれやりましたが、改善せず
    今でもあの現象を思い出す事が有ります
    (レース中だったので、いまだに悔しい限りです)

    今は走行会用CBは全て「フラマグ・ポイント点火(XL流用)」にしていますが
    公道走行のバイクは、そうも行かないですね

    貴重な修理報告有難う御座います
    他のユーザー様の、ひとつのヒントになると思います
    こちらこそ大変勉強になりました
    有難う御座いました

  16. 爆音隊長 Says:

    Cool無限様
    アイドリング不安定は、不発がチョコチョコあったり、クランクの回転が一定では無く、アクセルオフで、アフターファイアーが出るというものでした。
    慣らしが終わって、全開にして初めて点火系を疑いました。アフターファイアーは、、170エンジンの時から出てたので(安物マフラーのせい)全く眼中にありませんでした。CDIの進角不良を疑い、カムのピックアップにして、純正CDIを使う事で事態は解決したのですが、一時はCB125用に作ったフルトラ点火への変更も考えていました。何せ怪しい中華製カブ用の物を流用、キャブはPWK28と不安定要素は、盛りだくさんです。
    不調が治ってからは、軽い吹けあがりとパワーを感じます。170エンジンと遜色無いです。何方かというと回転上昇は170エンジンに軍配が上がりますが
    ケッチンも無くなりました。TLRの腰下にしてからは、大分マシでしたがxl200の時は、エンジンをかけるのに、恐怖を感じるほどで、手動デコンプにしてましたが、今では、サンダルでもかける事が出来ます。
    好調になると、4スト用なのですが、PWKキャブのアイドリング時の濃さが出て、信号待ちなどのアイドリングが続かなくなりました。不調時の方が、アイドリングの継続は良かったです。カッタウェイを薄いタイプに交換する必要があるのですが、高くて買えません。
    こんな感じです。

  17. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    配線が逆だと、コイルからの起電力の±も逆になり
    その後の信号処理が難しくなった様な感じですね
    +電圧が欲しい所、-電圧が入力されるため
    ピックアップ先端が、凸部から離れる時に発生する
    +の低い起電力で動作するみたいなので
    特に低回転での出力電圧が閾値を越えないで
    パルス不足に陥るみたいな(もう私の理解を越えています)
    (NET検索で勉強しました)

    キャブの種類については、どうにも決まらないです
    色々使っていますが、満足できるキャブに巡り合っていません
    キャブの動作を理解していないせいも有りますね(独学ですから)

    また、何かありましたら教えて下さいね

  18. 爆音隊長 Says:

    Cool無限様
    xl200 のアイドリング不調の際にありがとうございます。

    今、xl125のボアアップエンジンを分解整備をしています。元々170にボアアップされた物を中古で手に入れたのですが、オイル漏れがありカウンターシャフトの偏摩耗のあるもので、やっと中古のミッションを手に入れたので交換作業開始です。オイルが少ない状態で回していたらしく、コンロッド小端に変色が見られますが、リング隙間も0.25でシリンダーの状態も良く、カムの摩耗は激しいですが、中々良さそうです。ピストンもハイコンプの物が入っておりラッキーでした。
    ここで、質問なのですがカムチェーンに赤いペイントのマークがありますが、こちらが外側で良いのでしょうか?内側に向いたエンジンが、結構あります。ネットで調べても外側の意見しか発見出来ません。宜しくお願い致します。
    また、CB90のリアスプロケットが結構減ってまして、交換したいのですが、見つける事が出来ないので他に互換性のある車種をご存知でしたら、教えて下さい。

    蛇足ですが、xl200のミッションを修理する際に中々中古が手に入らないので、USパーツリストで検索したところ、ATC185と同じギア比と解りこれを探して手に入れました。この際、カウンターシャフトが5mm短いのが解り125と同じ長さでプレート重ねずにチェーンラインをだす事が出来ました。ご存知の事とは思いますがご参考までに

  19. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    ロッカーアームのスリッパー部に摩耗が無ければ
    摩耗したカムシャフトでも、ヤスリ等で研磨したら充分使えます
    そもそも、カム山自体はロッカーアームより柔らかい材料になっています
    片側を柔らかくしていないと、オイルで潤滑しても焼付きが発生します

    ちなみに、旧車レース用の社外品カム(CB125JX)は材料が硬すぎて、
    4レース(2時間)で部分的に焼けてしまいます
    ので、油砥石でその都度研磨しています

    潤滑の良し悪しは、ヘッドのカムシャフト受け部の摩耗程度で判断します
    特にカムスプロケット側の摩耗状態によります
    此処がOKで有れば、他の部分(例えばクランク)が、ダメだった事は過去有りません
    コンロッド小端部の焼け/傷があってもピストンピンを入れた状態で
    ガタが無ければ、ほとんど使っています(ガリガリはNG)

    カムチェーンの向きは、全く気にしていません(固着しか確認しません)
    構造的に回転方向の向きが有るはずがありません(絶対に)
    ペイントは単純に「機種」の判別だけだと思います
    在庫の中古部品(20本程)には「ペイント」は有りませんでした
    ただ、クラッチスプリングには、「ペイント」されています
    機種により強さが変わります(主に自由長さですが)
    量産ライン組立で間違わない様に処置されているんでしょうね

    CB90のリアスプロケットは一体ヘッドだと「41歯」でしたっけ?
    別体ヘッドだと「37歯」ですね
    両方とも1個ずつ在庫は有りますが、販売は出来ないです
    社外品(AFAM)で有ります(走行会用に34歯を2個買いました)
    CB125JXと同じです(品番10201・黒ですが)

    カウンターシャフトの長さも数種類有るのは確認しています
    後輪の整列(前輪に対して)が揃っている必要も有ります
    レース関係者でも「前後輪」の整列に対しては無頓着ですね
    私は必ず「目視」にて確認しています(ON/OFF限らず)
    1回確認すれば、スイングアームの「刻み」の「ズレ」も確認出来ます
    ズレを考慮した「刻み」の位置で調整出来ますからね
    ただ「整列」が揃っていなくても、なかなか体感は出来ないです
    まぁ「基本」的な事だけですので(頭の中での)

    爆音隊長さんの技量(スキル)の高さに驚きます
    「友人知人」「ブログ友」のなかでも、5本の指に入りますね(優秀側に)

    また情報が有りましたらお知らせください

  20. 爆音隊長 Says:

    Cool無限様
    貴重なご意見大変参考になります。ありがとうございます。
    cb125 用で探してみます。このくらい古くなると,こういう消耗品に苦労しますよね。タイヤにしても、サイズ的の厳しくビジネスユースのタイヤしか手に入らなくて、残念です。現在、1サイズ大きい3、00のTT100を装着してますが、センタースタンド立てても接地してしまいます。パワーロス的にも結構あるようです。まあ、コーナーを攻めるような事はCB90では無いので、ビジネスユースでも良いのですが…..
    Cool無限様は、どの様なタイヤを選んでますでしょうか?

  21. CooL無限 Says:

    爆音隊長さん
    CB90に履いているタイヤはドリーム50用の中古で
    サイドにヒビが有り、そろそろ交換したいところです
    太いタイヤは履きたくないので、2.50-18で探しています
    苦労しそうです

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">