趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

NSR250R(’89)のノーマルFフォークをOH-4  試走確認

9月 3rd, 2017 at 11:49

外したSP用フォークのダストシールに割れが有った 摺動部にサビは無い(中央2本)

目立つサビは三つ又のサビ跡で有る クランプ間のパイプに少し点サビがある

押した感じでは、少し減衰力が弱くなった感じがする

TOPのボルトが中々緩まなくて、1mのエクステンションパイプを使ってやっと緩んだ

車体から外してからだと回せなかったかもしれない

銀テラ(SP)のFフォークには、ハンドルストッパーリング溝が1本しか無いが

今回OHした物には2本ある TOP側(上から60ミリ)にハンドルをセットする

2本溝は「’89ノーマル」だけかな?(P/Lにて確認)

スプリング/カラーは’88(J)みたいだが? はてさて判らない

交換後のFフォークはちゃんと作動し、突き上げも少し減った様だ

スピードも上げていないので、大きな変化は感じないが安心はできる

スプリング調整ネジは、イッパイまで締め込んだ(車高が落ちたのでので)

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">