趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

NSR250R・SE(MC21)用Fフォーク(ジャンク)を分解確認

9月 14th, 2017 at 11:43

減衰力を調整できるFフォークを勉強のために欲しくて、

MC21SEのジャンク品を購入 上が「ガリッ」と削れており、

調整部が回せなくて、分解出来るか不安だったが、何とかバラせた

右側が苦労した分解したイ調整部分 中身のネジ部は無事なので問題はない

ただ、パイプが少し曲がっているので、真直ぐに伸ばせられるかどうか?

下部のCAPボルトやオイルシールは、マニュアル通りスムーズに分解出来た(超簡単)

シールのオイル漏れも無く、スライダー摩耗も少なく再利用する(新品は使わない)

赤いATFオイルの汚れも無く あまり走っていない様だ(転倒して破損?)

勉強代としては少々高価だったが、機構内部を確認出来て良かった(嬉)

どうも「クリック感」を出す部品(3ミリボール)を紛失してしまった

抑えのスプリングもサビ付いていたので、ほじくったら伸びてしまった

片方(右側)は「クリック感」なしで行く(キャブと同じだ)

全長は’89と同じだ(9/16確認した)

曲がりをシクネスゲージで簡易に計測すると、

およそ、0.5ミリ(±0.25)と0.03ミリ(±0.015)だ(9/16計測確認)

これならなんとか修正出来そうだ(嬉)

社外品のアジャスターも有るので、充分復活出来るかな?

7時から11時まで4時間も掛かってしまった

日差しが有って、汗だくの作業

2 Responses to “NSR250R・SE(MC21)用Fフォーク(ジャンク)を分解確認”

  1. ワタヤン Says:

    相変わらず勉強熱心ですね。
    勉強のため今までいったいいくら使ったことか私には想像できませんが(笑)

    フロントフォークの減衰調整機構って私には全く判りません。
    たぶん現物を見ても衰えた私の頭脳では理解できないことでしょう。

  2. CooL無限 Says:

    ワタヤン
    構造を理解していなくて、部品を失くしました
    まぁ無くても大丈夫ですが、ちょっと悲しいです
    これは売れないので、永久保存になりますかね~(悲)

    良く出来た機構ですね
    私では全く考え付かないシステムです~

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">