趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

CD125Sエンジン腰下を確認-1

11月 21st, 2017 at 9:17

クランク/テンショナーの予備部品が欲しかったので買った「SL125SE」刻印のエンジン

読み通りクランク/テンショナーは、摩耗/ガタに無い良品だった

ロータリー4速ミッションが組んで有り、実用性重視の機構になっている

タコメーターが無いので、タコギアの膨らみが無いクラッチカバーとなる

厚みの有る125用のACGローターに、ホルダー用の6ミリの穴をあける

ACGの配線チェックもOK

弱点のテンショナー下部ホルダーのEリングが外れていたので、対策部品を製作/交換

この部品は、過去10個以上作っているが、正解の対策なり(レース用は絶対)

オイルレベルゲージも曲がっていたので、ヒートガン(200℃程)で温めて伸ばす

腰上部品は全部有るので、1基に完成する(これで予備部品を使い切る)

エンジンが増えたが、一体ヘッドエンジンの部品取りに使えますからご勘弁を(笑)

霜が降りた寒~い朝だが、日差しが出れば背中はポカポカ

7時から9時まで作業 

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">