趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 12月, 2017

NSR250Rのフロントブレーキ確認

金曜日, 12月 29th, 2017

ディスクを交換して少し走ったので、パッドを確認する

その前にエアー抜きするが、エアー噛みは無し

パッドの残量は充分あり、偏摩耗もほとんど無しで問題無し

パッド摩擦面を駐車場のコンクリで軽く削って組込む(昔の人間の修正方法)

まだカチッとした感じが出ないので、もう少し馴染ませる(走行不足?)

効き自体は良いので、ステンレスメッシュホースに交換する気は全く無い

早朝から大掃除(の真似事)をやった後、風が左程ないので30分程作業した

NSRもまだまだ整備が必要だ(エンジン以外はかなりやっているつもりだが)

CB90R(仮)フレームの製作-58 RパネルVer.2を組む

火曜日, 12月 26th, 2017

少~し印象が変わった感じがする 右:Ver.2

導風板(?)が欲しくなった(いずれは)

余分に削った部分も良さそうだ ツルン♪としていて、好みの形なり

引き摺りは減ったが、まだ慣らしが必要だ

ブレーキアームはTLR200用のアルミ製  レバー比でも有利

外回りの掃除を1時間半程やった後に作業(1時間)

早朝は零下にならなく、作業も楽で良い

勢いでホビオも拭いた(水洗いは、めったにしない)

 

NSR250Rのフロントディスク(’88)を装着し試走

土曜日, 12月 23rd, 2017

早速、装着して近所を15km程試走した

良い感じだが、まだパッドが馴染んでないので、これからナラシて行く

Fフォークスプリングを締め込んで少し硬めにしたが、まだ弱いので何とかしたい

サスはMC21SE用の減衰力調整タイプ(オリジナルは、オイル交換して保管中)

外したディスクは左右の摩耗程度が異なっていた ヤフオク出品(格安にて)

今日も正午近くになると気温が上がり、バイクで走っても寒くない(慣れた?)

大掃除を少しやってから、10時半から11時半まで作業して試走

NSR250Rのフロントディスク(’88)を塗装焼付

金曜日, 12月 22nd, 2017

現在、2016/1/6に塗装した’88用ディスクを装着しているが

元々、摩耗の大きい中古部品たったので買い替える事にした

走行1600km強(ホント?)との事だったので、イチかバチかで買ってみた

外観は汚いので、価格もキレイな物の半分程で落札(画像は剥離/磨き済)

届いた部品は、確かに「’88」用に間違いない(違いは、以前説明済)

2枚共に摩耗量は、0.10~0.12ミリで、商品説明に間違いなかった(嬉)

標準値4.0ミリで、限度値3.5ミリ(ディスクハブ部に刻印有り)まだまだ使える

左がパッドの当たらない縁部 右がパッド当り面

塗装を剥離して、磨いてマスキングして半艶黒塗装

石油ストーブで強制乾燥(エンジン用の耐熱塗料なので)

12時から2時半まで掛かった マスキングが一番面倒だ

午前中は曇り空で寒かったが、午後は穏やかで作業も楽だった

大掃除も少しずつやっておりまする(笑)

CB90JX夜間充電用SWを交換と移動

土曜日, 12月 16th, 2017

2013/6/10に左SWを交換した時、夜間充電用のSWをライトステーに付けていたが

汎用品で室内用なので接触不良が発生した  NSRのキルSWに交換する

純正部品は、やはり安心だ 向きを反対にして誤動作を防ぐ(前:ON)

ACGの黄線と白線を結ぶだけの物だが、ヘッドライト使用時の電流増加用

ノーマルSWは一体に組まれているが、このSWには切換線が存在しない

12時から13時まで、サクッと作業

風も無く気温も11℃と少し高いので、日陰でも寒さは感じない

CB90R(仮)フレームの製作-52 後パネル穴加工

金曜日, 12月 15th, 2017

フロントパネル程のスペースが無いので、4ミリの穴を6個あける

後部にも開口部を設ける リアブレーキは、あまり使わないのでOK~

磨いてクリア塗装して、葉っぱの落ちたキウイ棚のパイプに引っ掛けて乾燥

8時半から11時まで作業 苦手な磨き/塗装が済んでやれやれだ

日差しが無く 手がかじかむ

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-3 スプロケット交換

日曜日, 12月 10th, 2017

B3用(383と共通)ミッションだと37Tだが、(383は35T)

TOPのレシオがロングなB2用(324と共通)は41Tとなるので交換

チェーンも2駒長い物に交換   チェーンオイルがベタベタで大変

早朝の気温は、-2℃ 霜/氷がバリバリ

作業を始める9時には日差しが有り、作業も進む

11時には終了したが、意外と寒さが和らいできていた(予報通り)

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-2 始動

金曜日, 12月 8th, 2017

BAT充電が終わったのでエンジン始動 プラグの火花を確認してキック

古いGAS(1年半以上)なので目覚めは悪いが、しばらくすると安定する

元々調子の良いエンンジン/キャブだが、まだ大丈夫だ(キャブのGASは抜いて保管)

直ぐにオイル上がりを確認し、テスターで充電状況も確認 OK~

チェーンオイルを差して試走に備える(そうだ、ファイナルも交換しないと37T⇒41T)

バックステップ対応のキックペダルはCB500Tか何かの物を流用 具合が良い

自賠責が10月で切れているので、試走は来週かな(保険無では走れない)

改造してから20年経過 この期間多くのエンジンテストをこなした「良い子」だ

あちこちに塗装剥げが有り、そのうち車体もキレイにしてやりたい

30分ほどで終了 日差しも無く、超~寒いのでさっさと済ます

午後から雨予報で夜には雪が降るらしい

スタッドレスタイヤに交換していて正解

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-1 載せ替え

木曜日, 12月 7th, 2017

B3(改167cc)をB2(92cc、0.5OS)エンジンに戻す

左:B3 右:B2  オイルクーラーは外した 新品オイルをいれてキック

が、BATが弱いので火花が飛ばない 充電して明日始動

今日も、寒かったが穏やかな天気 作業も進む

なんやかんやで、9時から12時まで作業 寒いが頑張る(笑)

CD125Sエンジンを組立-5 ミッション交換

水曜日, 12月 6th, 2017

5速だけ少しロング(SL 0.851 /XL 0.814)で、

他のギアは同じ減速比のXL125K2のミッション一式と交換する

そっくり「セット」で入れ替えれば、何も問題は無い(90系の軸間は全て同じ)

キックギア関係もXL用を組む 指差し部位のガスケットを切り取る必要がある

これで折畳キックペダルも無事取付けられた(嬉)

M6⊕ネジも少しキレイな中古品に交換

カムテンショナーも摩耗溝の浅い中古良品に交換

CB125J(383)のピストン/シリンダに交換している(排気量122⇒124cc)

ピストンヘッドが盛り上がっているので(SL125Sは、フラット)

圧縮比は、ノーマルの9.5から10.5ほどに上がっているはず(計測は面倒なのでパス)

パンチが有りそうな雰囲気のエンジンになった SL125Sより「上」かも?

「部品取り腰下」のつもりが、

あらら、しっかりした「完成エンジン」になっちまった(誰か要りますか?)

「部品取り」としても組立てて置けば、場所を取らず紛失も無く安心です

10時から12時まで作業

気温は低いが、穏やかな天気で作業も楽だった