趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 3月, 2018

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-12

木曜日, 3月 22nd, 2018

リアタイヤの逃げを取り、全体の形を仕上げてから、マスキングテープを貼り

凸凹部にパテ(樹脂+粘度調整剤 少し粘度が高くなる)を塗りたくる

10時から12時まで作業 空模様は怪しいので速攻でやっつける

明日には形になりそう(嬉)

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-11

水曜日, 3月 21st, 2018

外観の仕上をやり始めたが、後端が気に入らないので「尻尾」を付ける

大急ぎで(お空が怪しい)FRPの切れ端から4個のパーツを切り出す

マスキングテープで固定してからFRP/グラスウールで内側を接着する

寒いのでヒートガンで熱して硬化を促進させる(化学反応なので)

硬化したら表面の凸凹をパテで埋めて、不要箇所をカットして完成か?

雨予報なので7時前から8時半まで作業

気温は5℃以下なので、ヒートガンを当てていたら、

ポツポツと雨が落ちて来た セ~~フ(笑)

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-10

月曜日, 3月 19th, 2018

どうも左右対称でないのが気になるので、三角部品を作って接着する

前面下のR部分を荒仕上したが、サイドのエッジが気になる(弁当箱みたいで)

塩ビパイプを1/4に割って内側で型取りしたR10程の細長いパーツを作り

削り込んだ角部にマスキングテープで仮留して内側から樹脂で固める

慣れないFRP加工は難しい(臭いと粉塵が困る)

カウル取付のアルミ板は、仕上が終わるまで外して置く(リベット)

これで形状は良さそうなので、表面の凸凹を埋めてベースの完成かな?

7時半から11時半まで作業 曇り空だが寒くは無い

中腰の作業は疲れます~

午後、FRPも硬化したので、マスキングテープを剥いで「丸み」を確認(矢印)

OK~良さそうだ 下のロッキングブロックは朝の作業の削りカスで白い

何だか、歪んでるな~ 組立は確認しているので問題は無い

明日から木曜まで雨予報 やれやれ

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-9

日曜日, 3月 18th, 2018

アンダーカバーのFRPも硬化したので、カウル下にアルミ板を介して取付ける

アルミ板に「刻み」を入れて微妙な「ヒズミ」に対処する

位置決めが微妙でアンダーカバーの端を修正しながらの作業が難しかった

が、まぁまぁ上手く付ける事が出来た(嬉)

右側のネジも2本にしたかったが、カウル下が歪んでいるので仕方ない

友人が跨っていたので、靴が写ってしまった

天気がハッキリしないので、仕上げは雨上りにやりたい

FRPの削りカスが飛散するので、湿度は高い方が良さそうだ

7時半から10時半まで作業 中腰の姿勢が続いたので腰が痛~い

取付たので、細々とした修正は残っているが、先ずは一安心なり

もう少し手を入れてカッコ良くしたい 乞うご期待!(笑)

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-8

土曜日, 3月 17th, 2018

RS125用アッパーカウルの切れ端を、昨日作った「紙ベース」の形に切り取り、

それを両面テープで貼り付け、突合せ部をFRPで接着したのち、

内側の「紙ベース」をはぎ取って外側にマスキングテープで「目張り」して、

更に内側から突合せ部をグラスウールとFRPで補強する

R部は「短冊」状に切って繋ぎ合わせ、硬化してから滑らかに仕上げる

一応FRPベースは出来たので、ひと安心だ(嬉)

角ばってしまったのは仕方ない(下側なのでOK~?)

白色のゲルコート面なので仕上げる部分が少なくて助かる

たまにしかやらないFRP作業は、もうタイヘ~ン

7時半から30分の昼食を挟んで2時半まで作業 う~~~ん疲れた

気温は低いが風が無いので作業は楽だ

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-7

金曜日, 3月 16th, 2018

両側がおかしいのでパーツ変更

「ハリボテ」の内に変更した方が、後々楽なり

小雨模様なので、ホビオ号の荷室からバイクを降ろせないままで作業

30分も掛からなかったが、腰が痛い

午後にかけて降雨予報で、屈んだ作業が続いたので「骨休み」で~す

コイツもそのうち「カタチ」になるだろう!と楽観しているが、さて?

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-6

木曜日, 3月 15th, 2018

難航していたアンダーカバー(オイルトレー)も目途が立った

厚紙にて形状を作り、アルミ薄板で補強してFRP面はマスキングテープを貼る

ちょっとエッジが効き過ぎだが、ベースさえ決まればFRP成型後に修正は出来る

カウリング下端を2cm程切り取ってアンダーカバーと合わせる

チェンジロッドが下側に1cm程出っ張るが仕方無い

後方から覗くと、エンジン形状に倣って最小断面になった(嬉)

昨日分は捨てて作り直して正解だった

オイルトレーの容量も充分確保している(1Lは有るはず)

RC115/116のオイルパンに似てる~!(と気づいたのは無限さんだけ?笑)

7時半から12時まで作業 初夏の気温なので汗びっしょり

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-5

水曜日, 3月 14th, 2018

0.7ミリのアルミ板で貼ってみたが、どうもイマイチ 詰めが甘~い

明日作り直しだ やれやれ

7時半から11時半まで作業 日差しが強く初夏みたい 3時で22℃

かがんでの作業は、腰が痛~い

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-4

火曜日, 3月 13th, 2018

FRPかアルミ板で作るにしろ、エンジンとの間にスペースを設けないといけない

エンジンオイル漏れの「オイルトレー」になるのだが、市販品は無いので自作する

エンジンに直接粘土を盛ってFRPを被せればいいが、そうは簡単ではない

ホンダ純正のアンダーカバーが有ったので、あれこれ工夫して取付

これから、切ったり足したりしてベースを作って、

その下に粘土で造形しFRPを貼り、さらに修正する

前部は良い感じの形状 左右に盛れば良さそう

後端もフレーム下部まで覆える形になった

「オイルトレー」の壁も簡単に立ちそうだ RC115より恰好良く作りたい

大昔は「オイルトレー」の装着規則はなかったが、近年の旧車レースでは必需品

自分でもオイルを漏らして助かった事が有ったので、ちゃんと作る

8時半から13時半まで作業 18℃の気温なので暑い

久し振りに腰が痛くなるまでやった やれやれ

CB90・R Ver.2 フルカウル装着(B案)-3

月曜日, 3月 12th, 2018

特大「XXLサイズ」のヘルメットが納まる様に、スクリーンを大きくカット した

少し「ユガミ」は残るが、走りには関係ない 前方を3cm程削り過ぎた

これで、タンク上にピタッ!と伏せて走ることができる(嬉)

こう見ると、車体のコンパクトさが判る(ヘルメットが、デカ過ぎ?笑)

まぁこんな感じかな 膝が当たる後端部分も8cm程カットした

なんとか、足も動かせそうになった が、幅は少し狭いかな?

フロントフォークが当たる内側の部位も削った関係で、外側もR形状にカットされた

エンジン下が上がっているので、軽快な印象!良いねぇ~

アンダーカバーは、このスペースを埋める形状で新作する事にした

後部のステー穴を2cm上げてあけ直した OK~

前方下の小さい穴は、エンジンに接触する箇所を削った

カウルが5mm程内側にセット出来るのでね(こんな所に拘る)

8時から10時半まで作業 FRPを削る作業は、細かいゴミだらけになる

無風で日差しが強く、今日は暑~い(笑)