趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 4月, 2018

CB125JXシッカマン号 リアブレーキロッド折れ原因と処置報告

火曜日, 4月 24th, 2018

断面を見ると、今回一気に折れたのではなく、徐々にクラックが進行していた模様

中央はCB90(CB125JX)用なので、この車体に組まれた物と同一部品

この車体のスイングアームはTL125の少し長い物を組まれており、

ブレーキロッドも長い物を使用すべきだったが、CB125のままだった

ブレーキパネルの位置がロッドを曲げる方向になってしまったストレスが原因と判断

TL125用を入手して交換し、ブレーキパネルを正常位置に戻す

これでノーマルの位置関係となって、問題解決としたい

エンジン確認のため自宅にて作業

CB90R専用エンジンスターターの試作-4

日曜日, 4月 22nd, 2018

最終段のギアが届いたので並べる

同じ大径ギアを2個連結して距離を稼ぐ

モーターとのスキマも充分確保出来て行けそう

この配置で回転方向は合うはずだ(モーターは「CW」)

歯形も大丈夫だ(大径ギア同士の噛合いが、心配だった 「転位」がね)

CB90・R Ver.2 チェーン交換/体重測定/名札

日曜日, 4月 22nd, 2018

16Tの415用スプロケットが入手出来たので、

45年物(!)の415用レーシングチェーンと交換(未使用品2セットを持っていた)

「レーシング」なので「初期伸び」は無い(少ない?)

ホイール側も36Tの415用アルミスプロケットに交換(鉄スプロケットは37T 少しロングになった)

チェーンには「ハンマー」を吹き掛けて置く

車重測定も行う 前:33kg 後:34kg 合計67kg(前回70kg)

シート/チェーン交換で3kgの軽量化を達成!(嬉)?)ん?消音器が無い(0.8kg)

強度を確保しての軽量化が基本(ドリル穴による軽量化は好みでは無い)

シートカウル後部に名札代わりの「無限ステッカー」を貼る

益々「バックシャン!」になった

30℃近い暑さなので、午後日陰になる駐車場で作業

CB90R専用エンジンスターターの試作-3

土曜日, 4月 21st, 2018

ボールBRGとSUSシャフトを購入 シャフト径もややマイナスで、良いあんばいだ

追加部品待ちだ

あれこれ考えないといけないが、得意の「現物合わせ」で行く(笑)

CB90・R Ver.2 エンジンボルト交換

土曜日, 4月 21st, 2018

アンダーカバー(オイルトレー)のステーを共締めしているが、

六角ボルトをCAPボルトに交換して整備性を向上させる

シート座面が小さくで痛そう~(笑)

昨日頑張り過ぎたので、今日は作業無し 暑くて敵いません

CB90・R Ver.2 シート交換

金曜日, 4月 20th, 2018

MTRのシートは、カウリングと合わないので、小型のレプリカシートに交換(CS90用?)

シルバーを塗って、カッティングシートを貼って「それ風」に誤魔化す

スポンジが少しズレたのはご愛敬(笑) 無限さんのいい加減さです

シートカウル裏のスペースが無くなったのでBATと整流器はタンク後部下に移動

配線隠しにカバーを付けた (ステッカーがステキ~)

BAT端子の接続確認が出来るようになってOK~

もう「RCタイプ」にまっしぐら(あと赤く塗装すると!ん~やらない!)

モテギは消音器無しで走る ちゃんと折り返しが付いたメガフォン形状

排気量が小さいし圧縮比も低いので、爆音にならないのが、少し残念

朝7時半から午後4時まで作業(昼食/買い出しを含む)

風も無く良い天気 汗が出る程の暑さだった

XLR200R フロントディスクを交換

火曜日, 4月 17th, 2018

先日ビードストッパーを組んだ際に,パッド面の「うねり」が気になったので交換

厚み3.1ミリ前後は、使用限度3.0ミリに近いので良い交換時期だ

Yオクで良品中古ディスクを購入 「うねり」も無く厚さも3.3ミリ有って充分だ

取付ボルトにネジロック剤を塗って組立 レバータッチもカチッとなった

正午から1時間ほどで終了 曇天で雨がたまに落ちたりする 涼しい

CB90R専用エンジンスターターの試作-2

火曜日, 4月 17th, 2018

追加購入の部品が届いたので並べて見る

上手くモーターを避けてレイアウトできそうだ(嬉)

が、良く見ると最終段の軸がモーターに近いので再検討が必要だ

チェーンは使用しない予定(伝達効率の関係で)

CB90R専用エンジンスターターの試作-1

金曜日, 4月 13th, 2018

CB90Rの製作は一段落したので、次なる「試作」を構想/実験中

毎度の押し掛けも面倒なので、専用のエンジンスターターが欲しくなった

圧縮比が低い小排気量なので、大したトルクは要らないだろうと踏んでいる

「MD33のセルモーター」と「足踏みSW」を買う BATとリレーは在庫品を使う

簡単な回路を組み回転させると、しばらくして回らなくなる(最高6500rpm)

モーターを分解したら、1個のブラシが動かなかったので分解掃除/給脂する

他も清掃/給脂゚した ボールBRGなしだが、シーリングはしっかりしている

組立ててSWを踏んだが、リレーが反応しない BAT上りになった様だ

午後、2時間ほど作業 良好な天気なり

夕方にBAT充電完了したので、接続してSW-ON

無負荷8500rpm(フリクションも減った!) 数秒はBAT端子電圧10.5Vをキープ

期待が持てそうだ 昔、機械を設計/試作していた時代を思い出した(懐)

「大排気量/高圧縮エンジン」には使えません(167エンジンも無理!)

あくまで「CB90R専用」ですから、真似は出来ませんよ~(笑)

「成功予想」も5分5分の「お遊びプロジェクト」です

TL125 Fリムにビードストッパー装着(1/30作業)

木曜日, 4月 12th, 2018

TL125には、いつ装着したっけ?と確認したら、

あっ!記事アップを忘れていました(CB90R製作と並行作業だったんで)

1/30に交換作業した画像が有りました

西の御人、ちゃんと組んでいましたよ~ 有難う御座いました

これでエアー圧を落としてもOK~(チューブがズレないで済む)