趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for 12月, 2018

NSR250R・銀テラ 走り納め

月曜日, 12月 31st, 2018

いつものコースを快調に1周 快晴無風寒さMAX でもOK~

今年も無事に終わった メデタシメデタシ

来年も良い年で有ります様に(パンパン・ペコペコ)

NSR250R 小型メンテスタンドを改造-2(確認/塗装)

月曜日, 12月 31st, 2018

凍て付く駐車場で機能確認 OK~

キャスターローラーを外して、黒に塗装 ハジキも気にしない(笑)

夕方に組立 キャスターは目立たなくなった Good!

今年もこれで「弄り納め」

 

NSR250R 小型メンテスタンドを改造-1(キャスター/取っ手溶接)

日曜日, 12月 30th, 2018

汎用の大型スタンドは別に持っているが、

中空のアクスルシャフトにスタンドシャフトを通す小型スタンドは、何かと便利だ

これにローラーを付けると便利さがアップする(セット時マシンが前後に動かない)

ホームセンターにスタンドを持参して、固定型キャスターの最適なサイズを選び購入した

位置決めし溶接部のメッキ/塗装を剥ぎ、ライトデザインに行き溶接して貰う

小嶋社長Thanks!

ついでに、Uボルトも買ってネジ部を切り取り後部に溶接する

取っ手が有れば便利(本当は、無いと大変困る事になる)

何とかうまく行った(嬉)

自分で使うので「見てくれ」は気にしない(機能優先)

明日、実車確認後にサビ止め塗装したいが、寒いので出来るかな?

NSR250R ’89エンジン腰下2基

火曜日, 12月 25th, 2018

ちゃんとした腰下も2基有る(エンジンスタント取っ手の色は薄緑)

さて、どうしたもんかな?(苦笑)

クランクシャフトのストッパーピンが当たる部分は無事(ここが食い込んでいると×)

NSR250R  ’88エンジンと’89エンジン

月曜日, 12月 24th, 2018

随分前に組んだ「OH済’89エンジン」と、程度良で買った「’88エンジン」

そのまま置いていたが、来年には何とかしたい

車体からエンジンを降ろすのが面倒臭そうな雰囲気だ

左:’88 右:’89   スタンドの取っ手部の色が違う

今日は天気も良く大掃除も捗るが、

どうも風邪を引いたみたいで悪寒がする

サイコロン号の「RSCタイプ1:6.5タコメーター」動作確認

木曜日, 12月 20th, 2018

CB90JXのタコメーターケーブルにつないで動作を見る スムーズに動く OK~

サイコロン号の「RSCタイプ1:6.5タコメーター」制振ゴム交換

水曜日, 12月 19th, 2018

「RSCタイプ1:6.5タコメーター」が付いていたホルダーには(サイコロン号には使わないが)

上下の部品をつなぐのに、本来「ゴム」で有るべきところなのに

細いアルミ棒が組まれていたので、ゴム(Oリング)に交換する

恐らくタコメーターとの接触を嫌っての事だろうが、「制振」の意味が無い

「ツメ」を起こして取り外し、妙なコーキング材を搔き取る

「ゴム」を付けて、「ツメ」周辺にタッチアップを施して終了~

少しゴムは長すぎた感も有るが、まOKである

正午前の1時間で終了 1時現在で12℃の暖かさだ

CB90JXにCR33キャブが付いた!-17(部品交換)

火曜日, 12月 18th, 2018

新品のワイヤーブラケットに交換

CB90R用に、古いワイヤーブラケットを改造したいのだが?難しいな~

これだけの改造で済まない予感がする やめようかな~ 迷う

左:CB90JX       右:CB90R(CS90改タンク)

CB90RにCR33キャブを付けたい-2(検討-2)

火曜日, 12月 18th, 2018

中々厳しい 通常の位置では、アクセルワイヤーが全く通らない

う~~ん 難しい

ワイヤーブラケットは、通常の位置で全く付かない(これは判っていた)

左:GAタンク(タンクの縁に食込む) 右:CS90改タンク(タンクには当たらない)

CB90RにCR33キャブを付けたい-1(検討-1)

月曜日, 12月 17th, 2018

CB90JXにCR33キャブを装着して、キチンと回る事は確認できたので、

走行会用のCB90Rにも付かないか?を検討する(あとCR33が1個ある)

先日、Yオクで新品のワイヤーブラケットを入手したので、

これをベースにワイヤーの取り回しを変更すれば付くかも~?と考えている

ワイヤーブラケットを変更しても、フレームは上下に短く改造キしているので

CR33キャブ本体は、シートレール/フレームに食込みそのままでは無理だ

斜めにカットしたアルミ棒材をアダプターにして右に10度振れば、

ギリギリ行けるかもしれない(PE28は、5度右に振って取付ている)

さて上手く行くかな? サーキット走行用マシンには、CRキャブが似合う!

午後、ホビオ号に積んでいるCB90Rにあてがってみると、行けそうだ!

降雨で部屋にいると、あれこれと良からぬ考えが浮かんでは消えるが、

自分の技量で実現可能な事は、何でも試したくなる