趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘工具’ Category

XE50のケースを磨く-1

日曜日, 1月 15th, 2017

つい買ってしまった中身の無いケース XE75ケース並みに汚かったので磨く

作業中に回転計が届く 何に使う? タコの無いエンジンにでも

昨日より2℃も低い もう堪らん 足が痺れる 2時間で終了

電気ヒーターで足裏を温めながら記事を編集中なり

快晴で微風 降雪の有る地方の方には申し訳ない程の良い天気です

レーサー用サイドスタンドを改良する(塗装)

月曜日, 4月 18th, 2016

朝塗って午後に組み立て 完成~

レーサー用サイドスタンドを改良する(剛性アップ)

日曜日, 4月 17th, 2016

ネジ部が長すぎてフニャフニャしているので、すぐに曲がってしまった

角パイプを追加して延長し,ガッチリと踏ん張れる様になった

こればっかしは、作ってみないと判らないものだ(少し予想はしていた)

強風のため塗装は明日

230倍拡大の電子顕微鏡(商品名)

金曜日, 4月 15th, 2016

シリンダ内面の「荒れ」を確認したくて買った工具

仕事でも使っていたので、有用性は理解していたが

こんなに役立つとはね! しかも安い(8K以下)

ファイバースコープ/シリンダゲージと合わせて完璧な測定環境かな!

Amazonで購入
サンコー 電子顕微鏡 Dino-Lite Basic E 基本性能搭載 入門モデル 10~230倍拡大可能 DINOAM2101

 

 

レーサー用のサイドスタンドを作る

月曜日, 4月 11th, 2016

ちょっと置いて置くのに便利な、サイドスタンドを作った

ネジ部が長すぎて、やや華奢なので変更が必要

当面の使用には問題は無いので、

そのうち角材部を延長してネジを短くしたい

使わない時は自立する

邪魔な時には何かに掛けて置けるように突起(ネジ)を付けた

モテギて試用してみて、改良する予定

NSR250Rの自作工具製作とエンジンスタンド改善

水曜日, 3月 23rd, 2016

余った2個の自作クラッチホルダーが売れたのに調子こいて追加製作(大笑)

焼けて使用出来ない中古クラッチプレートが6枚(1基分)有ったので

3セットを作った(2枚を溶接して穴を開けるだけだが、結構な手間)

表面の焼け具合が妙に色っぽい(?)立派な「リサイクル」で~す

3個目のエンジンスタンドも買ったので、取っ手を追加して薄緑に塗装

赤/黒/緑と区別出来るが、エンジンは2基しかない(1個は乾式クラッチ保管用)

あれこれ「暇つぶし」のネタ探しの毎日である(笑)

NSR250R・ENG シリンダをシリンダゲージで計測

金曜日, 3月 11th, 2016

中古のシリンダーゲージを買って計測(1回やりたかった)

サビが有ってすぐには動かなかったが、潤滑剤などを吹いて復活

結果、シリンダ上下の磨耗による寸法違いは確認出来なかった

真円度も1/100ミリ以内 ダイヤルゲージでは無理かな

1/1000ミリ台で計測できないとハッキリしない

ま、加工する訳じゃないのでOKだ

見た目のクロスハッチは薄くなっているのだが、寸法はOKなのか?

NSメッキの耐磨耗性はたいしたもんである

天気もイマイチだし(寒~い)足首も治りかけ

こんな作業で遊んでま~す

来週は、いよいよエンジン組立終了である

部品パレットに取っ手を装着

土曜日, 2月 27th, 2016

分解した大物部品を並べる時や、洗浄の時に使う「真鍮製」のパレット

中々使いやすいのだが、持ち運び用の「取っ手」が無いので、追加

会社勤務時の廃却部品を装着、トラスネジが心遣い  バッチリ!だ(嬉)

ここ2日間、チャレンジング~な作業をやっているのだが、

ちょっと失敗続きで、まともな記事に出来ないでいる

成功したらUPします 少し危ない改造です(笑)

NSR250R・ENG用自作工具の使い勝手を検証

火曜日, 2月 16th, 2016

作ったは良いが、使えないとダメなので確認します

クラッチカバーを外して(シリコングリスを塗っているのでガスケットは簡単に剥れる)

クラッチスプリング/プレッシャープレートを外して、フリクションプレートと自作工具を入れ替える

汎用ホルダーを穴に掛けて、センターのナットに27ミリソケットを入れて回してみる

上手く回せた ヨシヨシ!

日陰になると、やはり寒い 作業は「ボチボチ」と進んでいる

NSR250R・ENG用の専用工具(?)を製作

月曜日, 2月 15th, 2016

手慣れた90系エンジンと違って、NSRエンジンのクラッチセンターは簡単に外せない

そこで、中古のクラッチプレートを2枚合わせにして外周を溶接で点付けして、

1枚だと強度が出そうに無いので、重ね合わせて強くした

適当な位置に6ミリの穴を2つあけて汎用のホルダーを使える様にした

これでセンターのナットを楽に外したり締めたり出来る(嬉)

気温3.5度 昨日と較べると20度!!低い(5時には雪が降って来た)

大して寒さを感じなくなっている自分は変?(笑)