趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘50系縦型エンジン’ Category

XE75のクランク軽量化-4

月曜日, 4月 10th, 2017

クラッチの滑りが有ったので、フリクションディスクを計測するが、2.95ミリの新品並でOK

プレートの摩耗も無いので、摩擦面のバリを砥石で均してやる

スプリングに1ミリのシムを追加(何の部品か不明)して初期荷重を増やす

メッキでゴムの付いていないキックペダルを、突起の付いたXL50用に交換

クルクル回るケーブルシャフトが気になるので、工具箱に転がっていたアルミキャップを被せる

プラグの熱価を#6→#8に上げて走行

クラッチ滑りは解消した プラグ焼けも良好 振動以外は問題無い

アイドリングから最高速までキレイに吹け上り、もう1速欲しい位だ

「最強のXE」になったかもね(嬉)

今日は良い天気なのだが、肌寒い

桜も散り始めましたねぇ~

XE75のクランク軽量化-3

木曜日, 4月 6th, 2017

売物のXE50改82エンジンを降ろし、軽量クランクを組んだXE75改88を載せる

走った感じは、軽快さが増したが、法定速度域で振動が出る

これだったら、ノーマルクランクの方が良さそうだ #6プラグでは真っ白

ま、1回試したかったので満足である ケッチンも少し強く出やすくなったし

ウインカーの点滅が弱い BATがダメそうだ(充電回路はOK)

5速全開でのクラッチの滑りも気になった プレートのサビ除去で治るかな?

それとACGローターも軽量化していた(CB用だが)

天気は良いのだが、強風で軽いXEでは真直ぐ走れない

毎日、なにかしら作業が有るので、のんびり出来ない(笑)

XE75のクランク軽量化-2

日曜日, 4月 2nd, 2017

先日削った軽量クランクを組込みます (左側の物・判りにくいですが)

削り残した指指し部の出っ張りが、カウンターウェイトになります

それで50系は簡単にバランスが取れます(90系は結構難しい)

カムスプロケット横のオイルシールが当たる部分は、充分に磨きます(オイル漏れ防止)

ここは、オイルシールに当たる部分に「スジ状」のサビが発生します(100%)

Yオクに出品中の「XE50改82ccエンジン」が売れないと載せ替え出来ません

キタコ52ミリピストン(88cc)、XR80カム(2本線)、軽量クランク、5速

CB用クラッチカバー、タコギア付オイルポンプ、軽量ACGローター(CB50JX-1用)

等がノーマルと異なります 軽快な走りが期待出来ます(XR80より速い?)

朝から暖かく2時間半ほどで終了 良い季節になりました(嬉)

XE75のクランク軽量化-1

火曜日, 3月 28th, 2017

ピリッとしないXE75改88エンジンのクラックを軽量化して吹け上りを改善したい

素材は、以前買った腰下から外した物を使います

振れを取り、50のクランクと同じ様に削ります 外径84.5ミリまで削り込む

50系は、2015/6/15に3個削っている(全部組込済)

90系クランクと違って、旋盤作業だけで済むので楽勝です

久しぶりの加工は楽しい!

ライトデザインの小嶋社長には、いつもながら感謝深謝m(__)m

真冬の様な昨日とは違い、春らしい穏やかで暖かい1日でした

また明日も頑張りましょう~

Ape50ヘッド-2のカムホルダーとカム確認-3

日曜日, 1月 29th, 2017

良品のカムホルダーを手に入れたので、出どころ不明のカムの確認を行う

先日組んでいたバルブスプリングを一旦外して、バルブスキマを「0」にする

カムを回しバルブを回転させバルブ同志が最接近する時のスキマを測る

0.8ミリでOK~ ピストンとのスキマも確認しないといけない

左:Ape50 中:CB50S 右:不明 スロケット側に「S」の印有り(確認対象)

恐らくXR80用と同じ位のタイミングみたいだ(CBよりリフトが1mm多い)

朝から曇天で雨が落ちてきそうな空模様で、大掛りな作業は出来なかった

気温は10℃ 日差しが無いので寒く感じる

PC20キャブのチョークレバーを交換

木曜日, 1月 26th, 2017

CB50S(CB50JX-1)のキャブにはエンジン側の方向に長いレバーが付いている

そのレバーが欲しくてジャンクキャブを買い、外してPC20(D50R用)に取付た

これでパワーアップ出来る(かな?) セッティングが面倒だ

無風だが寒い 明日は15℃辺りまで上がるらしい

Ape50ヘッド-2の組立-2

水曜日, 1月 25th, 2017

汚れを軽く搔き取ってバルブを組む

EXスタッドボルトを付けて終了 暫し保管

 

Ape50ヘッド-2のOHとポート拡大-1

火曜日, 1月 24th, 2017

格安で落札したApe50ヘッドを整備する(送料込で1300円弱)

このヘッドもボアアップの痕跡が有り、バルブ曲がりとの説明が有ったが、

単にステムヘッドにバリが出てガイド穴に引っ掛かっていただけだった

ただ、EXのボルトを1本折ってしまった 苦労して穿り出してヘリサートにて復活

カーボンを落としてからCB50SのINマニに合わせて拡大する ピッタリになった

IN/EX共にバリ/段付き除去程度におさめる

バルブ摺合せして漏れチェック OK~ 「掘り出し物」だった(嬉)

INのキャブ側は結構削る バルブ周りはバリ取り程度 黒マジックの上にケガキ線を書く

EXの出口は簡単に段付きを取る程度 右画像の矢印のネジ穴がヘリサート加工

風が強いし気温も5℃前後 いや~寒い 慣れませんね~(泣)

8時半から11時半まで掛かり、すっかり体が冷えてしまった

XR80の点火装置の実働確認

日曜日, 11月 13th, 2016

Yオクで売れ残った軽量ACGローターとコイルをXE75に装着して確認

タイミングライトにて点火時期/進角を確認 問題無くOK~

コンデンサはACG側ではなく、IGコイル横についています

公道走行用とは、ここが異なります(レーサーですからね)

ACGローターの磁石も半分 点火用発電コイルだけしか付いていません

XE75改88エンジンの調子は良いが、ふと後ろを見ると少し排気煙が白い

まぁ中古シリンダとピストンなので仕方がない

ウインカーが点滅しなかったのはBATの⊖端子が抜けていただけだった

今日はポカポカと暖かい 作業も楽チンなり

ドラッグレース用「50系縦型」ヘッドをOH

火曜日, 11月 8th, 2016

このヘッドは、2003年度SS1/32ドラッグレースで3番になった時の物です

PE24を付けるため、INポートをストレート化してバルブ丸見えです

鋼尺で示している部分で切り落としています(150刻印ヘッド)

EXは控えめにバリ取りと出口側を山型に削るだけ

燃焼室側を0.5ミリ面研(フライス加工ですが)して圧縮を上げます

カムホルダーの「オイル溜」も広げます(この頃「シャワーカバー」が始まった)

ロッカーアームの軽量化は得意とする所ですから、

上部は目一杯削り、カム側はギリギリまで削り、

スクリューは短くして⊖加工し、軽量化穴まであけます

たった5gの軽量化にも大変な手間が掛かります

まだ余分な肉が付いています(耐久性に関係ない箇所で)

バルブは全長を0.5ミリ短縮 外径も0.5ミリ小さくして

今は販売していないSPLカム(モリワキ製?)に対応

2gの軽量化は簡単に出来ます(丸い物は回して削れるので)

INバルブの首部を「ウェスト加工」して細くしているのも見かけますが、

ピストンに接触すると「一発」で曲がりますので、絶対やりません

カーボンを落として、バルブを磨いて摺り合わせして終了

こんなヘッドをYオクに出したら売れるかしらん?

そのマシンは「和室」に保管中 出番は無いので「思い出」だけ

翌年ヘッドは造り替えたが、タイムは出なかった(1年で燃え尽きた・苦笑)

チタン材などの高級素材を使わず軽量化しました

GASタンクもアルミパイプから作った キャップはオイル缶用(パチンと嵌めるヤツ)

結果、車重は50kgを切っているので、簡単に持ち上げられます

このエンジンで多くを学び直しました 良い経験でした(嬉)

「くろくろ師匠」に感謝m(__)m