趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB125JX クラブマン2号’ Category

XLR125Rエンジンのパワーアップ-5

日曜日, 12月 4th, 2016

125のヘッドを被せた燃焼室容量は15cc(圧縮比12.0)

125改ヘッドだと17.5cc(圧縮比10.5)こちらを使う事にする

GASとオイルを混ぜた液体を使う(割合はGAS25%)

オイルだけだと注射器から出にくい GASだけだとピストンリングから漏れる

タゲガワのハイカムを組むので、ピストンヘッドのバルブ逃げを手加工する

結構削り込むので4回目にやっとOKになった

仕上がりも、これまでで一番の出来かな!

ピストン/リング/ピンは、新品を使った

クラッチスプリングはXR200(黄色塗装)を組み強化する

ノーマルより4ミリ弱長い 線径/巻数は同じだ

カムチェンテンショナーのネジ頭がセルモーターに当たるので、削る

で、終了 外観に変化が無いのが「エンジン弄りの悲しさ」かな?

7時半から12時まで掛かってしまった

今日は気温も高く、作業が捗って良かった

XLR125Rエンジンのパワーアップ-4

木曜日, 12月 1st, 2016

昨日「ライトでザイン」にて、XLR200Rのシリンダを削った

最後のシリンダ加工になるので、失敗しない様に注意して2時間以上掛かった

これは、サビが有り使えなくなったオリジナルシリンダを2ミリボアアップしました

「プラトー仕上げ」を追加して、初期慣らしがほぼ不要になります

XL200のピストンのピン上をXLR125Rに合わせて削って使います

XLRは15ミリ、セル無ンは15.5ミリ(たった0.5ミリですが、キチンと合わせる)

圧縮比10.5位が出ると満足なのだが

シリンダ長さを69.1ミリに短縮してTLR200のヘッドガスケットを使う

夕方まで掛かったので、寒さで風邪を引きそうになった(苦笑)

XLR125Rエンジンのパワーアップ-3

水曜日, 11月 30th, 2016

昨日バラしたヘッドのカーボンを落とし軽く洗浄して、

バルブを磨いて摺り合わせして組立 カバーを仮に被せて終了

いつもの「ルーチンワーク」なので簡単に済ます

午後から出掛けるので、10時に作業を切り上げる

無風で日差しも有り、10℃の気温でも寒さは感じない

明日の朝は雨予報 寒そうだな~

XLR125Rエンジンのパワーアップ-2

火曜日, 11月 29th, 2016

まずはエンジンの中身を確認 ピストンサイドに少し擦れは有るが、良い状態

ただ、ネジの締め付けが強く、テンショナー/ロッカープレートのM6をドリルで揉み取った

シリンダー長さを測ると、セル無エンジンより1.7ミリ長い(カムチェーンの種類が違う)

クランクも軽量化しようと、Yオクで単体を買ったが、外径がやたら小さい

CB125JX(100ミリ/レーシング)XLR125R(103ミリ)CB125JX(112ミリ/ノーマル)

なんと「レーシング(LOC仕様)」並に小さく軽くてビックリ!

これで削る手間が省けるし「腰下」をバラす必要も無いので大助かり

OFF車なので、もっと重いのかと想像していたが、意外だった

その分ACGのフライホイールが大きく重いのかもしれない

(後日、振れを測ったらACG側が0.1mm振れていて使用しない事にした)

午前中に背中に日差しを感じながらの作業

ポカポカと暖かい(気温13℃) 午後は日陰になるので作業はしない

さて明日は? 楽しいな~(笑)

 

 

XLR125Rエンジンのパワーアップー1

金曜日, 11月 25th, 2016

3基有ったXL125Rのエンジンも、2基売れたので、あと1基しか残っていない

これはCB125JXクラブマン2号に載せるのだが、

125だと非力なので、何とかしたい(メニューはいつもの通り)

まず、FTR223エンジンに被せていた125改ヘッドを再度調整します

カムの受け部が合わないのでカムが回らないのだが、良く考えると

セル付きエンジンのカムは、ボールBRGで支持されているので、

ヘッドカバー位置決めのノックピンが外せる事に気が付いた

BRGのアウターレースがノックピン代わりになる訳だ

ノックピンを外してカムを載せてカバーを被せ、

4隅のボルトを締め込んでも、クル~~ンと回る OK~

カムカバーを付ける部分を段付きにならない様に気を付けれれば良い

カムシャフトは「タケガワ」のハイカム使用 燃焼室の具合も良好(嬉)

昨日は寒かった 部屋で暖房も入れず震えていました(大嘘)

10km先のつくば市は積雪が有ったらしいですが、ここらはnothing。

今日は、無風快晴 気温は10℃行かないだろうな~(9℃/11時現在)

早くも寒い冬がやって来た ヤダヤダ 炬燵で丸くなってようっと

クラブマン2号のフロントフォーク変更-3

木曜日, 10月 6th, 2016

片側の1本にオイルが多すぎ、途中でロックするので、

一旦両方ともオイルを全部抜いて、「CCIS」オイルを90cc入れ

その後5cc追加して95cc入れた 完全に抜けきっていないので、100ccかな

押してみると、ちゃんとストロークして良い塩梅だ(嬉)

?なぜ」CCIS」かって 35年物のオイルが余っていたんでね

「サラサラ」していて、丁度良い粘度だ(#5位?)

以前のは10W-40のエンジンオイルを入れた(穴を細くしたので固すぎ?)

正午で32℃もあった 汗だくなり

クラブマン2号のフロントフォーク変更-2

火曜日, 10月 4th, 2016

CB50Sのパイプを磨きます 摺動部にサビは無いが、

先端部(下側の先っぽ)に擦れた跡などが有ったり、

全体にザラザラしていたが、バフで磨いて「ツルツル」になった

細かいキズも消えました 他のバイクのもやりたい(サーキット用マシンは特に)

片方が0.1ミリ程曲がっていたので、油圧プレスで0.02ミリ以下に修正(得意です)

シートパイプのオリフィスも3.6ミリ穴2個⇒2.5ミリ穴1個にして

減衰力を上げます(ちょっと細すぎたかな?)

オイル量を100ccにして丁度良さそうだ(片側に入れ過ぎたみたい)

ドリーム50のステムはCBに比べて16ミリ広いので、

フェンダー取り付け部の8ミリのスペーサーを入れて合わせる

久しぶりの加工作業は疲れまする~(笑)

クラブマン2号のフロントフォーク変更-1

金曜日, 9月 30th, 2016

ドリーム50のフロント回り一式を使うのも「芸が無い」ので

CB50Sのフロントフォークを使います(D50は少し新しすぎるし、赤もダメ~)

減衰力を高めたパイプ(オリフィスを1箇所埋めた、サイコロン号と同じ)と

ドリーム50のキャリパーを使うので専用ブラケット(ジュラ5ミリ厚)も準備した

フォークに取り付けるのにM8ワッシャー(1.6ミリ厚)を入れた

D50の三つ又/TOPブリッジを使うので、CBに比べて少々幅広い

で、アクスルシャフトの内側左右に5ミリのアルミカラーを追加して幅を合わせた

復活を目指してコツコツやってます(苦笑)

今日は、爽やかな秋晴れなのだが、明日は雨~

日曜日は晴れの予報だから、ま良いか

クラブマン2号(CB125JX改)のフロントディスク変更

火曜日, 7月 19th, 2016

久しぶりの「クラブマン2号」の記事で有ります(まだ、バラバラ)

今までのドリーム50のディスクのデザインが少し新しいので(寸法は同一)

CB125JX後期型に変更します(先日Yオクで買った)

「ノッペラボウ」では寂しいので、同じ穴を明けます

D50用を上に当てて位置を細マジックで印を付け、3ミリのガイド穴を通し

ライトデザインの中型ボール盤で8ミリの穴を開けます(30個)

ステンレス材なのでドリルがすぐ切れなくなり、3回研ぎ直して(セミプロです)

「ラスベネ」なる潤滑剤を吹きかけてやっと開けられた

1140g→1090gになったので「50g」軽量化 (ほんの気持ちです・笑)

D50は、それより150gも軽い 少し磨いて完了~

ま、「見た目」の改良(カスタム?)です

ここ2日間「溶けそう」なほど暑かった(ふ~~っ)

 

クラブマン2号(CB125JX改)の復活!?-4

火曜日, 12月 2nd, 2014

バイトは明日からだった(笑)

お空も快晴、湿度も低くなり気温も10度を超えたので、本日塗装します

この「ホイールカラー」ってのは「艶」が出難いみたいだ

ジンクスプレーの後、1000番の耐水ペーパーでならしてもダメだった

先日塗ったスイングアームも艶が無くなっていた(クリアも塗ったのだが)

安物のアクリルラッカーだとピカピカなんですがね

ピカピカ過ぎると、他の中古部品と違和感タップリになるんで困ります

ホイールカラーの成分表示を読むと少し違うみたいです

ニトロセルロースなる物が追加されていて、こいつがツヤを弱くしている?

ま、塗れたから良しとする

勢いで、午後に小物部品も塗りました(クリアは無し)