趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB125JXエンジン-10号機(J)’ Category

CB125JX(J)エンジン-10の走行後の確認

土曜日, 5月 6th, 2017

5/4のモテギで走ったエンジンの中身を確認

カムシャフトの山の摩耗はいつもの通りなので、研磨する ロッカーアームに摩耗は無し

このカムは、摩耗を常に確認している必要が有る(15分間全力走行した結果)

摩耗が進むとロッカーアームに傷が付き始める(ロッカーアームの修正は出来ない?)

燃焼室のカーボンは少な目 もう少しMJを絞れるかな?

シリンダーの摩耗も少々(擦り跡)Motulの高級オイルを入れないとダメみたい

ピストンピンを間違って125用のを入れていた(2.5ミリ短い)200用に交換

ピストンのIN側のバルブ逃げにバルブが当たった跡が有ったので削る

遠心フィルターに金属粉が有る(カム山のだろう)除去する

網フィルターにもアルミの切り屑(ボアアップ加工の)が有ったので除去

他は問題無さそうなので組み立てて保管 誰か要るかなぁ~?

雲行きが怪しかったので午後に急いで作業したが、天候は悪化せず

明日もエンジン中身の確認作業だ あ~忙しい~(笑)

CB125JXサイコロン号のエンジンを交換

月曜日, 5月 1st, 2017

JBエンジンを先日来整備していた初期型(J)エンジンに載せ替える

アップマフラーをアンダーマフラーに交換してテストする(メガフォン部を工夫している)

エンジン始動直前の雨粒がポツリ 速攻でホビオ号に載せて工具を片付けた

午後は雷雲が拡がるそうだ 残念

明日、始動してオイル上がりを確認して諸々の整備を終えて

CB125Sレーサーにかかりたい

CB125JX(J)エンジン-10のロッカーアームを交換

日曜日, 4月 30th, 2017

ポート加工はやっていないが、12000辺りまで回すため(回るはず?)

ロッカーアームは軽量化した物に交換する(一応「レーシングエンジン」なのでね)

往復運動する部品は軽くするのが「4ストエンジンの基本」(と習った)

以前、サイコロン号の125エンジン用に作った物で、気合を入れて削った最軽量品

上も下も先っぽもボルト頭も削るが、横は削らない(CB125Sはもっと削る)

寸法は問題無いはずなのだが、念のためバルブ/ピストンスのキマを再確認 OK~

気になる事は、無精せず確認する(確認しても他のミスは発生する・苦笑)

明日、サイコロン号に載せているJBベースエンジンと載せ替える予定

そろそろ、5/4のモテギの準備をしないとね

CB125JX(J)エンジン-10のピストンを交換

土曜日, 4月 29th, 2017

どうやら後期エンジン(JB)と思い込んでいたエンジンが初期型(J)と判明した

過去の記事を読み返していて気が付いた (燃焼室にスキッシュが有るし)

先日買ったエンジンに続いて2基目だ(泣きそう)

ただ初期型ヘッドにもウエダレーシングのハイカムが組める事が判明(良かった~)

再度ヘッドを取って確認する  バルブ間のスキマは0.8ミリ有るのを確認

すでにウエダレーシングのレーシングカムも組込んで有ったので、ヘッドはそのままだ

ピストンをXR200⇀TLR200に交換して圧縮比を下げる(XRだと13以上?)

後期ヘッド(JB)だと燃焼室容積が大きいのでXR用を組むのが良い

元々別なエンジン用に加工していたので、バルブの逃げを追加工すれば使える

ピストンピンのオイル穴面取り/ピン両脇の穴も抜かり無く加工している

バルブ/ピストンとのスキマは1ミリ程を確保するため、更に深く掘り込む

未加工ピストンを加工するより時間が掛かってしまった

TOPリング合口スキマは0.3ミリでOK

点火時期/ポイントスキマを調整して終了(XL125のノーマル)

ポイントカバーの「125」に黒色を入れて、

中身の諸元を書き直して置く(書き切れない・笑)

8時から10時半まで掛かってしまった やれやれ

今日も良い天気 5/4も良い天気を期待(予報は「晴」・嬉)

 

CB125JX(J)エンジン-10のクランク/オイルポンプを交換

金曜日, 4月 28th, 2017

ノーマルだったクランクを、昨日加工した軽量クランクに変更

XL125のACG/ガバナーに交換するためポイント周りをOH

オイルポンプを「437」→「440」に変更する  フィルターの「段付」も確認

クランクを交換したので念のためバルブとピストヘッドのスキマを確認 OK~

クランク側のカムスプロケットの圧入位置が微妙に異なるための確認作業

ヘッド/シリンダを交換した時も必ず行う

サイコロン号のエンジンと交換して「モテギ」で走る予定

内容はケース上に記入 ヘッドの中はノーマルのまま

ポート加工もロッカーアーム加工も行っていない

このヘッドは「JB」では無く「J」と判明した(4/29)

午前中の作業で終了 お天気最高~

CB125JX(J)エンジンの完成

木曜日, 12月 24th, 2015

クラッチレバーの塗装も済んだので組込み、オイルクーラー用の短絡パイプを付けて完成

レーシングカム(UAS)とXR200ピストン、TLR200シリンダ、XR200クラッチスプリングが異なる

他はノーマル部品のままだが、一応「LOC」に使えるレーシングエンジンのベースにはなる

さて、あと1基だ(嬉) 寒いので急がない

このヘッドは「JB]では無く「J」と判明(2017/4/29)

「毎日コツコツ」とやるしかないねぇ~(面倒臭くないのが不思議・笑)

 

 

CB125JX(J)のクランクの入れ替え

日曜日, 12月 20th, 2015

昨日間違って組んだイーハトーブのクランクをCB用に交換(CB90から移動)

オイルも入れて無いのでサクサクと作業 左のウェイトの小さいのがイーハ用

CB90(B3)に仮組みしていた167シリンダ/ヘッドも組み込んだ こちらも簡単

クラッチカバーにオイルクーラーからのリターンニップルを取り付けたいので、ここで保留

別なカバーを磨いてレバーも塗装したいので少し時間が掛かりそう

このヘッドは「JB]では無く「J」と判明(2017/4/29)

早朝からマイナスの気温だったが、日差しポカポカ まだエンジンも冷たくない

明日はお天気はイマイチな予報 さて?

CB125JX(J)の腰下を組む(が、残念)

土曜日, 12月 19th, 2015

XR200のクラッチスプリング(黄)を組んでボアアップ後のクラッチ滑りに備える

クラッチ裏のベアリングの浮きは無いが、ポンチで外周の4箇所を叩いておく

ACGカバーを被せても、スキマが出来てちゃんと組めない おかしいなぁ~?

良く見ると、イーハトーブのクランクを組んでいた(3ミリ程長い)

イーハ180を組んだ時、外した125のクランクを間違って組んでしまった(残念)

ま、他の部品は全部キチンと組めたので、バラしてクランクを入れ替えれば済むので簡単だ

このヘッドは「JB]では無く「J」と判明(2017/4/29)

早朝の気温は昨日より下がったが、快晴で風も無く良い陽気

背中に受ける日差しが暖かくて助かる

また、明日も作業出来そうだ(嬉)

CB125JX(J)のケースを削る

金曜日, 12月 18th, 2015

今日は1回で決まった(微調整無し)フライス加工より速いかも(笑)

右横に置いてある「T型ゲージ」で直角を確認しながら加工する

デブコンで、ニップルの取り付けや余分な穴埋めも完了

明日は磨きをやって、ついでに腰下も組めそうな勢い

このヘッドは「JB]では無く「J」と判明(2017/4/29)

早朝は零下の極寒だったが、日が昇ると風も無く良い陽気(嬉)

こんな天気が続く間に90/125の2基を組上げたいのだが、さて?

CB125JX(J)の右ケースを復活

木曜日, 12月 17th, 2015

カウンターシャフトのキック側の受けが、ニードルベアリングなので捨てるには惜しい

で、復活させます 塗装を剥いで、オイルクーラーニップルを外して、デブコンを削り取り

さらにオイル通路を細工するため、デブコンで埋める 以上で、本日は終了

このヘッドは「JB]では無く「J」と判明(2017/4/29)

今日は、お日様も出ないし、寒い(10℃前後)

明日、穿ります