趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB125JXサイコロン号’ Category

サイコロン号のエンジン(11号機)を確認

日曜日, 5月 7th, 2017

JXエンジンが多くなったので「11号機」として整理する(実際は8基程だが)

モテギ用のNEWENGを交換して置いたJBベースエンジンを確認する

カム山のEXにいつもの摩耗が有るので研磨修正 ロッカーアームは無事

カム山をルーペで良く観察すると小さな穴が見えるので、

素材は鋳造品(穴は黒鉛?)だと思うが、さて

2003年頃の初期カムは、ローッカーアームまで摩耗したっけ(材質が違っていたようだ)

今の所、簡単に入手出来るJX用のハイカムはこれしか無いので、

毎回確認しながら使用するのが良さそうだ(メガサイクルも有るらしいが)

燃焼室とピストンヘッドのカーボンも良さそう(もう少し薄めに出来そう)

シリンダの摩耗もソコソコOK(前後に振れるので当たりが強くなる)

ピストンサイドのTOPリング上のカーボンは落として置く(リング溝に噛まない様に)

クランクのガタもOK ピストンピンの摩耗も無し(200用で間違い無い・笑)

このピストンはサイド穴/オイル穴面取りの加工は行っていない(効果無い?)

ロッカーアームがノーマル(しかもTLR200用)だったので、ちゃんと削る

慣れた加工だが、スリッパー面にサンダーを当てない様に気を使う

遠心フィルターのスラッジもソコソコ多い(2時間以上走ったか?) 網フィルターはキレイ

ヘッドを組上げて終了(ヘッドのポートはノーマルで加工無し レース用は削りますがね)

このエンジンも良い状態でした  塗装していないので見栄えがイマイチ~

9時から11時半まで掛かった

曇り空で日差しが無く、作業は楽だった

CB125JXサイコロン号を仕舞う

金曜日, 5月 5th, 2017

エンジンやら取り外せる物は外して、14段の階段を持ち上げて和室に搬送

エンジンはバラすので、エンジンレスでしばらく置く

疲労(体とココロ)が有るが、この作業を終えれば、GWのイベント完了

CB125Sレーサーはキャブセッティングしたいので、カウルレスでホビオ号に積む

リアフェンダーはCB125Tのフロントフェンダーです(たしか?)

この車体を作ったのが2003年だったっけ 乗り心地満点のマシンです~

今日は、初夏のお天気 高速(特に圏央道)の渋滞が大変だ~

2017@Good Oldays 天国~(&Hell)

木曜日, 5月 4th, 2017

悪夢とはこんなもんかと、思い知らされた1日でした

3年連続のトラブルで、自分の責任とは言え「オハライ」して貰いたくなった

2台のマシンで夫々2本(15分×2)合計4本を楽しく走れた筈の走行前

いつもの「桐高レーシング」さんと御一緒させて頂きました(サンキュウ~)

ウォーミングアップでセッティングが出てないのが判明したが

1本目はそのまま走行したが、回らない(ココラで濃いと気づくべきだが)

当然吹けないまま、まともなライン取りもままならず

CB125SもCB125JXも同じ症状で全く吹けない

過去2年のデータと同じにしたのだが、MJ/SJを多少上下しても変化無し

応援に来て貰ったTL仲間のトッチー氏も、ダメ出しのポーズ

同じエンジンを使っている桐高Rの若衆にスロージェットを借りるがダメ~

午後2時近くまでアレコレやって、JXだけはセッティング出来た

Sは同じセッティングでも改善せず「?」マークが1000個程頭の中を駆け巡った

最後の1本(模擬レース)にJXで参加出来た コースでも絶好調~

44年ぶりにアゴと胸をタンクに付く迄に伏せ切って、気合の走りが出来た

直線では吹け切るのでアクセルも少し戻す必要が有った(12000)

エンジンが調子良いと突っ込みもコーナーリングも楽しい コレコレ~

5周(?)のレースだったが2スト2台に先行されただけで終了~

ピットには「笑顔」で帰って来ました(ヘルメットで見えませんが)

JX初期型ヘッドとウエダRハイカムとTLR200のピストンの組み合わせは問題無し

クランクは丁度12000を超える辺りで振動が大きくなるので

クランクバランスは、これで良かったと言えそうだ

NEWエンジンは、OK~だ(さっそく開けて見ないと)

JXのキャブセッティングMJ108/SJ54 数字を良くみたら

買った時と同じで良かったんだ(でも2年前は薄すぎたんですがねぇ~)

プラグ焼けも少し焼け過ぎの良い色合い  油温107℃良いねぇ~

あ~ぁ 大変な1日でした(トッチー氏の画像が少なくて済みません)

泣いて撤退しようかとも一瞬頭をよぎりましたが、

そこはそれ、「ベテラン」ですから諦めずにアチコチ弄ってやっと改善しました

それとJXポイントベースのネジの閉め忘れが有った(昨年もやった)

もう「引退」が近いのかも知れないが、

ちゃんと走れると楽しいんですよね~

この「カラーツナギ」はサイコロン号に色合いがピッタリとマッチしていますね~(嬉)

2017@Good Oldays準備完了~

水曜日, 5月 3rd, 2017

荷物を積み込んで、ホビオをを洗車(拭くだけ)して 終了~

来年は、Sレーサーの1台だけだな(今回はJXのNEWエンジンのテストを兼ねて)

今日も穏やか 明日もお天気良いはず(嬉)

CB125Sレーサー/CB125JXサイコロン号を積み込む

火曜日, 5月 2nd, 2017

CB125Sレーサーはエンジン始動させ(今回CR33投入)ワイヤリングして終了

CB125JXサイコロン号は。エンジン始動させオイル上がり確認とワイヤリウングして終了

キャブは似たジェットで行く(S:SJ40、MJ132 JX:SJ42、MJ135)

2台積むとキチキチですな~  タイヤは同じなんだが、後ろ姿が随分違う(笑)

そうそう、CB125Sレーサーのタイヤは前後新品だ ゆっくり走る(1本目は)

明日工具やテーブル等を積み込む

今日は穏やかな天気だが、日差しが強く暑~い

 

CB125JXサイコロン号のエンジンを交換

月曜日, 5月 1st, 2017

JBエンジンを先日来整備していた初期型(J)エンジンに載せ替える

アップマフラーをアンダーマフラーに交換してテストする(メガフォン部を工夫している)

エンジン始動直前の雨粒がポツリ 速攻でホビオ号に載せて工具を片付けた

午後は雷雲が拡がるそうだ 残念

明日、始動してオイル上がりを確認して諸々の整備を終えて

CB125Sレーサーにかかりたい

CB125JX(J)エンジン-10のロッカーアームを交換

日曜日, 4月 30th, 2017

ポート加工はやっていないが、12000辺りまで回すため(回るはず?)

ロッカーアームは軽量化した物に交換する(一応「レーシングエンジン」なのでね)

往復運動する部品は軽くするのが「4ストエンジンの基本」(と習った)

以前、サイコロン号の125エンジン用に作った物で、気合を入れて削った最軽量品

上も下も先っぽもボルト頭も削るが、横は削らない(CB125Sはもっと削る)

寸法は問題無いはずなのだが、念のためバルブ/ピストンスのキマを再確認 OK~

気になる事は、無精せず確認する(確認しても他のミスは発生する・苦笑)

明日、サイコロン号に載せているJBベースエンジンと載せ替える予定

そろそろ、5/4のモテギの準備をしないとね

CB125JX(J)エンジン-10のピストンを交換

土曜日, 4月 29th, 2017

どうやら後期エンジン(JB)と思い込んでいたエンジンが初期型(J)と判明した

過去の記事を読み返していて気が付いた (燃焼室にスキッシュが有るし)

先日買ったエンジンに続いて2基目だ(泣きそう)

ただ初期型ヘッドにもウエダレーシングのハイカムが組める事が判明(良かった~)

再度ヘッドを取って確認する  バルブ間のスキマは0.8ミリ有るのを確認

すでにウエダレーシングのレーシングカムも組込んで有ったので、ヘッドはそのままだ

ピストンをXR200⇀TLR200に交換して圧縮比を下げる(XRだと13以上?)

後期ヘッド(JB)だと燃焼室容積が大きいのでXR用を組むのが良い

元々別なエンジン用に加工していたので、バルブの逃げを追加工すれば使える

ピストンピンのオイル穴面取り/ピン両脇の穴も抜かり無く加工している

バルブ/ピストンとのスキマは1ミリ程を確保するため、更に深く掘り込む

未加工ピストンを加工するより時間が掛かってしまった

TOPリング合口スキマは0.3ミリでOK

点火時期/ポイントスキマを調整して終了(XL125のノーマル)

ポイントカバーの「125」に黒色を入れて、

中身の諸元を書き直して置く(書き切れない・笑)

8時から10時半まで掛かってしまった やれやれ

今日も良い天気 5/4も良い天気を期待(予報は「晴」・嬉)

 

CB125JX(J)エンジン-10のクランク/オイルポンプを交換

金曜日, 4月 28th, 2017

ノーマルだったクランクを、昨日加工した軽量クランクに変更

XL125のACG/ガバナーに交換するためポイント周りをOH

オイルポンプを「437」→「440」に変更する  フィルターの「段付」も確認

クランクを交換したので念のためバルブとピストヘッドのスキマを確認 OK~

クランク側のカムスプロケットの圧入位置が微妙に異なるための確認作業

ヘッド/シリンダを交換した時も必ず行う

サイコロン号のエンジンと交換して「モテギ」で走る予定

内容はケース上に記入 ヘッドの中はノーマルのまま

ポート加工もロッカーアーム加工も行っていない

このヘッドは「JB」では無く「J」と判明した(4/29)

午前中の作業で終了 お天気最高~

CRキャブのスタ-ターPull金具製作

月曜日, 4月 3rd, 2017

シッカマン号に装着して上手くいったので、「Pull(Push?)金具」を量産する

サイコロン号/CB125Sレーサーにも装着する 予備のCR33用と3個加工

2ミリの穴を2個開ける 少し斜め外側を狙うのがコツ

完成 サイコロン号はアップマフラーなので、余計便利なり

早めの準備に、抜かりは無い(笑)