趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB125Sレーサー(鈴鹿レーシングSPL)’ Category

CB125SレーサーのタンクをFRP補修

金曜日, 6月 9th, 2017

5/4のモテギ以来6/6までず~とGASを入れっ放しでホビオに積んでいた

和室に移動した時、タンクにGAS滲み(漏れでは無い)が有ったので

表面を少し削り取って、FRPで補修した(右側だけだった)

30年以上前に入手した時は、ボロボロの状態でかなりの面積を補修した

その時の補修跡では無く、他の部分から漏れていた(ゲルコートを削った)

MT125Rのタンクと較べるとFRPの厚さが随分と薄い(その分軽いが)

たまにしかやらないFRP作業も結構面倒だ(チクチクしない体質なので助かる)

明日にでもタッチアップ塗装したい

今日は暑くなるよの予報だったが、曇り空で28℃ほどにしか上がらない

湿気も少なく快適なり

2017@Good Oldays 天国~(&Hell)

木曜日, 5月 4th, 2017

悪夢とはこんなもんかと、思い知らされた1日でした

3年連続のトラブルで、自分の責任とは言え「オハライ」して貰いたくなった

2台のマシンで夫々2本(15分×2)合計4本を楽しく走れた筈の走行前

いつもの「桐高レーシング」さんと御一緒させて頂きました(サンキュウ~)

ウォーミングアップでセッティングが出てないのが判明したが

1本目はそのまま走行したが、回らない(ココラで濃いと気づくべきだが)

当然吹けないまま、まともなライン取りもままならず

CB125SもCB125JXも同じ症状で全く吹けない

過去2年のデータと同じにしたのだが、MJ/SJを多少上下しても変化無し

応援に来て貰ったTL仲間のトッチー氏も、ダメ出しのポーズ

同じエンジンを使っている桐高Rの若衆にスロージェットを借りるがダメ~

午後2時近くまでアレコレやって、JXだけはセッティング出来た

Sは同じセッティングでも改善せず「?」マークが1000個程頭の中を駆け巡った

最後の1本(模擬レース)にJXで参加出来た コースでも絶好調~

44年ぶりにアゴと胸をタンクに付く迄に伏せ切って、気合の走りが出来た

直線では吹け切るのでアクセルも少し戻す必要が有った(12000)

エンジンが調子良いと突っ込みもコーナーリングも楽しい コレコレ~

5周(?)のレースだったが2スト2台に先行されただけで終了~

ピットには「笑顔」で帰って来ました(ヘルメットで見えませんが)

JX初期型ヘッドとウエダRハイカムとTLR200のピストンの組み合わせは問題無し

クランクは丁度12000を超える辺りで振動が大きくなるので

クランクバランスは、これで良かったと言えそうだ

NEWエンジンは、OK~だ(さっそく開けて見ないと)

JXのキャブセッティングMJ108/SJ54 数字を良くみたら

買った時と同じで良かったんだ(でも2年前は薄すぎたんですがねぇ~)

プラグ焼けも少し焼け過ぎの良い色合い  油温107℃良いねぇ~

あ~ぁ 大変な1日でした(トッチー氏の画像が少なくて済みません)

泣いて撤退しようかとも一瞬頭をよぎりましたが、

そこはそれ、「ベテラン」ですから諦めずにアチコチ弄ってやっと改善しました

それとJXポイントベースのネジの閉め忘れが有った(昨年もやった)

もう「引退」が近いのかも知れないが、

ちゃんと走れると楽しいんですよね~

この「カラーツナギ」はサイコロン号に色合いがピッタリとマッチしていますね~(嬉)

CB125Sレーサー「NATA」仕様で走る(走行編)

金曜日, 4月 29th, 2016

午前中の走行では、ウォーミングアップ用の「#7」プラグで走ってしまった

2周半して気が付いてピットインし「#9」に交換したが、時間切れ

#7でも焼けは悪くない(濃過ぎ?)

そして、ここんとこ続いている「組立ミス」(大泣)

ACGカバーの上2本のネジの閉め忘れで無くなっていました

そのため「オイル漏れ」漏れたオイルはアンダーカバーに3cc程溜まっていました

2本目の走行後、エンジンが再始動しない

ポイントベースねじの締め忘れ 点火時期が遅れ過ぎて点火しなかった

走行時も妙に高回転に行かない(9500が精一杯、目標12000)

点火時期が遅れていては、回らないのは無理も無い

「無限空間ウォッチャー」の見守る中での修理も、いやはや恥ずかしいものだ

とは言え、結構楽しめるエンジンでは有るので

暫くは、このエンジンで走行する予定

「正チェンジ」用リンクを急遽製作したのは、大正解!

何の違和感も無く、いつも通りの操作が出来ました

油温は110℃まで上がった(気温20℃にしては結構高い?)

ほぼ同じ排気量のシッカマン号は100℃ほど

同じオイルを使用してるので、違いはカウリングの有無

油温計が有るとアレコレ考察できて、最近「イチオシアイテム」であ~る

CB125Sレーサー「NATA」仕様で走る(コスチューム編)

金曜日, 4月 29th, 2016

今回レーシングスーツを2着用意した

2年前に買った「黒」と、昨年買った「カラー」(MFJ公認)

午前中の走行は「カラー」 マシンとはミスマッチだが、ヘルメットの中は笑顔です~

このスーツは「サイコロン号」にピッタリだ(色合いが同じ)

ヘルメットも小さく写っている(笑)

スーツ/ブーツ/グローブ(新品!)とカラーコーデもバッチリ!(20歳若く見える・笑)

午後は「黒」 RCカラーのマシンには、やはり コレ!ですね~

着心地に関しては、中古ながらどちらにも違和感は感じない

「オーソドックス」「エキサイティング」これから、マシンに合わせて選べる(嬉)

 

CB125Sレーサー・RSC部品の展示

木曜日, 4月 28th, 2016

明日の「GoodOldays」に、

今年のテーマに「RSCチューン」と有るので

ピットの片隅にRSCパーツを展示しますので、

お暇な方はお越し下さい(車体/エンジンとパーツ少々)

走行時間以外は、ほぼ居るはずなので、

ご質問にもお答えできるはずです

あまり難しい事は判りませんので悪しからず

この「イケ面」さんがお相手しますので、

婦女子の方の訪問も、お待ちしております(笑)

Good Oldays参加断念(大泣)

月曜日, 5月 5th, 2014

全国約260名のブログ「無限空間」ファンの皆様へ残念なお知らせ

体調不良により5/6モテギ走行への参加を取り止めます(参加料2諭吉がぁ~)

3日午後より床に臥せっております 本日も頭がフラフラと

退職後のここ1年、酷暑も極寒も無事に乗り越えてきたのにも拘らず

初走行を楽しみにしていた「モテギ」を目前にして走らずしてリタイヤ(残念無念)

タンク上の残作業のメモが空しく候

走行画像は’10/4のPOC(まだまだピタッと伏せられていますねぇ~・嬉々)

不思議な事に今回のGoodOldaysの受付ゼッケンは「91」でした

初めての参加なので、ゼッケンは選べませんが偶然にもピッタリ

ちなみに、この番号は’74年エキスパートジュニアで走っていた先輩のI沢さんのです

ゼッケンを張り換える必要が無かったので、喜んでいたんですがね

このカウルもゼッケンも40年前、アタシが塗って書いたはずです(H田君だったけ?)

さ~てと、次回のサーキット走行はPOCの11/9日光であるからして、ま、仕方ない

今日明日と寝てます

 

灼熱の日光サーキット「Pride of Classic」を激走!!

日曜日, 8月 18th, 2013

いつもの紅~さんと新顔のまっちゃんのサポートを受けました

まっちゃん、身を挺しての押し掛けの「押し」有難う

紅~さん、ベビーパウダをふりかけて頂いて有難う

シッカマンさん、バトルして頂いて有難う

CB125Sレーサー/サイコロン号で25分×6本 合計2時間30分を完走!

イヤー、暑かった、腰が痛かった、腕が上がった、諦めなかった(完走を)

無限空間エンジンを搭載するシッカマン号ともバトルを楽しめました

いつも能書きを垂れている手前あっさり負ける訳にも行かず

ちょっと頑張ってみました で、3本目で腰が痛くなりました、とさ(苦笑)

締めはいつものツーショット(アリガトね)

朝は曇り空で気温も30度を切って涼しく感じられた

ブリーフィングから始まった走行会 記念撮影を先に行う

2台を交互に走らせる 4クラスあって2クラスにエントリーしている、

エントリーした2クラスは連続していて、間が5分しかないので超忙しい

トラブル発生 サイコロン号のタンクステーが折れた ガムテープで固定

CB125Sはサイレンサ付きの細くてロングなマフラーを付けたので中速が改善

サイレンサ前のパイプにお尻が当るので左コーナーで熱い (腰を入れるので)

1速から3速まで充分に使えました(MJは#110のまま)

サイコロン号は、MJを#112→#110に交換したら加速時の息付き改善

34度の気温にもかかわらず、2台ともエンジン快調でした  運転手は?

6本走行後のヘロヘロの1枚 あ~疲れた 汗だくで頑張りました

今回も無事に終了しました

桐高レーシングの皆様にSpecial Thanks!!

日光サーキット「Pride of Classic」走行会の準備おば

木曜日, 8月 15th, 2013

8/17の日光走行会「POC」に向けて2台を整備します

相変わらず暑いので、風の通る日陰の道端にて作業開始

CB125Sレーサーはカム/タペットスキマ/ポイント/点火時期の再調整とオイル交換(S9)

サイレンサ付きマフラーにして、MJ確認(#110)キャブドレンキャップ交換

チェーンオイル注油等や、アンダーカバー取り付けとあれこれやって完成

小さくても速いレーサーです 1番のお気に入りです(当たり前ですが)

2年半ぶりの走行となります 大事に走らせます

サイコロン号のエンジンは先日腰上OHしたので、アンダーカバーを付けて終了

これは元々サイレンサー付きなので問題有りません(日光は直管は不可なので)

これは、楽なポジションで気楽に走らせられる良いバイクです(公道でも問題無い)

2台を積み込みました

CB125Sレーサーの今昔

土曜日, 4月 24th, 2010

1974年6月(あたり) 22歳

2010年4月 57歳 (こなっとさんのブログより拝借、有難う御座います)

マシンは、おんなじ様な感じですが、頭の位置がだいぶ高いです
なにより、気迫!が違います
35年後も同じマシンを走らせられるのは「幸せ」なのか進歩が無いのか?

CB125Sレーサーで激走!140分

月曜日, 4月 19th, 2010

行ってきました走行会 桐高レーシングの若衆主催です(いつもお世話になり有難う御座います)
20分を8本 (125Sで4本、サイコロン号で4本) 合計160分 ロスタイムがあったので、約140分
シートのネジも外れ、ガムテープで仮止め

下の画像は、走行後だいぶ帰られたのでスカスカですが、実際は満員

ポジションが小さい125Sも難なくOK~(昔の感覚を思い出しました)
終了して若衆とパチリ!同じアングルが別MC誌にも載ります

125Sのファイナルが合わないのにも係わらず、良く走りました
125Sエクセレント!  サイコロン号も最高!!
銀ウロコさんのブログより画像を借用