趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB125S-1号機(LOC)’ Category

’17LOC第1戦(筑波) シッカマン号キャブセッティング?ショック!

日曜日, 4月 16th, 2017

今年も始まりました 結果も大事ですが「安全運転」でね!

CB125S改167エンジンを積んだ「狩野パパ号」も参戦

フレームベースは10年程前に買って貰ったCB125JX(クラブマン1号)だそうだ

中々良く出来ている(注目の的) マシン製作の「腕」も随分上がった(嬉)

キャブセッティングを参考にさせて貰った 車重は71kg(丁度良い)

大昔の車両規定では、単気筒70kg/ツイン80kgの最低重量だった(’72~?)

それまでCB125Sは、70kgを軽~く切っていたので、

あれこれ重量増に勤しんでいた(先輩方が)のが面白かった

いつもの紅~さんとシッカマン号(CB125JX改167)

今回もキャブセッティングに悩む(他のマシンのを参考にさせて頂いた)

もう私には理解出来ないので、他に合わせる

車重81kg 狩野号より10kg重いのも少し残念

決勝前の緊張、2台とも壊れないで~と願う(部品調達困難なので)

2台ともまずまずのスタート

う~~ん エンジンが伸びない と、あれ?ショックが折れていました

プラグの焼け具合 左がシッカマン号 右が狩野号 んん~~ん微妙

油温は108℃まで上がった 気温も28℃辺りだった

レース結果 (4/17記:総合12位/23台中 クラス2位/4台中)

快晴で風邪も無く、初夏のお天気で「日焼け」した(笑)

まだまだ「勉強」が必要 (壊さないセッティングで維持しないとね~)

「モテギ」にてキャブセッティングのやり直しかな?

ともあれ、今日も無事終了してメデタシメデタシ

CB125S(改167)LOC-1号機のOH-4(キックペダル)

水曜日, 6月 22nd, 2016

排気量を拡大し圧縮比も大きいため、「押し掛け」は絶望的だ

モテギにてワタクシ自身、何回かトライしたが、空しくロックするだけでした

同じ仕様のエンジンに載せ換えたCB125Sレーサーと同じキックペダルを取り付けます

素材は「CB50初期型」「ノーティダックス」等のもの メッキがキレイです

少し短いので2cm程伸ばしました(NSR50のキック部を溶接)溶接部は黒塗装

クラッチカバーが、ストッパー代わりになります(キックピン側を少し削る)

さて、相手のステップを上手く逃げていれば良いのだが?

溶接はいつものライトデザインの小嶋社長に依頼(深謝)

それにしても、雨が降りませんね~(九州は大変なのに)

自然のなせる事象なので、どうにもなりませんが(残念)

CB125S(改167)LOC-1号機のOH-3(試走)

金曜日, 6月 10th, 2016

午後は予想より暑くならなかったので、CB90に載せます

PE28キャブを付けると4月末の「モテギ」の仕様と同じ

オイル上がりを確認して、近所を1周した プラグ焼けは、まずまず

圧縮が高いので、キックが大変だ(クランクが軽いせいも有る)

サーキットでは、こんなもんかなぁ~ としか感じていなかったが、

まぁ~ まさに「レーシングエンジン」である 低速は無いに等しい

7000rpmを越えた辺りからのパワーの盛上りは、Fantastic!凄~い!の一言

初心者には扱えないかも~(敏感過ぎ)

てな訳で、全て完了

CB90JXの初乗り

火曜日, 1月 27th, 2015

一体型ヘッドの167エンジンを載せたままで放置に近かったので

ちょっと走らせてやります 気温が16度を超えて丁度良い

いつもの湖畔をトコトコと走るが、軽量クランクなので、ガクガクになる(笑)

ノーマルクランクに変更しないとダメだ MJ#110だと濃いね~

CB750K6キャリパの「激効き」なのは良いが、レバーが遠いんで

少し手前に調整しないといけない 調整機構が無いので、どうしたものか?

CB90もイジル所が無くなってしまった(まだ完成とは言えないが)

暖かいのは今日だけで、夕方からまた寒くなる ヤダヤダ

’14 LOC 第4戦(筑波) 最終戦も無事完走!

木曜日, 12月 11th, 2014

急なバイトが入り応援に行けなかった「シッカマン号」の動画がアップされました

2周目の1コーナーの突っ込みに注目!!INからぶち抜き!!

ただ、も少し直線が速ければと、反省m(__)m  シフトミスも?

LOC 2014 Series-4 オープニングラップ

で検索して下さい

結果は芳しくなかったが、今シーズンも無事に終了して何よりでした!