趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB90JX’ Category

CB90JXにCR33キャブを付けた-6

火曜日, 11月 20th, 2018

午後にライトデザインにお邪魔して、板金部品を作り溶接して貰う

アクセルワイヤーの通路を充分に確保出来、アクセル操作に違和感は感じられない

CR33キャブは、何処にも接触せず、ピッタリ納まった(嬉)

斜め上からは、タンクの張り出しに遮られて、あまり判らない

もっと大胆にタンクをえぐり取った方が、CRキャブを主張出来たかも知れない

ほんの「思いつき」のプロジェクトだったが、思いの外決まった!

事前の「段取り」の良さが遺憾無く発揮された作業だった(自画自賛)

小嶋社長 いつも有難う御座います

今年は、これで終了かな?(プランはイッパイ有る)

CB90JXにCR33キャブを付けたい-5

月曜日, 11月 19th, 2018

前方を深く切り取り、直線に整形する(これが厄介だった)

タンク底を切ったままの形状で溶接部品を作るのは、無限さんには無理!

直線だと部品製作も簡単で、溶接の難易度も低くなる(自分ではやらないが)

ボール紙で形状を検討し、明日鉄板で作成し溶接して貰う予定

午前中2時間、午後1時間の作業 曇空で作業には良い塩梅だ

CB90JXにCR33キャブを付けたい-4

日曜日, 11月 18th, 2018

ワイヤーを付けると、タンク下はダダ当たり(ワイヤーの通路が皆無)

アレコレ逃げて、横から見て最小限のカットに留める

アイドリングアジャスタねじを短いCAPボルトに交換する

内側は大胆に切らないとワイヤーは通らない

ここから更に、赤マジックペンまで切り取る必要が有る

カッティング用ディスクが使えないので、どうしようかな?

その後、直線/直角/平行の溶接部品を作る予定

切り取った切れ端の内側のサビはキレイに取れていた(嬉)

これだけの作業に7時半から11時半まで掛かった

天気は穏やかだったが、疲れた~

CB90JXにCR33キャブが付いた!-3

土曜日, 11月 17th, 2018

GASパイプの逃げのため、フレームをカット(以前、逃げ加工していた)

タンクのコックは、タンクの左側なので長いパイプになりそう(前方に向けるかな?)

シートレール前部下を少し削って、キャブ後方をアルミステーで吊る(キャブ本体が重い為)

キャブ本体は、削らない(後部ステーのM6加工以外・元々M6の下穴有り)

予備のサイドカバーをキャブ形状に合わせて切り取り整形する

上手く納まって良かった

さて、これから未知の領域に突入~

2cmは切り取らないとダメそうだ 頑張ろう~

ポート穴は最後に加工する

9時前から11時まで作業 日差しが有って暑く感じる(厚着?)

CB90JXにCR33キャブを付けたい-2

金曜日, 11月 16th, 2018

斜めのアルミ材では無く、フラットな8ミリ厚17Sアルミ板を加工する

インシュレーターとの間に1.5ミリ厚52Sアルミ板を挟んで「リーク」対策とする

2次エアー対策だが、更にガスケットもキチンと付ける予定(今度は間違わない)

時間切れで、真ん中の穴は開けていない(少しずつ拡大していく)

一体型/別体型の両ヘッドに対応出来る様に工夫した

午後2時から4時まで作業

午前中から頭がフラフラしていたが作業したら治った(かな?)

どうも風邪を引いたみたいだ(早朝は、連日5℃の冷え込み)

CB90JXにCR33キャブを付けたい-1

木曜日, 11月 15th, 2018

CR33キャブを使うLOC/走行会用エンジンをテストする時、

CRキャブ本体が、アチコチに当たって取付出来ない

10度斜めにカットしたアルミ丸棒を介在させれば、

フレームには当たらないか検討する(タンクにも当たってしまう)

Yオク出品を止めた「錆取りしたタンク」を改造する事にしたが、

上手く行くかなぁ~?

早朝に5℃まで下がっていた気温は、15℃まで上がった

快晴で風が無く日向ぼっこしなからの検討作業

CB90JXフロントブレーキSWの交換

水曜日, 10月 31st, 2018

ブレーキランプが点灯しないので、SWを外して導通をみたらNG(ONしない)

部品箱に同じ部品が有ったので導通確認して組付け

配線抵抗が大きいのが気になるが、ブレーキランプの点灯は確認した

これで、効きの良い油圧ディスクブレーキを安心して操作できる

9時前から10時過ぎまで作業

早朝は8℃で寒かったが、作業中は曇天ながら寒さは感じなかった

TL125(JD06)タンクの穴埋め-7(処理面の保護塗装)

木曜日, 10月 25th, 2018

酸化被膜が出来ているので(はず?)、サビが増える事は無いが

念のためフレーム側にクリアー塗装を行う CB90JXタンクも同じくクリアー塗装を行う

クリアー塗装は、周りを気にしなくて良いので、助かる

予備タンクのサビの落ち具合が良かったので、実車装着のタンクもサビ取りする

穴は無いし、無改造で程度は良いが、フレーム側の面にサビはシッカリ出ている

ピカタンを満たしたバケツに前方を突っ込み、日なたに放置する

液温も上昇して反応促進   明日は後部を処理する

CB90JX 予備タンクのサビ取り-6(完了~)

火曜日, 10月 23rd, 2018

CB90JXに取付けて確認 無事始動 コックも機能しタンクとしてはOK~

このキャブ/エンジン/電装のセットは、古いGASでも始動性良好だ(以前から)

始動確認後GASは全て抜いて、ホビオ号に投入

フロントブレーキSWが機能していないので、後日配線確認する

8時から作業していたら30分ほどして雨が落ちて来て

慌てて店じまい(笑)

CB90JX 予備タンクのサビ取り-5

金曜日, 10月 5th, 2018

GASをいれたまま1時間程放置していると、滲んでくる

バルブの四つ目ゴムと当たる部分に摩耗が有ったので、

サンドペーパーで削ってピカピカに磨く これで大丈夫(かな?)