趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CB90JX’ Category

CB90JXのリアブレーパネル/シューを中古に再交換

土曜日, 9月 1st, 2018

新品のシューを組んでも、どうもカチッとした感じが出ない(出そうにない)

この現象は「CB90R」製作時にも経験した(どう組み合わせてもダメ)

ブレーキパネルの3個目でやっとOKになったし(2個は廃却)

そこで、昨日届いた落札部品を組むと良い感じだ(シューも充分有る)

うん、これで良さそうだ やれやれ

もう1個落札したので、届いたら組んで確認したい

古いドラムブレーキは、シューを新品にしただけでは良くならない

ドラム/パネル/シューの組合せで、全く異なった効き具合になる

サーキットでは後輪ブレーキを強く掛けないが、(エンジンブレーキが効くので)

公道ではしっかり踏み込むので、大変重要な整備である

降りそうな空を見ながら、30分程で終了

台風の進路が気に掛かる

CB90JXのリアブレーキシューを新品に交換

金曜日, 8月 31st, 2018

フロントブレーキは油圧ディスクキャリパー(CB750K6用)に交換しているので効きは抜群

そこでリアのシューも新品に交換する A〇azonからディトナ製60213を購入

問題無く装着出来たが、初期当たりが出るまで後輪ブレーキで慣らしたい

カブ系の110ミリ径のシューは、安価に購入出来て良い

早朝6時半から7時過ぎまで作業

この時間に陽は当たらないが、それでも汗はダラダラと流れれ来る

CB90JX夜間充電用SWを交換と移動

土曜日, 12月 16th, 2017

2013/6/10に左SWを交換した時、夜間充電用のSWをライトステーに付けていたが

汎用品で室内用なので接触不良が発生した  NSRのキルSWに交換する

純正部品は、やはり安心だ 向きを反対にして誤動作を防ぐ(前:ON)

ACGの黄線と白線を結ぶだけの物だが、ヘッドライト使用時の電流増加用

ノーマルSWは一体に組まれているが、このSWには切換線が存在しない

12時から13時まで、サクッと作業

風も無く気温も11℃と少し高いので、日陰でも寒さは感じない

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-3 スプロケット交換

日曜日, 12月 10th, 2017

B3用(383と共通)ミッションだと37Tだが、(383は35T)

TOPのレシオがロングなB2用(324と共通)は41Tとなるので交換

チェーンも2駒長い物に交換   チェーンオイルがベタベタで大変

早朝の気温は、-2℃ 霜/氷がバリバリ

作業を始める9時には日差しが有り、作業も進む

11時には終了したが、意外と寒さが和らいできていた(予報通り)

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-2 始動

金曜日, 12月 8th, 2017

BAT充電が終わったのでエンジン始動 プラグの火花を確認してキック

古いGAS(1年半以上)なので目覚めは悪いが、しばらくすると安定する

元々調子の良いエンンジン/キャブだが、まだ大丈夫だ(キャブのGASは抜いて保管)

直ぐにオイル上がりを確認し、テスターで充電状況も確認 OK~

チェーンオイルを差して試走に備える(そうだ、ファイナルも交換しないと37T⇒41T)

バックステップ対応のキックペダルはCB500Tか何かの物を流用 具合が良い

自賠責が10月で切れているので、試走は来週かな(保険無では走れない)

改造してから20年経過 この期間多くのエンジンテストをこなした「良い子」だ

あちこちに塗装剥げが有り、そのうち車体もキレイにしてやりたい

30分ほどで終了 日差しも無く、超~寒いのでさっさと済ます

午後から雨予報で夜には雪が降るらしい

スタッドレスタイヤに交換していて正解

CB90JXのエンジンをオリジナルに戻す-1 載せ替え

木曜日, 12月 7th, 2017

B3(改167cc)をB2(92cc、0.5OS)エンジンに戻す

左:B3 右:B2  オイルクーラーは外した 新品オイルをいれてキック

が、BATが弱いので火花が飛ばない 充電して明日始動

今日も、寒かったが穏やかな天気 作業も進む

なんやかんやで、9時から12時まで作業 寒いが頑張る(笑)

CB90JXの右Fフォークシールオイル漏れ 中古シールと交換

日曜日, 8月 13th, 2017

2ヶ月前に左オイルシールを交換したのだが、今回は右側から漏れていた

パイプのサビも大きいので少し磨いて、中古シールを組む(新品は有るが)

また漏れたら、先日OHした125JX用とそっくり交換したい

ずっと不安定な天気 明日からしばらく雨が続く予報 やれやれ

CB90JXの左Fフォークシール交換とハンドルを交換

木曜日, 6月 15th, 2017

オイル漏れの有った左シールを交換 パイプの点サビの突起に引っ掛ったみたい

点キサビを油砥石で均して新品のオイルシールを取付ける

押した感じが、ダンピング不足とスプリングもやや弱い(CB50JX-1用なので)

去年交換したCB50S用ハンドルは、どうも違和感が有ったので(ポジションが)

元のスワローーハンドルに戻す やはり、見た目もこっちの方がしっくりする

今日は暑い 日差しが有ると、夏至が近いのが分かる

 

CB90初期型のリアサスは「ド・カルボンUSD」タイプ!

月曜日, 10月 17th, 2016

Yオクで売れ残った物ですが、中身を確認します

中身は窒素ガス封入式(ド・カルボン)の倒立型(Up Side Down)です

スプリング/カバー類はサビだらけですが

オイル/GASも抜けていないし、ロッドにサビも有りません

CB125JXのサスより、ず~~と高級です

出品されてる物の外観はイマイチでも、

中身は、まず大丈夫です(3セット買ったが全部OK~)

取付長さ310ミリなので、モン/ゴリ等にも流用できそう

朝から雨は途切れなく降っていて、外作業はな~んも出来ない

CB90JXのFキャリパー/マスターシリンダーを交換

土曜日, 9月 10th, 2016

2012/6に油圧キャリパーに交換して以来、順調に走って来れたが

最近、引き摺りの症状が出始めたので分解したら、あららピストンがサビだらけ

元々、サビが有って磨いのだが、また更に増殖したみたい(右)

CB750K7の大きいピストンの在庫は無いので、一回り小さいピストンに交換

在庫を見ると、同寸のアルミピストンが有った!50g軽量でサビの心配も無さそう

それに合わせてキャリパー本体もCB400F用らしき物に交換

ブラケットのネジ間の寸法も小さくなるので交換

2種類のステーを改造して用意していたので、難なく終了(結構大変な加工)

機械式(ワイヤー式)のステーと油圧のステーを「ニコイチ」で溶接して改造した

パッドの磨耗はほとんど無いので、この先一生交換不要だ(笑)

と思いきや、裏側がスポークに当るのでボルト先端と面一までサンダーで削る

割りピンも擦るので溝を掘って逃げる(CB750K7用も削った)

液面を水平にしたいので、セパハン用の黒マスターから、コンチ用のシルバーに交換

オイルボルトが前方に位置しているので、(流用機種はVTR?)

スペースが無いCB90のハンドルには、上手くフィットしている

サビも無いので、カチッとした感覚が戻った(嬉)

8時から2時間半ほどで終了

油圧ブレーキの作業は。液がアチコチに付くので苦手なり

涼しい朝も、10時を過ぎると暑くなってきた やれやれ