趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘CRキャブ 31ミリ 33ミリ 35ミリ’ Category

CR33/CR35の比較

月曜日, 2月 6th, 2017

外壁作業中で、当分の間自分の作業が出来ないのでヒマです(笑)

手持無沙汰だもんで、手持ちのCRスペシャルキャブの大きさを比較しました

左:CR33が「スモールボディ」 右:CR35が「ビッグボディ」 と呼ぶらしい

CR35の本体部が、10ミリ長くスロットル部が太いです

前後長はほぼ同じです チャンバー等の小物部品は共通みたいです

CR35では、NSR250Rのスロットル部品がそのまま使えますが

CR33では、やや「ハイスロ」になります(ピストンストロークが異なるので)

先日TL125(170)でピョンピョンやってたら肩の筋を痛めてしまった

普通にしている時は痛くないが、ひねるとズキンと来る

しばらくバイク弄りも出来ないので、休養になって丁度良い(苦笑)

TL125(JD06)改194は、落札に至らなかったが、気長に待ちます

良いエンジンなんですけどね~(値下げしたく無いんです)

CR35(Φ36.5にボア拡大済)にファンネルを付ける

水曜日, 1月 11th, 2017

安いアルミファンネルとフィルターを買ったので取付ける

簡単なはずだったが、キャブ入口の55ミリに真円が出てないので、

ヤスリで整形して整え、M3の止めネジで取付ける

NSR250Rのスロットル/ワイヤーをそのまま取付ける

CR33だとハイスロットルになって開度に神経を使うが、

この口径(36.5ミリ)だと丁度良い(キャブのスロットルのストロークが長くなるので)

CRスペシャルキャブは形が良いです(FCRも良いが斜めってるのが、もひとつ)

グリップゴムが破れているのはご愛敬です(笑)

ちょこちょこした作業に2時間も掛けてしまった

日差しが暖かい  TLエンジンが済んでも、まだやる事はイッパイ(笑)

SR400用のCR35(Φ36.5にボア拡大済)をOH

土曜日, 12月 31st, 2016

OHって程では有りませんが、動きが渋いので、

スロットルを抜き、壁の白いアルミサビを取りスロットルバルブをコンパウンドで軽く磨く

CRCを少し吹いて動かすとスムーズになった  ネジ類が少し固い

CAは30 AS1回転半戻し JN2段目→3段目に変更

プーリー基部にも注油して、キャブ単体ではスムーズに動く様になった

ハンドル側のスロットルパイプ/ハウジングは正月明け入手出来る

この先どうしましょうかね~

低い気温だが、背中は暖かい

SR400用のCR35(Φ36.5にボア拡大済)を購入

水曜日, 12月 28th, 2016

まさか落札出来ないだろう~ みたいな価格で応札したら

あら、落としちゃった!(NSRの購入時と似ている・苦笑)

CR35を36.5ミリに拡大したみたいだ(36.5のキャブは無いはず)

MJ#142 SJ#45 JN3777 INマニ径35ミリ SR400用らしい

鉄部品にサビが有るが、中身は超~キレイ!

INマニも付いて(負圧コック用パイプも)競合が少なかったのは不思議なり

画像でクラブマン2号にも使えそうだったが、

CR33に比べて、ひと回り図体がデカい(残念)

装着は無理そうなので、またYオクに出品かな?

午前中は、真面目に大掃除やってますからね ご心配なく~(笑)

CB125Sレーサー「NATA」仕様にCR33装着

土曜日, 4月 30th, 2016

モテギでのキャブは、マイルドなPE28だったが、

サイコロン号にCR33を装備して以来すっかり気に入ってしまい

その後は、「CR派」に転向したので(それまでは軽量なPE派)

「NATA仕様」エンジンにも新品のCR33を取付けました

INポートに真直ぐ付けるとフレームに当るので

10度曲げるアダプタを70ミリ径のアルミ棒から切り出して(機械で切り出し)

更にプレートを追加し穴あけ/タップ加工して無事取り付け完了

インシュレータゴムでは支え切れないので、後部をフレームからステーで吊り下げます

燃料パイプの入り口も余裕でクリア~ スターターも何とか動かせます

足を閉じると、膝にファンネルが当たりますがね(当っても問題は無い)

スロットル関係はCBR250/400R (開度85~90度)

アクセルワイヤーはNSR250R(タイコを作って短く加工)

やはり半日作業でした プレート同士の取り合いが結構難しい

これで「走行会」にも不安無く「全開」で参加出来ます

「NATA」が「NAGI・NATA」に進化した感じです~(笑)

ライトデザインの小嶋社長お邪魔しました(RDが無ければアタシのバイクイジりは無い)

 

CR33のスロットルワイヤーを流用改造

日曜日, 1月 31st, 2016

スロットルハウジング/パイプはCBR400Rを使う

NSR用はハイスロ過ぎるので却下(キャブ側寸法が違うので)

ワイヤーはNSRの物を引き/戻し共に10ミリずつ短くし、

6ミリの真鍮棒を加工して「タイコ」を作り、半田付けして完成

簡単であ~る(でもないかな?)

このCR33は予備にしたいが、さて?

本日は快晴無風 作業日和だった(こんな作業に3時間も)

CR33/PE28キャブ用のMJホルダーを新作

金曜日, 5月 8th, 2015

モテギで使用したCR33のMJが予想外に大きい番手になり(借用した)

「デイトナ」でMJセットを購入したが、ホルダーの穴数が足りなくなった

ので、22穴のホルダーを新作した  手持ちの5ミリ厚のアルミ板にて製作

整理したら、ダブった番手が結構有りました(以前PE28を2個使用してたので)

この方式のMJホルダーは、レースを始めた43年前から使用している

作るのは面倒だが、コンパクトに整理できて大変使い易いのでオススメです~

サイコロン号にCR33キャブを取付

金曜日, 10月 24th, 2014

11/9のPOC(日光サーキット)走行会に向けて

以前からやりたかったCR33をサイコロン号(CB125JX改167)に取付ました

フレームに穴を開け燃料パイプの逃げを作ったり

キャブ本体も少々削ったりで、ギリギリのスペースに取付完了(ホッ)

上部のステーも追加して完璧なセットが出来ました(嬉々)

やはり、レーシングCRはカッコ良いですね~

タンク幅が狭いので、膝でファンネルを塞ぎそうだ

さて、キャブセッティングや如何に!楽しみです

3年前に購入してから取付に悩みましたが、やっと「モノ」になりそうです

CB125S改167LOC-1号機の改造-17(CR33装着)

金曜日, 4月 25th, 2014

CR33の大径キャブ(CB250RS用)を付けようとすると

GASの入り口の燃料パイプがフレームに当たる

で、フレームをカット ちょっと見にくいけど逃げてます

ちゃんと付きました フレームとの隙間がギリギリですがね

スロットルはCBR250F用です

タンクを正規の位置にセットしようとするとタンク後端がステーに当たり、

タンクをそれ以上下げられないので装着出来ず(タンクが付かないとシートも付かない)

走行出来ないのが残念です タンクを改造するか、他のタンクと交換するか

どちらにしてもアレコレ改造作業が入るので悩ましい所です

その後、無事始動 さすがCRキャブ ピックアップの鋭さが際立つ

セッティング MJ#118 SJ#52  買ったままですが、良さそうであ~る

CRキャブ CR31(CB125JX用・RSCキット?)

月曜日, 6月 3rd, 2013

ライトデザインのTOPに「CR750」のCRキャブがアップされているので、真似しました

当時はCB350用の半分を125用としてました(既述)

リターンスプリングを付けて無かったので、最初は、走らせるだけで精一杯でした

(雨のS字5コーナーで初転倒)

  

和室に保管中のCB125Sレーサーのは「砂型」製です 上の画像は「金型」製

オイルクーラーの取出し口の処理は「鈴鹿レーシング」がオリジナルです(アルミ製)