趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘LOC’ Category

’17LOC第1戦(筑波) シッカマン号キャブセッティング?ショック!

日曜日, 4月 16th, 2017

今年も始まりました 結果も大事ですが「安全運転」でね!

CB125S改167エンジンを積んだ「狩野パパ号」も参戦

フレームベースは10年程前に買って貰ったCB125JX(クラブマン1号)だそうだ

中々良く出来ている(注目の的) マシン製作の「腕」も随分上がった(嬉)

キャブセッティングを参考にさせて貰った 車重は71kg(丁度良い)

大昔の車両規定では、単気筒70kg/ツイン80kgの最低重量だった(’72~?)

それまでCB125Sは、70kgを軽~く切っていたので、

あれこれ重量増に勤しんでいた(先輩方が)のが面白かった

いつもの紅~さんとシッカマン号(CB125JX改167)

今回もキャブセッティングに悩む(他のマシンのを参考にさせて頂いた)

もう私には理解出来ないので、他に合わせる

車重81kg 狩野号より10kg重いのも少し残念

決勝前の緊張、2台とも壊れないで~と願う(部品調達困難なので)

2台ともまずまずのスタート

う~~ん エンジンが伸びない と、あれ?ショックが折れていました

プラグの焼け具合 左がシッカマン号 右が狩野号 んん~~ん微妙

油温は108℃まで上がった 気温も28℃辺りだった

レース結果 (4/17記:総合12位/23台中 クラス2位/4台中)

快晴で風邪も無く、初夏のお天気で「日焼け」した(笑)

まだまだ「勉強」が必要 (壊さないセッティングで維持しないとね~)

「モテギ」にてキャブセッティングのやり直しかな?

ともあれ、今日も無事終了してメデタシメデタシ

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-4

土曜日, 4月 1st, 2017

CR33キャブのスターターの「ノブ」を上に押し上げる事は出来るが

押し下げる時に、上部に指が掛からなくて操作出来ないでいた

過去、スターターを使わず液体洗剤のスプレーでファンネルからGASを吹き込んでいたが、

いまいち不便で有ったので、改善した(自分の走行会でも困っていた)

ノブの上部に2ミリの穴を2つ開け、ステンワイヤーを通し、下げ用のリングを吊るす

試作2回で上手く行った!(嬉)矢印のロッドが止まるまでノブを押し上げ

エンジン回転が安定したら、リングに指を入れてロッドを引き下げる

この方法は超~簡単で、我ながら大満足(自画自賛)

キャブとフレームとのスキマが全く無いので、リンク機構は入らないんですよねぇ~

さて、準備OK~

今日は寒い(雨、気温8度)

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-3

金曜日, 3月 31st, 2017

空模様も怪しくなりそうなので、早々に載せます

エンジンを始動させてオイル上がりも確認 OK~(排気口をウェスで塞ぎ消音)

キャブのスターターが使えないので何とかしないとね

夕方から明日未明に掛けて雨予報

作業が早く仕舞えて良かった!7時前から始めて8時半に終了

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-2

木曜日, 3月 30th, 2017

エンジンの状態は、フィルターの汚れ具合を見るとある程度判断出来る

スラッジ等も極めて少なく、良い状態である(中古エンジンでは、タップリ溜まる)

遠心フィルターをキレイに掃除して、網フィルターは内側からエアーを吹いて終了

クラッチのフリクションディスクが、やや古く摩耗も少しある(2.75ミリ程度)ので

中古良品(2.90ミリ以上)に交換する プレートの摩耗は無い

XR200のスプリングを組んでいるので、滑りは無かったが、念のため

オイルポンプも外してOリングを確認 「440刻印」を再確認

クラッチ側は、全てOK~

ヘッドを外して燃焼室確認 茶色で乾燥しているのでBestに近い

ピストンヘッド裏にオイル焼けが無いので、MJをもう少し薄めに出来るかな?

ピストン/シリンダの当り部分を軽く磨く TOPリングスキマも0.3ミリ以下でOK

ピストンのピン穴に少し帯状のキズが有るので、磨く(ピストンピンも)

バルブを外して摺合せを行う 漏れ確認して終了

軸受部はキレイだが、カム山のEX側に、いつものキズが発生しているので

油砥石で修正して、#400のペーパーで磨く

ロッカーアームのスリッパー面にはキズは無いので、カム山は通常の摩耗だ

クランクのガタを確認して、ピストン/ヘッドを取り付ける

乾いたカーボンは取り除かないが、ピストンサイド(TOPリング上)は除去する

カムチェーンの固着も無い(伸びも無い) 少し張り気味に再調整

バルブクリアランスを少し多めにする(ネジの角度で調整/シクネスゲージは使用しない)

大きな不具合の無いエンジンでした 特に交換部品した部品は無し

やはり3時間程度しか走っていない感じである

明日車体に載せて、始動/オイル上がりを確認したら完了だ

本日は、7時半から10時半まで3時間で終了

CB125JXシッカマン号の’17シーズン初頭の整備-1

水曜日, 3月 29th, 2017

4/16がLOCの初戦(筑波)なので、そろそろ整備しないといけません

昨日、クランク加工した帰りに引き取って来て、エンジンを降ろします

ワイヤリング箇所が多くて、結構面倒な作業となります(1時間も掛かった)

無事降ろし終えて、明日早朝から中身の確認をします

’15シーズンから合計2時間も走っていないはずなのですが、さて?

ポイントカバーを見ると「2号機」と判別できます(嬉)

作業してると、道行く近所の方が「壁の色が良いですね~」と褒めてくれる

私が選んだんですよ~、とニコニコしながら返事します(笑)

いよいよ、レースもシーズン突入~ですね(ワクワク)

 

’16 LOC 第4戦(筑波)シッカマン号 快調~!の動画をアップ

木曜日, 10月 6th, 2016

予選

決勝の走りと比べると回転数が1000低い 走りも穏やかなり

決勝

スタートは、まぁまぁうまく行った感じだが、(エンジン回転数もOK)

後続が見えないので「単独走行」に見えるが、後には、数台が迫っています

が、1コーナーの突っ込みが良いので、前に行かせません OK~

残念な事に「逆光」でタコメーターが読めない  第2ヘアピンからが特に

もう1000回転回らないと、(MJ薄い?)もうひとつ上に行けない

ネーターも見易くなっている   来年も応援の程宜しくね~

おまけ OverRcingの「かとちゃん」 カメラ目線(笑)

今年は、やけに速くなっちゃって、もう追い付けません(無理ムリ)

’16LOC第4戦(筑波) シッカマン号(CB125JX)快調(安定~)

月曜日, 10月 3rd, 2016

この日曜日だけが、お天気が持つとの予報

朝早くは降雨が有ったが、予選が始まる頃には晴れ間も覗き

応援のいつもの紅~さんと、気分上々~

が、如何せん、タイムは上がらず23台中15番手

ただエンジンは良さそう オイル温度もまあまあ プラグ焼けも薄めで良好

午後の決勝時には、すっかり晴れ上がり気温も30℃近く

湿度も50%以下になって、タープ下の日陰でくつろぐ熟女さん

レース開始を待つ間も爽やかな風も吹き絶好のレース日和なり

ゼッケンと同じ位置がらの気合の入ったスタート!

と思いきや、やや出遅れる 序盤は8~12番辺りの団子状態の中

そこから上手く抜け出して総合8位(クラス1位)でチェッカー!!

お天気回復のため、やや薄過ぎ オイル温度も高め

高回転で異音がしたとの事 シーズンが終了したので中身を見る予定

前回、根拠のない指摘の有ったキックの改良版

始動したら、キックを抜ける様に改造(来年の車両規則次第だが)

さて17年度の初戦まで半年もある また、ボチボチやりましょう

動画が送られてきたら、アップします(タコメーターも90度位置変更)

’16 LOC 第3戦(筑波)シッカマン号 CB125JX快走!の動画をアップ

木曜日, 9月 1st, 2016

2016LOC第3戦筑波

スタートはバッチリ決まったのだが、

第2ヘアピン手前から直線にかけて、暑さのためボーッとしていたせいか

抜かれる必要のない3台に、うっかり抜かれてしまった(笑)

そのあと、ふと我に返り必死こいて追い上げたそうな

「熱中症」にもう少しだったみたい(?)

’16 LOC第3戦(筑波) シッカマン号(CB125JX) OッK~!

日曜日, 8月 21st, 2016

第2戦(富士)は欠席したので、今年の2戦目である

4/29のモテギにて、エンジンの調子回復の検証は出来ていた

前日の天気予報は、曇りか小雨の予報だったが、

朝から快晴! 屋根の無いBパドックは「なべ底」状態

予選前に、早くも湿気と暑さでグロッキー気味の紅~さん

無限さんも、もちろん熱中症寸前なり(冷水でお腹タポタポ)

予選の16/36のファイナルだと、ややロングすぎるみたいなので

本番は15/35と、ややショートにしたファイナルに交換

立上がり重視とエンジンの伸びに期待するセッティングに変更した

本番出走前に「総合5位で帰って来てねっ」とカツを入れる

その期待に応えて、本当に総合5位(クラス優勝)!

気合の入った走りとの集大成 やっと結果を出せました!

ややキャブセッティングに難は有るが、エンジン自体は快調なり

気温が35度を超えていたので油温計は112度(100度以下にしたい)

運転手(ライダー)の走りにも輝きが帰って来ました

久しぶりに「コブシ」を振り上げて応援しました(滅多にしないが)

久々に「表彰台の真ん中」に上るシッカマン氏 いやいや上手く行きました

これからも少しずつ進化させて行きたい

「細く長く」楽しむのが「アマチュアの肝」だと感じた次第

「太く短かかった」(自分なりに)自分の鈴鹿時代を振り返って反省

それにしても  あ~ 暑かった(苦笑)

CB125JXシッカマン号激走/2016@GoodOldays

土曜日, 5月 7th, 2016

このクラスは、MT125Rの大勢さんで、しかも現役ライダー多し

タコメーターがちゃんと動くシッカマン号も11500まで伸びましたが

2スト勢には離されるばかりなり(加速が違う)

エンジン/ライダー共楽しめた模様 YOUTUBEに動画アップ

2016@Good Oldays

肝心なメーター針が写らない(ライダーには見えている)

6/19はLOC第2戦(富士) がんばんべ~