趣味の総合サイト ホビダス
 

無限空間

|

CB50・CB90系エンジンとの長~く楽しいお付き合い

Archive for the ‘NSR250R(’88)エンジン’ Category

NSR250R乾式クラッチ部品を比較する(HRC!or?)

土曜日, 6月 4th, 2016

先日、予備部品で乾式のクラッチディスク/クラッチプレートを入手したのだが、

どうもノーマル部品じゃないみたいだ(ノーマル厚み3.95ミリ・新品並)

左がノーマル部品で、左端クラッチディスク(エンジン本体側)に

音消し用のラバーが組まれている(4箇所)

右の入手した物は、ラバー無で数が1枚ずつ多い

組んだ全体の厚みは、全く同じで有る(互換性有)

と言う事は、コイツも磨耗は極わずか(新品並)

エンジンに組み込んで回すと、クラッチを切っていなくても音が出る

丁度ラバー無しのノーマルと同じだ(NSR入手時にラバーが無かった)

これって「レース用」?  で、あれば「HRC部品」のお宝かも

(検索すると、某SHOPで同じ様な強化クラッチを販売しているが?)

エンジンのクラッチアウター/インナー共に磨耗は少ないので、音の原因では無い

「乾式クラッチ」はシャラシャラ音が気になって外していたが(軽い「湿式」に変更)

エンジンOFF時のクラッチの切れが良いので、オリジナルの「乾式クラッチ」に戻した

ジャラ音も聞き慣れれば、なんて事は無い(「N」で信号待ちする必要が有るが)

 

NSR250Rエンジンの圧縮圧力を測る

金曜日, 3月 18th, 2016

安い中華製コンプレッションゲージを購入して、’89/’88エンジンを測定

自分で組んだ’89は、Rバンクは7.3kg/㎠ Fバンク7.0kg/㎠

良好中古’88エンジンは、Rバンク7.7kg/㎠ Fバンク7.5kg/㎠

S/Mでは10kg/㎠(400rpm)で、キックで上げたので、こんなもの?

良否判断のスキルが無いのが、残念

この測定も1回やりたかった(嬉)

NSR250R’88エンジンのクランクを確認・リーク無(嬉し泣)

火曜日, 2月 2nd, 2016

後バンクから混合GASをメイッパイ入れて数回回転させます

5分間待っても前バンクからは全く洩れて来ません やった~!!

良かった(ホッ) Yオクの商品説明「すぐに使える」に間違いは無かった

リードバルブの金具にサビが有ったので、良品と交換して

新品のガスケットを付けてワンカップの蓋で塞ぎ一旦終了

この1基は保管 どうするかは今後の話 このエンジンも掘出物でした

シリンダ/クランク共完璧なエンジンは、中々見つかりません

すっかり「NSR目利き」になりましたとさ(笑)

ついでに最終型(MC28)の乾式ミッションも手にいれました 送料含4680円

「乾式」は長いメインシャフトが特徴です レシオは88より少~しロング

シフトフォーク無しですが、流用出来るので問題有りません

まだまだ「NSR祭り」は続きます~(NSR部品「爆買」は完了・笑)

NSR250R’88エンジンを購入・EX柱にクラック無(嬉)

月曜日, 2月 1st, 2016

先日クランクケースを観察していたら、’89以降との大きな違いに気が付き

どうしても「最強の’88エンジン」を入手したくて、Yオクで物色していたら、

雰囲気の良いエンジンが有ったので、少し高いが落札 送料含62836円

今日届いたので早速EXポート柱のクラックを確認

EXに細いLEDライトを差込プラグ穴からルーペ越しに覗くと

ヤッター!クラックは無い 夫々3回チェックしたので間違いない

ピストンのリング下のカーボンも最小 シリンダに縦キズは少々有るが

全く問題無さそうだ 3基目(’89-1基、’88-2基)でやっと当った

明日クランクセンターシールの抜けを確認する(ここが肝心)

走行21000kmちょいらしい(ワンオーナー)

シリンダ刻印「A」である(一番大きい)

NSR250R’88ジャンクエンジンの折れたEXスタッドを抜く

金曜日, 1月 22nd, 2016

ちょっと頭が残っていたので、プライヤで挟んで抜けるかな?

無理だったので、鉄帯を溶接して潤滑剤を吹いて簡単に回せた

いつものライトデザインで溶接して貰って、「ワコーズのラスベネ」も教えてもらった

リードバルブも3種類有った(2つはYオク出品済)

NSR250R’88ジャンクエンジンの腰下を分解

水曜日, 1月 20th, 2016

小分けにしてYオクに出す準備おば クラッチハウジングは潰れてNG

クランク・ミッション・リードバルブが出品可能かな

日差しが当る玄関前で午前中作業 ポカポカと暖かいなぁ~

NSR250R’88ジャンクエンジンの確認 (もしかして?残念・泣)

火曜日, 1月 19th, 2016

もしかして大丈夫かも知れない?と淡い期待を抱いて落札した’88ジャンクエンジン

右側が破壊されてます これは入札前に了解済み・転倒によるものだろう?

アキレス腱の一つ、クランクのセンターシールも僅かに隣に漏れて来る(残念-1)

シリンダ排気ポートの柱にクラックは無く無事だったが、(ヘッド側から見る)

前バンク(2番?)の掃気ポート近くにメッキ剥がれ有り(EXスタッド折れも・残念-2)

焼付き/深いキズなどは無いが、シリンダの磨耗が大きく使えないだろう(残念-3)

ポートの面取りの品質が最低(ヘタ)エンジンの分解された跡は無い(GKTで判る)

まだまだ、勉強中 やれやれ(毎度の事で、「安物買いの銭失い」・苦笑)

エンジンスタンドも2個持っているので、超~便利です(これは良い)